プログラミング言語アイコン
シェルコマンド入門編1:シェルコマンドの基本を身に付けよう

チャプター一覧

ここでは、シェルコマンドの用途や利点など、その概要を学習します。
ここでは、実際にシェルを呼び出して、基本的な操作を学習します。ここでは黒い画面にコマンドだけを入力していきますが、基本的な操作が理解できれば、余分な情報が表示されない分だけ、効率よく操作できるようになります。
ここでは、シェルコマンドでファイル一覧を表示してみたいと思います。WindowsやMacでも、アイコンやウィンドウでファイル一覧を表示できますが、シェルでも、ファイル一覧を表示することができるんです。
ここでは、シェルコマンドによるファイル操作について学習します。簡単なテキストファイルを作成して、そのコピー・名前変更・削除を試してみましょう。
ここでは、シェルコマンドによるディレクトリ操作について学習します。そのために、実際にディレクトリを作成して、その中でファイルを整理してみましょう。 <!-- (*前のチャプターで作成した、foo.txtが残っている状態でスタート*) -->
ここでは、シェルコマンドでファイルを指定するファイルパスについて学習します。ファイルパスは、プログラミングでも登場します。
ここでは、シェルコマンドでファイルパスを実際に試します。先ほどのチャプターで説明した、絶対パスと相対パスでファイル一覧を表示してみましょう。
ここでは、簡単なプログラムファイルを用意して、シェルコマンドとして実行する方法を学習します。Rubyのコードを題材にしますが、PythonやPHPのサンプルコードも用意してありますので、ぜひチャレンジしてください。
学習積み上げキャンペーン
ページの先頭へ戻る