履歴書&職務経歴書 書き方リファレンス

Part3-1履歴書と職務経歴書、書き方のポイント

履歴書と職務経歴書、書き方のポイント
よくある転職ご相談
paiza運営事務局からの面談の日程調整メールに、『履歴書と職務経歴書を持ってきてください』と書いてあったのですが、転職のための履歴書・職務経歴書はどのようなことに気をつけて書いたらいいのでしょうか?

履歴書と職務経歴書、面接官はどこを見ている?

履歴書・職歴書は、『自己紹介をスムーズにするツール』として必要なものです。

通勤可能な居住区か、今までの経験が応募先企業で活かせるものかどうか、今後の業務への抱負などは、面談内で自然にお話されると思いますが、その際に共有できる資料があればよりスムーズに進みます。転職のための履歴書・職務経歴書は、『今までの経験をわかりやすく伝えること』を意識しましょう。

なおpaizaでは、1次選考(一般的な書類選考)のフェーズにおいては、『書類よりもプログラミングスキルを重視すべき』と考えているため、基準ランク以上で求人毎に最低限求められる必須要件を満たしていれば、書類選考なしで採用企業と面談できる仕組みとなっています。

ただし、企業によっては人事によるカジュアル面談のあと、選考を担当する現場エンジニアへと選考が進む際に、書類が必要になる場合があります。カジュアル面談であっても、応募書類は手を抜くことなく正確に書きあげましょう。

採用担当者がチェックするポイントは、書類によってそれぞれ異なります。ポイントを理解した上で作成すれば、転職成功に一歩近づくでしょう。

履歴書のチェックポイント

ポイント1労働条件
現住所が通勤可能エリアかなどを確認。また本人希望欄の労働条件や希望給与は、応募企業の社内基準と大きな隔たりがないかなどを確認します。
ポイント2経歴
どういう経歴をお持ちかは志向などを知る参考情報になります。もちろん学歴が全てではありませんし、必ずしも転職回数が多いことがマイナスになる訳ではありません。
ポイント3志望動機
しっかりと自己の強みを把握し、採用企業への入社志望度が高いかなどを志望動機で確認します。また、複数社応募する際も、基本的には志望動機はカスタマイズして個社別に書きましょう。使いまわして同じ志望動機を出したり、他社で個別に記載した志望動機を修正し忘れてしまうなど、ないように気をつけましょう。カジュアル面談前でまだ志望動機が固まっていない場合、その会社に興味を持った点やを記載しましょう。
履歴書フォーマットダウンロード

職務経歴書のチェックポイント

ポイント1経験技術
どのような分野の開発経験があるかなど、paizaのコーディングスキルチェック結果(プログラミングスキルテスト)を補足する情報になります。例えば、経験のある開発言語、フレームワーク、動作環境などです。
ポイント2業務での役割
経験してきた開発は、個人での開発スタイルか、チームでの開発スタイルかなどを確認します。またチーム開発であれば、リーダーやマネジメントの経験はあるかなど、開発の納期、品質を向上させるために果たした役割、どういったポジションで何を担当されていたのかを確認します。

図7)職務経歴内容のサンプル

Skype面談応募
ポイント3応募企業の事業や方向性とのフィット感
これまでの職歴、転職動機が応募企業の方向性や既存のメンバーの志向と合致するかなど、これまでの志向を読み解き、フィット感を確認します。
ポイント4エンジニア、プログラマーとしての成長性
読んでいる本やWebサイト、ブログなどでの情報発信、または個人的な開発経験などの活動をもとに、技術情報や業界情報へのアンテナの高さ、技術向上の意欲などを確認し、プログラマーとしての成長性を確認します。
職務経歴書サンプルダウンロード
  • コーディングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)

ページの先頭へ戻る