「コマンド」が学べる動画一覧

Linuxで標準的に実行できるコマンドについて学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(5:17)
ここでは、実際にシェルを呼び出して、基本的な操作を学習します。ここでは黒い画面にコマンドだけを入力していきますが、基本的な操作が理解できれば、余分な情報が表示されない分だけ、効率よく操作できるようになります。




(2:56)
ここでは、シェルコマンドでファイル一覧を表示してみたいと思います。WindowsやMacでも、アイコンやウィンドウでファイル一覧を表示できますが、シェルでも、ファイル一覧を表示することができるんです。




(4:01)
ここでは、シェルコマンドによるファイル操作について学習します。簡単なテキストファイルを作成して、そのコピー・名前変更・削除を試してみましょう。




(4:17)
ここでは、シェルコマンドによるディレクトリ操作について学習します。そのために、実際にディレクトリを作成して、その中でファイルを整理してみましょう。 <!-- (*前のチャプターで作成した、foo.txtが残っている状態でスタート*) -->




(5:37)
ここでは、シェルコマンドでファイルを指定するファイルパスについて学習します。ファイルパスは、プログラミングでも登場します。




(3:57)
ここでは、シェルコマンドでファイルパスを実際に試します。先ほどのチャプターで説明した、絶対パスと相対パスでファイル一覧を表示してみましょう。




(5:15)
ここでは、簡単なプログラムファイルを用意して、シェルコマンドとして実行する方法を学習します。Rubyのコードを題材にしますが、PythonやPHPのサンプルコードも用意してありますので、ぜひチャレンジしてください。




(2:55)
無料公開中 Git
ここでは、バージョン管理システムGit(ギット)の基本操作について学習します。




(3:40)
無料公開中 Git
ここでは、Gitを使い始める準備として、開発作業の履歴を記録する保管スペースを用意します。この保管スペースを「リポジトリ」と呼びます。




(5:39)
Git
ここでは、Gitでファイルの追加を記録する方法を学習します。ディレクトリにファイルを追加して、その変更をリポジトリに記録してみましょう。




(4:36)
Git
ここでは、複数のファイルをまとめてコミットします。そして、コミットするときに便利ないくつかの機能を試します。




(6:35)
Git
ここでは、記録した作業履歴を確認する方法を学習します。いつ、どんなコミットをしたのか。その修正でどこが変わったのか、確認する方法を理解しましょう。




(4:51)
Git
ここでは、これまでの変更を取り消しして、前の状態を復活させる方法を学習します。ここまでの操作を身に付ければ、自分でも、とりあえずGitが使えるようになりますよ。




(4:02)
Git
ここでは、作業内容に合わせてリポジトリを分岐できる「ブランチ」について学習します。ブランチを使うと、機能の追加やバグの修正といった作業内容に合わせて、コードを複製したりまとめたりすることが簡単にできるんですよ。




(3:28)
Git
ここでは、引き続き、作業内容に合わせてリポジトリを分岐できる「ブランチ」について学習します。先ほどのチャプターで、ブランチを作って切り替えたので、ファイルを修正して、masterにマージしてみましょう。




(4:53)
Git
ここでは、ブランチで変更した内容を別のブランチに統合する方法を学習します。 具体的な例として、「add_html」ブランチで行った変更を「master」ブランチに統合してみましょう。




(3:25)
Git
ここでは、ブランチを統合したとき発生する衝突を解決する方法を学習します。先ほどのチャプターで発生した、「master」ブランチと「add_html」ブランチの衝突を解消して、コードを正常にする手順を試してみましょう。




(4:26)
Git
ここでは、他のメンバーと共同開発しているプロジェクトに参加する方法を学習したいと思います。まずは、共同プロジェクトのリポジトリをローカルに複製してみましょう。




(3:33)
Git
ここでは、他のメンバーと共同開発しているプロジェクトで、リポジトリを利用する方法を学習します。先ほどのチャプターの続きとして、すでに複製してあるリポジトリで、他のメンバーの修正内容を取り込んでみましょう。




ページの先頭へ戻る