演習課題「連想配列を並べ替えしてみよう1」

右側のエディターエリアのプログラムを元に、連想配列 $item の value を大きい順に並び替えて print_r で出力してみよう。

期待する出力値

Array
(
    [バスタードソード] => 攻撃力:45
    [ロングソード] => 攻撃力:34
    [ショートソード] => 攻撃力:23
    [ダガー] => 攻撃力:10
)

演習課題「連想配列を並べ替えしてみよう2」

右側のエディターエリアのプログラムを元に、連想配列 $rank の value を順位順(1位、2位、、)に並び替えて print_r で出力してみよう。

期待する出力値

Array
(
    [スライム] => 1位
    [はぐれ犬] => 2位
    [ゴブリン] => 3位
    [オオカミ] => 4位
)

演習課題「連想配列を並べ替えしてみよう3」

右側のエディターエリアのプログラムを元に、連想配列 $item の key を小さい順(ア、イ、ウ、・・・)に並び替えて print_r で出力してみよう。

期待する出力値

Array
(
    [アースブレイカー] => 所持数:1
    [イージスシールド] => 所持数:3
    [ウインドスピア] => 所持数:1
    [エビルソード] => 所持数:1
    [オリハルコンブレード] => 所持数:2
)

演習課題「連想配列を並べ替えしてみよう4」

右側のエディターエリアのプログラムを元に、連想配列 $item の key を大きい順に並び替えて print_r で出力してみよう。

期待する出力値

Array
(
    [オリハルコンブレード] => 所持数:2
    [エビルソード] => 所持数:1
    [ウインドスピア] => 所持数:1
    [イージスシールド] => 所持数:3
    [アースブレイカー] => 所持数:1
)

演習課題「データを取得して並べ替えて出力してみよう」

標準入力で複数行のデータが与えられます。
各行のデータはカンマ区切りで [アイテム名、攻撃力] の形式となっているので、アイテム名を key に、攻撃力を value として連想配列に代入してください。
※$item["ロングソード"] = "攻撃力:11" という状態。

その後、攻撃の大きい順に並び替えて print_r で出力するプログラムを作成してください。

標準入力から複数行データの取得するやり方は下記のチャプターで解説しています。
配列にデータを格納してみよう1
配列にデータを格納してみよう2

入力される値

ショートソード,攻撃力:23
バスタードソード,攻撃力:45
ロングソード,攻撃力:34
ダガー,攻撃力:10

標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください

期待する出力値

Array
(
    [バスタードソード] => 攻撃力:45
    [ロングソード] => 攻撃力:34
    [ショートソード] => 攻撃力:23
    [ダガー] => 攻撃力:10
)

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#04:連想配列の整列

このチャプターでは、連想配列のソート(整列)について学びます。asort, arsort, ksort, krsort について解説します。

出力タイプ: