SQL入門編1: SQLの基本文法を学ぶ

(全7チャプター)

一部無料 有料プラン

概要

このレッスンでは、データベースを操作するSQLについて学習します。本格的なアプリケーションやWebサービスでは、大量のデータを効率よく管理するために、データベースを使います。このデータベースをプログラムから操作する時、プログラミング言語とは別の文法を持つ、SQLという問い合わせ言語を利用します。また、SQLは、ビッグデータなどの大量のビジネスデータを分析する際にも、使われています。SQLを使えるようになると、本格的なアプリケーション開発力やデータ活用力が、大幅に向上するでしょう。

チャプター一覧

chapter 1

このレッスンでは、データベースとSQL(エスキューエル)について、学んでいきます。まず、最初に、このレッスンの目的・対象者・学習の進め方について確認しましょう。また、データベースの役割や特徴についても解説します。

4:41
chapter 2

データベースとSQLを学習するため、MySQLとphpMyAdminを使って、簡単なデータベースを作成していきます。そして、phpMyAdminでSQLを実行する基本的な操作手順を学んでいきます。

4:14
chapter 3

初歩的なSQL文を作成して、サンプルデータベースの中身を見ていきます。データベースに対してSQLを実行するため、先ほどのチャプターで作成したpaizaデータベースの「players」テーブルを使います。

9:10
chapter 4

SQLのSELECT命令を使って、サンプルデータベースから色々な情報を取り出してみます。今回は、データの件数や、並び替え、集計といった機能について学習しましょう。

6:06
chapter 5

データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。たとえば、この機能を使うことで、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。

8:03
chapter 6

データベースで、複数のテーブルを結合して扱う方法を学んでいきます。リレーショナルデータベースでは、重複したデータのテーブルを分割しておいて、必要に応じて、仮想的な1つの表として扱うことができます。

6:41
chapter 7

結合したテーブルでも、データベースに対する基本操作を実行できます。ここでは、特定のカラムだけ表示したり、条件に合った行だけ表示したりというように、結合したテーブルで、いくつかの基本操作を試してみましょう。

5:07

学習ステータス

Lv.1 

チャプター完了数
0 / 7チャプター
演習課題完了数
0 / 14問

レッスン一覧へ戻る