「throw」が学べる動画一覧

意図的に例外を投げるthrowについて学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(4:08)
ここでは、例外を意図的に投げるthrowについて学習します。throwを使うと、意図的に例外処理を起動できます。また、catchと組み合わせることで、メソッドの呼び出し元にある例外処理を利用できます。




(3:58)
ここでは、throwとtry-catchを組み合わせる再スローについて学習します。再スローでは、メソッドのcatchブロックの中から、受け取った例外を呼び出し元にスローします。そのおかげで、捕捉した例外を、catchのところで出来るだけ対応して、残りの作業を呼び出し元に任せることができます。




(3:23)
PHP
ここでは、例外を意図的に投げるthrowについて学習します。throwを使うと、意図的に例外処理を起動できます。また、catchと組み合わせることで、メソッドの呼び出し元にある例外処理を利用できます。




(4:08)
PHP
ここでは、いろいろな種類の例外に対応する方法を学習します。Exceptionオブジェクトだけでなく、それ以外の例外オブジェクトについてもキャッチしましょう。




(6:02)
PHP
ここでは、複数の種類の例外に対応する方法を学習します。tryブロック内で発生する可能性のある複数の例外に対応できるよう、プログラムを改良していきましょう。




(5:19)
PHP
ここでは、例外が発生したことを関数の呼び出し元に知らせ、その対応を任せる方法について学習します。




(4:08)
PHP
ここではfinallyを使用した際の処理の順序について、さらに理解を深めます。




ページの先頭へ戻る