演習課題「ハッシュの長さを出力してみよう」

右のコードには、skillsというハッシュが定義されています。
このハッシュの長さをputsメソッドを使って出力してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

4

演習課題「ハッシュの要素を追加しよう」

右のコードには、skillsというハッシュが定義されています。
このハッシュに、"属性"というキーで"炎"を追加してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

{"職業" => "戦士", "体力" => 100, "魔法力" => 200, "ゴールド" => 380, "属性" => "炎"}

演習課題「ハッシュの要素を更新しよう」

右のコードには、skillsというハッシュが定義されています。
このハッシュに、"職業"というキーの値を「魔法使い」に変更してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

{"職業" => "戦士", "体力" => 100, "魔法力" => 200, "ゴールド" => 380}
{"職業" => "魔法使い", "体力" => 100, "魔法力" => 200, "ゴールド" => 380}

演習課題「ハッシュの要素を削除しよう」

右のコードには、skillsというハッシュが定義されています。
このハッシュ の"体力"というキーとそれに対応する値を削除してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

{"職業" => "戦士", "体力" => 100, "魔法力" => 200, "ゴールド" => 380}
{"職業" => "戦士", "魔法力" => 200, "ゴールド" => 380}

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#03:ハッシュの基本操作

ここでは、ハッシュの便利な機能を試します。そして、Rubyを使って、ハッシュの追加、上書き、削除といった機能を試してみましょう。