オフィス訪問レポート 株式会社ランドスケイプ

ビーチに深海にラスベガス!?
ランドスケイプのオフィスはまるでテーマパーク!

こんにちは、霧島京子です♪ オフィス訪問企画、第二回です! 今回はデータベースマーケティングの支援事業を行っている株式会社ランドスケイプさんにお邪魔しました!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


新宿からわずか1駅、京王新線初台駅から直結の東京オペラシティタワー。その15階に株式会社ランドスケイプがあります。オフィスが駅直結なのはうれしいですね。扉を開けて中に入ると…

いきなり巨大な亀さんがお出迎え(本物ではなくオブジェです)。海(ビーチ)をイメージしたエントランスです。

エントランスに直結する営業チームのブロックも海っぽさが全開。奥には海の家っぽい部屋もありますね。ちなみに、このチームはフリーアドレスになっていて、どこに座って仕事してもいいんだそうです。

中心の執務エリアに堂々と立つ剣闘士。彼らがオフィスを守って(?)いました。このブロックは古代ローマをイメージしているそうです。後ろに見えるライトなどもヨーロッパっぽいものが並びます。

エンジニアチームのブロック。社内は全体的に華やかな雰囲気をまとっていますが、ここは森をイメージした落ち着いた空間でした。みなさん黙々と作業に集中しているようす。

エンジニアのデスク。ディスプレイは2面使いの人が多いようでした。

社員用のイス。もともとは違うイスを使っていましたが、社員から座り続けても疲れにくいイスにしてほしいと声が上がり、数年前に全社員のイスを入れ替えたそうです。

次に見せていただいたのは会議室。まずは潜水艦を模した部屋にお邪魔しました。映画に出てくるような完成度!


暗くするとこんな感じ。かっこいい! 

よく作り込まれた部屋だと思ったら、それもそのはず、本当にその道のプロが作っていました。フルオーダーでデザインしてもらったんだそうです。

もちろんオーソドックスな会議室もあります。経営陣によるミーティング中にお邪魔させていただきました。みなさんお忙しいなかありがとうございました。

恐竜のテーマパークをイメージした部屋。こちらはインサイドセールスセンターです。企業向けのコールやメール配信を担当する部署なのにこのエンタメ感…。右奥には巨大な手もある…。

この部屋には謎の「廃墟B」なる扉が…。どこにつながっているのだろう…。

「ラスベガス」のエリア。かなりアメリカンな雰囲気です。

……本当にここは会社なのかとツッコミたくなるレベルになってきました。

スロットマシンかと思ったらプリンターでした。

社内で明らかに他と違う雰囲気の空間。ここもミーティング用のスペースです。ただの和室かと思いきや、襖を開けるとホワイトボードになっているんです。これはいいですね!

そして、よく見ると上に忍者がいます……。

社内にはセミナー室(シアタールーム)も完備。イベントなどに利用されています。(提供写真)

会社の一番奥にはこんな部屋も。休憩室として使われています。荘厳で美しい光景にただただ見とれるばかり。ちなみに、少し見えにくいですが、左側にはトレーニング器具も置いてあります。さらに、右側のテーブルには…

カップ麺やレトルト食品が置いてあります。社員は自由に食べてOK。ランチも無料で食べられるなど、社内で食事はまかなえるようになっています。時間がなかったり夜間作業が発生したりするときは助かりますね。お財布にも優しいです。

ランドスケイプの福富七海社長。福富社長も社員たちと同じフロアで執務されています。一見質素なデスクに見えますが、イスやキーボードなどにこだわりが感じられます。

快く撮影させていただきありがとうございました!

社員の皆さんがみんな持っているノート。ここに書かれている「非競(ひきょう)」とは造語で、「自社の得意領域に特化し、他社と競わず、相手のほうが優れた部分は任せることで価値を生み出す」同社の戦略のことです。


最後に同社管理本部で採用担当を務める梅木彩さんに、同社のオフィスのコンセプトなどについてお話を伺いました。

――まるでテーマパークのようなかなり個性的なオフィスでしたが、どういう経緯でこういうデザインになったのですか?

理由としては2つあります。

1つは、弊社はデータベースのマーケティングという無形の商材を扱っていますので、普通のオフィスだとなかなか記憶に残してもらいにくいんです。それをなんとかしたいという思いがありました。他企業の方が来社されたときに、弊社での時間を忘れず記憶にとどめていただけるようなオフィスにしようと考えました。

もう1つの理由は、いつも働く社員のクリエイティビティも活性化できるオフィスにしたいとの思いからです。その2つを満たすオフィスを作ろうということでこういうデザインになりました。

各部屋の具体的なコンセプトについては社長の福富のアイディアによるところが大きいですね。

――御社への就職・転職を考えている方へメッセージをお願いします。

弊社はオフィスのデザインだけでなく、職場環境の充実に力を入れています。裁量も大きいので、エンジニアの方も成長できる環境です。求人票を見てご興味を持っていただけた方は、ぜひご応募していただければと思います。「まずオフィスを見てみたい」という方でも大丈夫です。まずはお会いしてお話ししましょう。お待ちしています!

――本日はありがとうございました!

霧島京子のレポート

ランドスケイプさんは最初から最後まで驚きっぱなしのオフィスでした!

ビーチあり、潜水艦あり、古代ローマあり、ラスベガスあり、恐竜あり、忍者あり…。どれも一度見たら忘れられない印象的な部屋ばかり。ここで仕事したら毎日が新鮮なんでしょうね。

社員のみなさんもフレンドリーで、安心してオフィスを見学することができましたし、毎日ここで働くのも楽しそうかも…。

株式会社ランドスケイプのみなさん、お忙しいなかありがとうございました!



霧島京子が主人公の4コママンガ「ぱいじょ!」など、paizaの各コンテンツへはこちらから。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る