演習課題「日次アクセス数を求める」

右側のコードエリアのSQLは、サンプルデータベースのeventlogテーブルで、日時とlogIDを表示します。COUNT関数とGROUP BYを追加して、日次のアクセス数を表示させてください。

コードを実行して、エラーが出なければ、演習課題クリアです!

入力される値

データベースに格納されているデータは、本レッスンのチャプター01を参照してください。

期待する出力値

DATE(startTime)COUNT(logID)
2015-02-0122
2015-02-0217
2015-02-035
2015-02-0923
2015-02-103
2015-02-1131
2015-02-1219
2015-02-134
2015-02-155
2015-02-1718
2015-02-1923
2015-02-203
2015-02-217
2015-02-228
2015-03-0148
2015-03-0241
2015-03-038
2015-03-0946
2015-03-106
2015-03-1162
2015-03-1238
2015-03-138
2015-03-155
2015-03-1946
2015-03-209
2015-03-2111
2015-03-2211
2015-04-0144
2015-04-0234
2015-04-0310
2015-04-0946
2015-04-106
2015-04-1162
2015-04-1238
2015-04-138
2015-04-1510
2015-04-1946
2015-04-206
2015-04-2114
2015-04-2216
2015-05-0148
2015-05-0232
2015-05-038
2015-05-0946
2015-05-106
2015-05-1162
2015-05-1238
2015-05-138
2015-05-155
2015-05-1946
2015-05-209
2015-05-2111
2015-05-2211
2015-06-0148
2015-06-0232
2015-06-038
2015-06-0946
2015-06-106
2015-06-1162
2015-06-1238
2015-06-138
2015-06-155
2015-06-1946
2015-06-209
2015-06-2111
2015-06-2211

演習課題「日次アクセス数を7日分求める」

右側のコードエリアのSQLは、サンプルデータベースのeventlogテーブルで、日次アクセス数を表示します。ここに、WHEREを追加して、3月の最初の7日間('2015-03-01'から'2015-03-07'の期間)の日次アクセス数を表示させてください。

コードを実行して、エラーが出なければ、演習課題クリアです!

入力される値

データベースに格納されているデータは、本レッスンのチャプター01を参照してください。

期待する出力値

DATE(startTime)COUNT(logID)
2015-03-0148
2015-03-0241
2015-03-038

演習課題「月次アクセス数を求める」

右側のコードエリアのSQLは、サンプルデータベースのeventlogテーブルで、日時とlogIDを表示します。COUNT関数とGROUP BYを追加して、月次のアクセス数を表示させてください。
日時を年月に変換するには、「GROUP BY DATE_FORMAT(startTime, '%Y-%m')」を使います。

コードを実行して、エラーが出なければ、演習課題クリアです!

入力される値

データベースに格納されているデータは、本レッスンのチャプター01を参照してください。

期待する出力値

DATE_FORMAT(startTime, '%Y-%m')COUNT(logID)
2015-02188
2015-03339
2015-04340
2015-05330
2015-06330

※paizaに会員登録すると無料で動画学習コンテンツをご利用いただけます
会員登録する

#03:ログ解析してみよう

ここでは、SQLを使ったログ解析にチャレンジしてみたいと思います。題材として、データベースに格納された、オンラインRPGの行動ログを取り上げて、日次と月次のアクセス数を調べます。

出力タイプ: