通過ランク:B

paiza株式会社

企業メインイメージ

paiza株式会社は「IT人材と企業がともに成長しあえる場を作り、世界により多くの可能性を生み出す」をミッションに掲げ、ITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム paiza(パイザ) を運営しています。

paizaはオンラインテストでITエンジニアの “スキルを可視化” する「スキルチェックサービス」、ランクを元に “実力重視” でITエンジニアと企業を繋ぐ「国内最大級の転職・就職サービス」、転職・就職直結型の「プログラミング学習サービス」を持つ、総合求職・学習プラットフォームです。私たちは paiza を、すべてのIT人材が自分のスキルを理解した上で新しい「仕事」や「学び」に挑戦できる “成長プラットフォーム” と位置づけています。

社名の由来: モンゴル帝国による通行証を「パイザ」と呼んだことから、運営するサービスがエンジニア転職許可証となるイメージで名付けました。
エンジニア向けサービスを作る会社として、当社のエンジニア組織が社外から羨望されるほど魅力ある組織であるようチームも経営層も努めています。

paizaでは下記の通り MVV(ミッション・バリュー・ビジョン)を策定しています。

【Mission(目的地/会社の使命)】
IT人材と企業がともに成長しあえる場を作り、世界により多くの可能性を生み出す

【Vision(灯台/会社のあるべき姿)】
世界をアップデートするIT人材と企業の成長プラットフォームをつくる

【Value(舵/具体的にとるべき行動)】
永続的・ストレッチな成長志向
構造理解を通じたNo.1の追求
自立と連帯の両立

当社は、IT領域に携わる個々人の異能(※)を伸ばすサポートを通じ、世界をアップデートしていきたいと考えております。
その結果、下記のような未来を創造していきます。

・「paiza」がプログラミングの原風景となる
・「paiza」経由で優秀なエンジニア、IT人材が次々と排出される
・「paiza」出身者がGAFAのような企業をつくる

※弊社における異能の定義…個々人が有する、他者と比べて優れている能力。
ギフテッドなものではなく誰でも有しているもの。

米国では映画「ソーシャルネットワーク」でザッカーバーグが主人公として映画にスーパースターとして登場しますが、日本ではそのような形でエンジニアが映画に出てくることはほとんどありません。私たちは、少子高齢化で労働人口が減る日本が今後世界で生き残っていくためには、エンジニアがもっと活躍する環境に変えていかなければいけないと考えています。エンジニアの社会的地位を高め、よりエンジニアが活躍できる環境を作っていくことで、日本のエンジニアの有り方を変えていきたいと思っています。

■ 企業が抱えるエンジニア採用の悩みに取り組んでいます

昨今、テクノロジー社会の進展により、自社で優秀なエンジニアを採用すべく、多くの企業が積極的に活動しています。しかし、国内のエンジニア数自体が絶対的に不足しています。「2030年にはIT人材が79万人不足する」との経済産業省(※1)のデータもあります。また、通常の面接による採用フローでは、エンジニアの技術力をしっかり見極めることは困難です。以上のような理由から、多くの企業がエンジニア採用に課題を抱えています。
わたしたちは「paiza」を提供することで、企業のエンジニア採用における課題解決に大きく貢献してきました。その結果、右肩上がりの成長を続け、すでに国内ITエンジニア約100万人(※1)のうち、約半数にあたる数の45万人が「paiza」に登録しています。

(※1)経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」P6

■ 個の"異能"が必要な時代のために

現在は、個人の寿命が伸びる一方、企業寿命は短縮傾向にあり、これまで一般的だった「終身雇用」や「年功序列」制度が過去のものになりつつあります。個のキャリア形成が重要な時代に、“個の成長を加速する成長プラットフォーム” として、 「paiza」は、転職・就職・学習サービスが一体となって、ミッション・ビジョン実現に挑み続けています。

事業内容

①メディア/人材紹介事業
・社会人向けのエンジニア転職サービス「paiza転職」の企画・運営
・エンジニア志望の学生向け就活サービス「paiza新卒」の企画・運営
・未経験者や若手向けのエンジニア転職サービス「EN:TRY」の企画・運営

②プログラミング学習事業
・動画とオンライン実行環境を使ったプログラミング学習サービス「paizaラーニング」の企画・運営
・オンラインプログラミング実行環境「paiza.IO」の開発・提供
・オンライン統合実行環境「PaizaCloud」の開発・提供
・プログラミングスキルチェックサービスの開発・提供
・各種プログラミングオンラインイベントの企画・運営
・各種イベントやセミナーの主催・協賛

わたしたちは「paiza」を、すべてのITエンジニアが自分のスキルを理解した上で新しい「仕事」や「学び」に挑戦できる “成長プラットフォーム”と位置づけています。
「paiza」のサービスを通じて、ステップアップする意欲のあるエンジニアをしっかりとサポート。さらに、上記2つの事業を有機的に結びつけることにより、これからエンジニアを目指す方の支援もしています。意欲の高いユーザーへ学習機会を提供、そこで実力をつけた方がエンジニアとしての第一歩を踏み出す例も増えています。

また、従来キャリアドバイザーがやっていた転職希望者のスキルの見極めをスキルチェックテストで自動化。人材サービスの課題である労働集約を脱却した高収益のビジネスモデルです。

役員略歴

代表取締役社長 片山良平
地域プロバイダーでWebデザイン、システム開発などに携わる。そこでPHPとMySQLを使った自社会開発CMS、ASP型ECモール等のSE/PGを担当。その後WEB戦略コンサルでプロデューサー/チームリーダーとして、25名程度のチームを率いて、大手通信キャリアのWEB戦略の立案、情報設計などに携わる。2011年エムアウト(ギノ親会社)に入社。2012年に社内起業としてギノを設立。paizaの開発面においては主に設計とフロントエンドを担当。

本社所在地

東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル5F

代表者氏名
片山 良平
設立年月
2012年02月13日
従業員数
84名(2021/08現在)
平均年齢
35歳(2021/08現在)
資本金
3億5,060万円
株式公開

未公開

外部資金/調達額
主要株主

・片山良平
・升水啓太
・株式会社エムアウト
・J-STAR No.4-A, LP等

事業構成比

エンジニア向け転職: 7割
新卒エンジニア向け就活サービス: 2割
プログラミング学習サービス: 1割

通過ランク:B
目次