オフィス訪問レポート みんなのマーケット株式会社

広々とした執務エリアで人も猫ものびのび 
筋トレ部屋もうれしいみんなのマーケットのオフィス

こんにちは、霧島京子です♪ 今回のオフィス訪問は、ハウスクリーニングや引っ越しなどの出張サービスに特化したマーケットプレイス『くらしのマーケット』を開発・運営するみんなのマーケット株式会社に行ってきました!




東急目黒線の不動駅から1分の場所にあるみんなのマーケットのオフィス。

受付を抜けると、すぐに広々とした来客スペースがあります。

そして、ここの奥にある執務スペースへ足を踏み入れると…。

あっ! 猫さんだ!

そう、みんなのマーケットは、猫がいるオフィスとして有名なんです! 2匹の猫が「社員」としてこのオフィスで働いています。

この日も猫さんたちはオフィス内を闊歩していました。

休憩中の人とじゃれる猫さん。こうやってみんなの癒しとなっています。

業務するメンバーをじっと見つめる猫さん。か、かわいい……。

こちらは社員の休憩用のスペース。コーヒーメーカーが置いてあり、好きなときに飲めます。

さらに、みんなのマーケットでは18時以降であれば業務中にお酒を飲むのもOK。また、フルフレックスなので、昼に出社する事で通勤ラッシュを避けたり、自身のパフォーマンスが上がる時間に仕事をすることもできます。

休憩スペースにはハンモックもあります。猫さんに囲まれてこんな癒しスポットもあるなんて、ステキすぎますね……。

続いて、エンジニアの働くエリアです。同社のエンジニアは現在約20名。うち3分の1は外国出身の方だといいます。

なお、みんなのマーケットでは部署ごとに仕切りなどはまったくなく、全員が同じフロアで机を並べて働いています。


あるエンジニアのデスクを見せてもらいました。キーボードなどは自分の好きなものを使っていいそうで、この方はHHKBを使用していました。

執務エリアの中央に設置されているスタンディングデスク。簡単なミーティングに使われています。

また、ちょうど中央にあることもあって、ここでは部署を越えた話し合いもよくおこなわれているそうです。

書架です。さまざまなジャンルの本がありますね。下のほうには技術書も見えます。

のんびりした空間の一角にただよう異様な雰囲気。こちらはトレーニング用の部屋です。本格的な器具が複数置かれていて、社員は使い放題。これならスポーツジムに行く必要もないですね。

業務の前後や昼の休憩時などに多くの社員がここで汗を流しています。

この部屋以外にも社内にはいくつか運動器具が置かれていました。運動不足になりがちな人も安心ですね。

最後に、同社コーポレート本部の五十嵐さんに同社のオフィスやエンジニア採用についてお話を聞きました。


――このオフィスのコンセプトや設計時にこだわった点などを教えてください。

大前提としてまずは「ワンフロアに100名以上の社員が入り切るかどうか」ですね。次に「猫が飼える場所」であることです(笑)。そのほかにこだわった点として「オープンな場所を作ろう」というのがあります。このオフィスで働く人全員が、ワンフロアにいますし、部署間の仕切りもありません。さらに、部屋の仕切りもガラス張りにしています。誰が何をしているのかが誰からも分かる。そして、部署を越えてコミュニケーションを生み出しやすいようにしたい。そんな思いがあります。

――なぜオフィスで猫を飼おうと思われたのでしょうか?

創業当時、まだ弊社のオフィスがマンションの一室だったころに、社内で「なんか飼いたいね」と話が出たそうです。そんな中、CTOの戸澤が捨て猫を見つけて飼い始めたのがきっかけです。今や「猫がいるオフィス」として有名になってしまいましたね(笑)。

――まさに招き猫ですね! 社員の方々は猫たちとどう付き合っているのですか?

疲れたときや思考が詰まったときなどに、猫たちに触れることでリフレッシュできるという声をよく聞きますね。複数の社員が仕事の合間にかわいがっています。

ただ、もちろん社員の中には猫アレルギーの人もいますので、そういった人たちはマスクするなど自衛してもらっています。採用面接の際にも「猫がいますのでアレルギーの人は気をつけてください」と説明をしています。

――オフィスや社内のルールなどで、エンジニアから好評な部分があれば教えてください。

弊社では書籍や外部のセミナーなどの費用は、会社が必要と判断すれば負担しています。また、弊社のエンジニアチームは、自分の担当領域外であっても手をあげてチャレンジできる文化があります。勉強会も活発に開かれていますし、実力を伸ばしやすい環境です。

――続いて、エンジニアの採用についても聞かせてください。面接ではどんなところを見ていますか?

技術とヒューマンスキルの両面で判断しています。

1次面接ではヒューマンスキルを中心に見ています。自分から発信できるか、きちんとセルフマネジメントができるか、最後までやりきれるか、などがポイントですね。2次面接ではスキル面を判断するため、弊社独自のプログラミングテストを受けていただいています。内容は実務を想定したものになります。そして最終面接では総合的な観点から判断します。

――最後に、みんなのマーケットに応募を検討しているエンジニアへメッセージをお願いします。

今お伝えしたようなポイントに加えて「正直者が馬鹿を見ない世界を作る」という弊社のビジョンにご共感いただける方に応募していただきたいと思っています。弊社はまじめに手を動かし、成果にコミットできる人をきちんと評価する会社です。ぜひよろしくお願いいたします。

取材を終えて帰ろうとしたとき、背後から車輪の回る音が……。

え、キックボード!?

颯爽と駆け抜ける男性。

みんなのマーケットでは、社内移動のためにキックボードが用意されています。オフィスのどこで降りてもよく、置かれているのを他の誰が使うのも自由。これは使ってみたいですね!

霧島京子のレポート

猫と一緒に働けることで有名なみんなのマーケットさんのオフィス。実際に猫たちに会ってみると本当にかわいくて、とても癒されました!

もちろんそれだけではなく、オフィスは広々としていて1人あたりのスペースも広く取られているので、エンジニアさんたちはとても仕事がしやすそうでした。人にとっても猫にとっても居心地のいいオフィスだと思います!

キックボードで社内を移動できたり、筋トレができたりと、面白い要素もたくさんあるので、毎日楽しく仕事ができそうですね。

みんなのマーケット株式会社の皆さん、本当にありがとうございました!



霧島京子が主人公の4コママンガ「ぱいじょ!」など、paizaの各コンテンツへはこちらから。