演習課題「SVMのgamma値の変更」

右側のJupyter Notebookの1つ目のコードエリアでは、点(81, 3)がblueの0に分類されるか、redの1に分類されるかを予測しています。

SVMのgamma値を0.01に修正してからコードを実行し、分類結果が変化することを確認してください。

2つ目のコードエリアを実行した後、結果を保存して、採点ボタンをクリックして、正解と表示されれば演習課題クリアです!

※ ノートの保存は、Jupyter Notebook画面の上側にある「File」をクリックし、「Save and Checkpoint」をクリックします。

#02:SVMを利用してみよう

ここでは、SVMと呼ばれる機械学習のパターン認識モデルを分類問題に適用する手順を確認します。さらに分類の様子を描画してSVMによる分類のイメージをつかみましょう。