オフィス訪問レポート 株式会社サイバーエージェント

話題の「Abema Towers」の中はどうなっている?
サイバーエージェントのオフィスはおしゃれで快適

こんにちは、霧島京子です♪ 今回のオフィス訪問レポートは、インターネット広告事業やゲーム事業、そしてAbemaTVをはじめとしたメディア事業で知られる株式会社サイバーエージェントに行ってきました!




渋谷駅から徒歩7分、宇田川町にあるサイバーエージェントのオフィス。

同社は2019年に新社屋Abema Towers(アベマタワーズ)に移転したばかりです。これまで同社のオフィスは複数のビルに点在していましたが、今回の移転で2カ所に集約。このAbema Towersには本社機能と、メディアやゲームを中心とした事業が移転してきました。

1階のエントランスでは、アベマくんの像がお出迎え。

最初に見せていただいたのは会議室のフロア。会議室は10階と16階の2フロアに集約されており、こちらは16階。光が適度に抑えられていて、落ち着いた雰囲気です。

エレベーターホールを抜けてすぐの床には各部屋への案内図が描かれています。

ずらりと並ぶ来客用のミネラルウォーター。10階と16階、それぞれに配備されています。

会議室の1つを見せていただきました。窓からは渋谷の街が一望できます。

こちらは同じフロア内にある「精神とテクの部屋」と呼ばれる集中スペースです。

このエリアでは木製のデスクを使用。1人あたりの幅も広く取られています。エンジニアやデザイナーが集中して作業に取り組んでいました。


立って作業をしたり、バランスボールを使ったりもできるようになっています。

日によっては、終日ここで作業をするエンジニアもいるそうです。

こちらは10階のエントランス。アベマくんの像やソファがあるなど、16階と比べると華やかな雰囲気でした。

このフロアにはセミナールームもあります。使っていなかった1つを見せていただきました。中はこんな感じになっていて、全部で4つあります。

続いて執務スペースへ。同社のオフィスの特徴として知られる、ハニカム型のデスクが並んでいます。振り返るだけですぐにミーティングができるようにするためにこのような形にしているそうです。

自席でミーティングをしているエンジニアたち。こうやってすぐにコミュニケーションをとれるのはいいですね。

こちらは社員食堂エリア。単なる食堂としての使われ方だけでなく、ミーティングや作業スペースとしても利用されていました。

また、このフロアにはコンビニやバイロンベイコーヒーも常設。サービスセンター(ヘルプデスク)もこのフロアに置かれています。

こちらはマッサージルーム。複数のベッドで施術がおこなわれています。常に人気で人が絶えないそうです。

社内でも異質の雰囲気が漂うドット絵空間を発見。

ここは何かと思ったら、なんと社長室エリアへの入り口でした!

奥の待合室にはアベマくんのクレーンゲームが。左の黒いテーブルもゲームが遊べるようになっています。まさに小さなゲームセンター。左上の藤田社長のドット絵も味がありますね……。

最後に、同社メディア統括本部経営推進室の若林宏治さんにお話を伺いました。


――今年、オフィスを移転されましたが、この「Abema Towers」でこだわっているポイントなどがあれば教えてください。

まずはセンター街という立地があげられますね。弊社ではAbemaTVをはじめとしたメディア事業を展開しており、1階の「UDAGAWA BASE」では放送や撮影、イベントなども実施しています。10~20代の方向けに情報を発信する機会が多いので、集まっていただきやすいのではないかと思います。

オフィスについては、シンプルかつおしゃれなものにしています。エンジニアの方に特にアピールするポイントとしては集中スペースである「精神とテクの部屋」でしょうか。もともと移転前からあったものですが、利用する社員が多いのでそのまま新オフィスでも残していますね。

――そのほか、エンジニアの環境面について配慮されていることはありますか?

福利厚生として「ENERGY」という技術者向け支援制度があります。具体的には、別部署でチャレンジできる「FA権」や、能力向上につながる経費を補助する「サポリスト」など。技術者が常に自身の能力向上を図り、開発に集中することができる環境を提供するための制度です。

――次に、採用について伺います。選考の際に見ているポイントを教えてください。

大きく分けると2つのポイントがあります。

1つは「素直でいいやつを採る」。これは社長の藤田が常に言っていることで、会社の目指す方向と同じほうを向いて業務ができる方を採ろうという考えです。そこが合わないと、たとえスキルが高くても採用は難しいですね。

もう1つは特にエンジニア採用でのポイントで「技術とサービスの両方に興味がある方」ですね。弊社は「技術のサイバーエージェント」とうたっている通り、技術力をとても大切にしていますが、かといってサービスに興味がない方は採用していません。技術とサービスを両軸として活躍できる方を求めています。

――最後に、サイバーエージェントへの応募を検討している方へメッセージをお願いします。

弊社のいいところは、みんなが仕事を楽しんでいるところだと思っています。エンジニアも含めたチーム全員で常に「ああしよう」「こうしよう」と言い合ってサービスを作っているので、モチベーションを高く保ちながら仕事ができます。そういう環境で仕事をしたい方、キャリアを作っていきたい方に応募していただければと思います。

最後に、1階にある「UDAGAWA BASE」をパチリ。AbemaTVのスタジオで「AbemaMix」などで使われています。

霧島京子のレポート

Abema Towersは、完成したばかりでピッカピカでした! 若林さんは「シンプル」と言われていましたが、1階の「UDAGAWA BASE」や社内各所にあるアベマくんなど、遊び心もいっぱい。楽しく仕事ができそうなオフィスでした。

一方で「精神とテクの部屋」をはじめとした集中スペースがあるなど、メリハリがしっかりしているのはいいですね! 黙々と作業に没頭したい人も満足できる環境だと思います。

「ここで働きたい」「興味がある」という人は、ぜひ一度サイバーエージェントの求人票をのぞいてみてくださいね!

株式会社サイバーエージェントのみなさん、本当にありがとうございました!



霧島京子が主人公の4コママンガ「ぱいじょ!」など、paizaの各コンテンツへはこちらから。