プログラミング言語アイコン
アルゴリズム入門編: FizzBuzzとフィボナッチ数を学ぶ

チャプター一覧

01:FizzBuzz問題に挑戦しよう (6:18) 無料公開中
プログラミングの基本的な機能や計算が必要になるFizzBuzz問題に解答してみます。
02:FizzBuzz問題を改良しよう (3:26) 無料公開中
FizzBuzzのプログラムを少し違う方法で作ってみます。
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。ここでは、前回のプログラムとは違って、途中の計算結果を配列に格納しておくようにしてみます。
引き続き、フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。今回は、再帰(さいき)というテクニックを使って、プログラムを作ってみましょう。
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみたいと思います。ここでは、前回のプログラムとは違って、再帰呼び出しの回数を2回から1回に減らすように、プログラムを改良します。
直接フィボナッチ数を求めるビネの公式を使って、プログラムを作成してみます。
ページの先頭へ戻る