「データ型」が学べる動画一覧

数値、文字列、日付などによってデータの分類であるデータ型について学べるチャプターです。

チャプター一覧
(2:58)
無料公開中 Ruby
Rubyで扱う基本的なデータの種類(型)について学びます。




(5:59)
無料公開中 Ruby
ここでは、条件の評価結果について学習します。if文で、条件を評価すると、「条件が成立したとき」と「成立しなかったとき」という2つの状態になります。Rubyは、この状態を表す専用のデータを持っています。




(6:05)
無料公開中 Ruby
ここでは、Rubyのデータ型について学習します。先ほどのレッスンでも、プログラムで文字列と数値を区別するデータ型について説明しましたよね。今回は、このデータ型について、さらに詳しく理解しましょう。




(6:50)
無料公開中 Ruby
ここでは、データ型を使った具体例として、商品の価格から割引価格や消費税込みの金額を計算します。15%オフの商品に、消費税8%を追加した場合を例にとり、小数点以下の数値をどのように扱うか試してみましょう。




(3:33)
無料公開中 Python
Pythonで扱う基本的なデータの種類(型)について学びます。




(3:46)
無料公開中 Java
Javaで扱う基本的なデータの種類(型)について学びます。




(5:52)
無料公開中 Java
ここでは、条件の評価結果について学習します。条件には、「成立したとき」と「成立しなかったとき」という状態がありますが、Javaでは、このような状態を表すため、論理型というデータ型を持っています。




(7:39)
無料公開中 Java
ここでは、Javaのデータ型について学習します。先ほどのレッスンでも、プログラムで文字列と数値を区別するデータ型について説明しましたよね。今回は、このデータ型について、さらに詳しく理解しましょう。




(6:19)
無料公開中 Java
ここでは、データ型を使った具体例として、商品の価格から割引価格や消費税込みの金額を計算します。15%オフの商品に、消費税8%を追加した場合を例にとり、小数点以下の数値をどのように扱うか学習しましょう。




(3:45)
無料公開中 C言語
C言語で扱う基本的なデータの種類(型)について学びます。




(4:10)
無料公開中 JavaScript
今回は、プログラミングを学習するときに、引っかかりやすいポイントの一つである、データの種類について学びます。一緒にがんばって覚えましょうね♪




ページの先頭へ戻る