paizaで転職された方の声

ネットワークエンジニアからWebエンジニアへの転向記

paiza interview ネットワークエンジニアからWebエンジニアへの転向記 祖山寿雄さん

今回は、paizaを利用して「外資就活ドットコム 」を通じた新卒学生向けリクルーティングプラットフォーム事業で注目の株式会社ハウテレビジョンに転職した、Webエンジニアの祖山寿雄さん(27歳)に取材をしてきました!

前職はネットワークエンジニアだった祖山さん。 「もっとコーディングができるベンチャー企業で新しいことに挑戦していきたい」との想いを抱き、webエンジニアへの転向に成功されました。

安定した大手企業でネットワーク運用をされていたにも関わらず、なぜベンチャー企業への転職を目指すこととなったのか。祖山さんがハウテレビジョンに入社するまでのヒストリー、paizaとの出会い、転職活動について語っていただきました。

また、後半では同社のチーフアーキテクト、大西貴之さんにお話を伺いました。祖山さんを採用しようと思ったポイントやpaizaの感想などを語っていただきました。

※大西さんへのインタビュー(後半)は こちら から。

※株式会社ハウテレビジョンの求人情報は こちら から。

【株式会社ハウテレビジョン エンジニア:祖山寿雄さん】

前職で感じた自分の志向とのズレ

――祖山さんはもともとネットワークエンジニアだそうですが、エンジニアを目指したきっかけは何ですか?

小学生の頃からパソコンを触るようになりまして、中学生の時にはパソコンを自作したりしていたので、もともと情報系に興味はありました。

大学は文系に進んだのですが、本格的にプログラミングをやり出したのは、情報社会の研究をするゼミで、Pythonのコミュニティに繋がりがあり、Rubyを使った島根の地域振興を研究していた教授のもとで学び出した頃です。Rubyの入門合宿に参加したりするようになって、プログラミング漬けの日々になっていきました。

学生の頃からプログラミングをしてデータ分析をしたり、バイトでwebアプリを作ったりしていたので、 将来もこういう仕事がしたいと思い、新卒でISPやwebの運営をしている会社に入社しました。

――そこからどのような経緯で転職を意識されるようになったのですか?

今思うと、そこまで実際の業務内容を調べずに入社してしまいまして、自分は開発がやりたかったのですが、そもそも開発業務があまり多くはない企業だったのです。学生の頃に社会ネットワーク分析という社会における人と人との繋がりについての研究をしていたので、それで勘違いされたのか……まあそんなわけはないと思うんですが(笑)、TCP/IPの方のネットワークエンジニアとして配属されました。 インフラのネットワーク運用をメインとして、サービスの設定変更等の仕事をしていたのですが、安定稼働をひたすら求めるような現場で、 例えば手作業でやっている部分をプログラムで効率化しようと思っても、 新しいことにはチャレンジしにくい環境でした。 自分で最新技術の情報収集をしても、なかなか業務とは分野が違うので、同僚達と「これ面白いよね」というように共有をすることもできなくて、 自分の志向とのズレを感じていました。

転職に関してはきっかけがあったというよりも、 このままここにいても自分と会社の方向性がズレているので、やりたいことはできないだろうな という思いがずっとあったのと、自分は安定した仕事をしていると甘えてしまうところがあるので、 ベンチャー企業で、何もないところから仕事を作っていく方が成長していけるだろうな という思いがありました。

未経験の職種へ転職…苦労はなかった?

――それで転職活動を始められたわけですが、企業選びで重視したポイントはなんだったのでしょう?

Pythonが使えることと、それから小さい企業でも今後伸びていきそうで、これから自分で幅広く仕事を作っていけそうなところ という観点で探しました。

――今回の転職活動ではpaizaを使っていただきました。このサービスを知ったきっかけを教えてください。

きっかけは覚えていないのですが、 転職活動を始める前から知っていて、スキルチェック問題もいくつか解いたりはしていました。 その時に Bランクが取れていた ので、転職活動を始めた際も 「そのままこれが使えるんだ」という感じでした。 Bランクだと応募できる企業が結構あったので 、そのまま応募しました。

paizaは自分のスキルのレベルも、企業が求めるエンジニアのレベルもはっきりしている ので分かりやすかったですね。

――キャリアチェンジをともなう転職では、実務経験がないことがネックとなりますが、何か苦労されたことはありませんでしたか?

コードを事前に提出していましたし、面接でもコーディングテストがあったりして、 コードが書けるんだ というところを見てもらえたので特に支障はありませんでしたね。 実際に面接を受けに行ったのはハウテレビジョンを入れて3社です。全てpaiza経由で応募しました。

――キャリアチェンジをされた方ということで苦労話を期待して来たのですが、あまり苦労はされなかったのですね(笑)。

そうですね(笑)。paizaのようなコーディングスキルの評価をしてもらえるシステムがなかったら、こんなにすんなりいっていたかどうかは分かりませんが。

転職を考えている人たちに伝えたいこと

――次に、現在の業務について伺います。今はどういったお仕事をされているのですか?

主に サーバーサイドのWebエンジニア をしています。 最近は開発環境周りで CapistranoやVagrantを導入して、デプロイや検証環境作りの自動化業務 もやっておりました。 あとは 自分がスクラムマスターとなって、開発プロセスでスクラムを取り入れる ようにもしました。新しい開発手法を取り入れたりということも積極的に取り組んでいます。 ハウテレビジョンには、古い環境のままで良いと思っているエンジニアはいませんので、 方向性も共有しやすいですし、 今はやりたかったことがすごくできていますね。

自社サービスの開発はユーザーの反応がダイレクトに返ってくる ので気が抜けませんが、自分で作ったものの結果が目に見える業務というのは自分に合っていると感じます。前職はどちらかというと守りの業務で、安定運用ができて当たり前の減点方式という感じだったので。

――最後に転職者の方にアドバイスをお願いします。

とにかく 情報収集に関するアンテナは広く張っておいた方がいい と思いますね。自分は『はてなブックマーク』に張りついて情報収集をしたりもしています。 あとは 経験のない開発言語の勉強 をして、 自分でコードを書いてみる ことですね。環境を作って簡単なチュートリアルを解いてみるだけでも、何もしていない人とは大きな差がつくと思います。特に小さくて伸びしろのある会社だと フルスタックなエンジニアが求められます ので、広く浅くでもいろいろな開発言語を勉強しておくことが必要だと感じますね。

本来は優秀な人が、向いていない職場にいるせいで力を発揮できていない……という状況も結構あると思うので、そういう人達には本当に自分の志向と合った環境に行って欲しいです。そしてハウテレビジョンにもたくさんの人が来てほしいです。

――ありがとうございました。

株式会社ハウテレビジョンの求人

ハウテレビジョン(写真)
大西貴之さん(左)
株式会社ハウテレビジョン チーフアーキテクト
大西さんへのインタビュー(後半)は こちら から。
祖山寿雄さん(右)
株式会社ハウテレビジョン エンジニア
ハウテレビジョン(写真)
転職者の祖山さん。今回の転職でネットワークエンジニアからWebエンジニアにキャリアチェンジされました。
ハウテレビジョン(写真)
前職は「新しいことにはチャレンジしにくい環境で自分の志向とズレを感じていた」そう。
ハウテレビジョン(写真)
新しい開発手法を取り入れたりということも積極的に取り組んでいるという祖山さん。「今はやりたかったことがすごくできています」
ハウテレビジョン(写真)
お時間をいただきありがとうございました! これからのご活躍をお祈りしております!

採用者の目線:株式会社ハウテレビジョン チーフアーキテクト 大西貴之さん

続いて、株式会社ハウテレビジョン/チーフアーキテクトの大西貴之さんにお話をお伺いしました。

【チーフアーキテクト 大西貴之さん】

paizaからの応募者はヒット率が非常に高い

――実際にpaizaを利用して、祖山さんと面談をされていかがでしたか?

祖山さんは、paizaで出したハウテレビジョンの求人に対して2人目に応募してきた人なんです。 すぐに良い人が来てくれた! ということで採用ができたので、 ヒット率が非常に高いなと感じました。 コーディングテストを解いてランク判定を受けないと応募ができない というシステムになっているので、少なくともコーディングができる人、プログラミングが好きな人達が登録しているのではないかという印象を受けています。

彼はweb開発の実務経験がなく、前職でのネットワークエンジニアとしての経験も研修を含めて2年なので、 実務経験は実質1年ほど でして、それだけを見るとすごい経歴とは言えないですから、 paizaを通していなければ、書類だけ見てお会いしていなかったかもしれません。 でも、 paizaのスキルチェックでBランクを取得 していたり、プライベートでもコーディングコンテストで良い成績を残していたりといったところで、会ってみたらすごく良かったという感じです。

――御社について伺います。今後はどのような事業展開を考えていらっしゃいますか?

今は 「外資就活ドットコム」のモバイルアプリ開発 に力を入れております。また、来年は5個ほど新サービスをローンチする予定にもなっており、ユーザーファーストを徹底追及したリクルーティングプラットフォームとして、さらに開発強化をしていければとおもっております。採用領域は、人工知能など新たな技術が適用できるところも多々ありますので、技術的にとても可能性が大きいのではないか、と考えています。

――最後に、転職で悩んでいる人へのメッセージをお願いします。

以上の話を聞いてピンときた人はぜひ弊社の求人に応募してください(笑)。

ありがとうございました!

プログラミングスキルの高さや普段から勉強されてきたことが評価されて、ネットワークエンジニアからwebエンジニアへの転向を叶えられた祖山さん。今後もスキルのある人が正当に評価されるサービスを作っていきたいと感じる取材でした。

今後の祖山さんのご活躍とハウテレビジョンさんのさらなる飛躍を心よりお祈りいたします!

取材日:2014年10月31日
ハウテレビジョン(写真)
株式会社ハウテレビジョン/チーフアーキテクトの大西貴之さん
ハウテレビジョン(写真)
お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました!

株式会社ハウテレビジョン
設立 2010年02月01日
社員数 20名(2017/08現在)
企業の特徴

◆「外資就活ドットコム 」を通じた大学生向けの就職活動支援
学生を「仕入」と考えて企業に売り切る既存の大規模新卒求人サービスと違い、私たちは学生が就職した後もその会社で活躍してよりよいキャリアを築けるようなサービスを目指しています。全ての人が仕事を通じた自己実現を可能にする、世界最大のリクルーティングプラットフォームを創ることを目標に、サービスを充実させていきます。

◆エンジニアファーストの環境
・職場環境づくりにおいては、エンジニアファーストを徹底しています。作業効率を格段に上げるデュアルディスプレイに、キーボードと椅子は体への負荷を軽くする最高級仕様のものを使用しており、フリードリンクでお菓子も食べ放題です。
・2013年2月から稼働しているオフィスには技術書も多数あり、現場からの要望があればどんどん購入していきます。

ページの先頭へ戻る