通過ランク:A

デジタルアーツ株式会社

企業イメージ画像1

◆【国内シェアNo1】純国産の情報セキュリティソフトウェアメーカー◆

当社は「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念に、創業当初より企業・組織内からの情報漏洩に対する情報セキュリティソリューションの提供に注力し、成長してきました。

<弊社の強み>
・製品の企画・開発・販売・サポートまでを自社で一貫しておこなっており、サポート、ソフトウェアバージョンアップ、Webフィルタリングデータベースの早期提供など、お客様のご要望にいち早く対応する事が可能であり、ユーザー様に高くご評価いただいております。
・フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。
・導入実績は企業・公共団体:7,300以上、教育機関:31,000以上

企業イメージ画像2
企業イメージ画像3
事業内容

【インターネットセキュリティ関連ソフトウェアおよびアプライアンス製品の企画・開発・販売】

ーーーーー主力製品についてーーーーー
『セキュリティを意識することなく、誰しもが安全にインターネットを利用できる世界の実現』というコンセプトのもと、
下記のような製品を開発・販売しております。

★特長★
安全と判断されたWeb、メールにしかアクセスしないセキュアなインターネット環境を実現する「ホワイト運用」は、それまで「いたちごっこ」といわれてきたセキュリティの概念を覆すゼロトラストセキュリティモデル。
圧倒的なシェアを誇る同社だからこそ可能な、他社参入障壁の高い運用スタイルを築いています。

①【Webセキュリティ 「i-FILTER」】
★(公社)日本PTA全国協議会推薦製品であり、全国31,000校以上の学校で導入いただいております。
★フィルタリングソフトにおいて業界シェアナンバーNo.1
外部からの不正アクセスと内部からの不正行為の両面から情報漏えいを守るフィルタリングソフト
マルウェア感染源となる悪意あるWebサイトへのアクセスやファイルのダウンロードなどを制御し、さらに”流出”の経路となるウェブサイトへのアクセスをブロックすることで、標的型攻撃を防ぎます。

②【メールセキュリティ 「m-FILTER」】
★メールセキュリティ製品にて導入実績業界No.1
標的型攻撃の主なルートであるメールを感染経路とした攻撃を止め、より強固な情報セキュリティ対策を実現。
添付ファイルの自動暗号化や上司承認による送受信ルールの設定など、きめ細かな設定も可能。

③【ファイル暗号化ソフト 「FinalCode」】
★第12回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018「ASP・SaaS部門 支援業務系分野」でグランプリ受賞
送信した後のファイルを遠隔地から追跡・操作できるファイル暗号化ソフト。
送信したファイルをあとから消去することもできる世界で初めてのファイルセキュリティソフト。

④【通話&チャット&オンライン会議システム 「Desk@Cloud」】
高品質な通話、チャット、会議をセキュアにできる純国産オンライン会議システム
テレワークが推奨される今、社内会議やお客様との商談において、様々な手法が利用されていますが、デジタルアーツでは「純国産」のオンライン会議システムを開発し、場所を問わず「社内」「社外」のコミュニケーションを円滑に実現するサービスを提供します。

本社所在地

東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー14F

代表者氏名
代表取締役社長 道具 登志夫
設立年月
1995年06月21日
従業員数
295名(2021/03現在)
平均年齢
--
資本金
7億1,359万円
株式公開

東京証券取引所 市場第一部(証券コード:2326)

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

【営業所】
・北海道営業所
・東北営業所
・中部営業所
・関西営業所
・中四国営業所
・九州営業所

【国内子会社】
デジタルアーツコンサルティング株式会社

【米国子会社】
Digital Arts America, Inc.

【英国子会社】
Digital Arts Europe Limited

【シンガポール子会社】
Digital Arts Asia Pacific Pte. Ltd.

主要取引先

株式会社アイキューブドシステムズ
アイセル株式会社
iTunes株式会社
アライドテレシスホールディングス株式会社
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社内田洋行
株式会社エーティーワークス
株式会社 STNet
SB C&S株式会社
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社大塚商会
株式会社オプティム
株式会社オプテージ
Google LLC
KDDI株式会社
サイオステクノロジー株式会社
CTCエスピー株式会社
JBCC株式会社
シャープ株式会社
株式会社ジュピターテレコム
ソニー株式会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニービズネットワークス株式会社
ソフトバンク株式会社
大興電子通信株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
株式会社東芝
東芝情報システム株式会社
東芝デジタルソリューションズ株式会社
日鉄ソリューションズ株式会社
ニフティ株式会社
任天堂株式会社
株式会社ネットワールド
株式会社PFU
株式会社日立システムズ
株式会社日立製作所
ビッグローブ株式会社
富士通株式会社
株式会社富士通エフサス
株式会社富士通ビー・エス・シー
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
丸紅情報システムズ株式会社
ユニアデックス株式会社
四電ビジネス株式会社
LINEモバイル株式会社
株式会社YE DIGITAL

事業概況

今期の連結売上高は、前年同期から11億83百万円増収の121%成長!営業利益も昨年比+28%と好調。テレワークの普及、並びにGIGAスクール構想が追い風となり売上拡大に貢献しております。

事業構成比
閲覧するには 会員登録(無料) または ログイン をしてください。
通過ランク:A
応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
応募には会員登録が必要です。