paizaの就職・転職リファレンス

Part1-1paizaの就職・転職ステップ

paizaの転職ステップ
よくある就職・転職ご相談
paizaに登録したのですが、paizaを利用した転職の流れを教えてください。

paizaの転職サービスの特徴と流れ

paiza(パイザ)は、プログラムを書くことで、書類選考なしで採用企業との面接・面談に進める、全く新しいカタチのプログラミング転職サービスです。

プログラミングスキルチェックの対応言語は、 Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift に対応しており、実務に近い実装中心の問題(ランクD〜ランクA)とアルゴリズム中心の問題(ランクS)があります。得意な言語や今後仕事で使って行きたい言語でスキルチェックに挑戦してください。面接での自己PRが苦手な方でも、プログラミングスキルチェックで書いたコードをもとに、どういった点を考えながらそのコードを書いたか面接時に話せば自己PRにもなります。

詳しくはこちらご御覧ください。
paizaとは

新卒者向け就職支援サービス

paizaでは「プログラマ未経験だけれど、プログラマを目指したい」という新卒、既卒、第二新卒の方向けの求人案件も取り扱っています。

応募に必要なpaizaランクは採用企業によって異なりますが、ランクを獲得すれば「 paiza就活(新卒・既卒の方向け) 」に掲載されている求人案件へご応募いただけます。

また「 エンジニア求人一覧 」ページの「①詳しい条件を表示」から「②新卒採用」を選択してい検索すると、新卒採用の求人を検索することができます。

図1)エンジニア求人一覧での新卒求人の検索

新卒求人の検索
  • コーディングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)

ページの先頭へ戻る