【クライアントアプリ】未経験からVR開発をしたい方募集

正社員

ナーブ株式会社

通過ランク S ランクS以上で面接可能
企業イメージ画像

企業の特徴

VRで繋がる“5年後の当たり前”で市場に勝負を挑みます。
ナーブ株式会社は、人々のライフスタイルを変革するサービスの実現を理念とし世界のシェアを取りにいきます。
そのモノを使うことでどんな不満が解消し、何がメリットとなるのかというところまで落とし込んで初めて、ニーズは生まれる。つまり、ニーズは喚起するものではなく、作るものなのです。
モノづくりの日本から世界に羽ばたく会社を作るという信念の基、世界のマーケットに勝ちにいきます。

◆創造するシステムは未来へとつながる神経となる
これまでのVRの常識を捨て、「どうすればソリューションとして有用か?」ということを徹底的に考え抜き、独自にハードウェアを開発。今まで困難だった物理的ギャップを超越し、いつでもどこでも“感覚”を提供可能に。我々が作ろうとしている未来に、まっすぐ進んでいます

スペシャリストインタビュー ナーブ株式会社 吉田慎二さん
Unityへのこだわりで最先端VR企業へ 転職活動で知った自分の市場価値
https://paiza.jp/feedback/nurve

応募する(会員登録する)

会社情報

事業内容

VR(バーチャルリアル)コンテンツのプラットフォーム提供
ゲーム以外の利用としてライフスタイルVRを提唱しており、ナーブVRクラウドを利用して様々な業界で利用実績を上げている、
日本最大のVRプラットフォーマーであり続けるため日々新しいシステムの構築を行なっている。

VRを使った接客システムや無人店舗どこでもストアの開発
ANA Virtual TripのようなC向けの利用等 VRクラウドを活用したサービスの展開

2週間に1度のペースでのバージョンアップを実施して、ユーザのUX向上や新サービスのリリースを行なっている。
また、R&D活動も行なっており未来の技術へのアプローチも行なっている。

ビジネス領域: 不動産、旅行、etc
主なユーザ: JAL、ANA、三菱地所、住友不動産販売、エイブル等

役員略歴

◆多田 英起
1979年生まれ。ITコンサルティングを経験後、IT受託開発を10年以上行っており、技術を活用した新しいソリューションをテーマに KDDI社との共同特許をはじめ、オープンスタックシェアNo.1の米ミランティス社とのJVの構築などを行う。
ライフスタイルに特化したVR事業(ナーブ事業)をスピンアウトして、国内最大のVRプラットフォームを構築し現在に至る。

◆白倉 幸司
1970年生まれ。会計事務所、シー・アイ・エス(株)(現ソニーグローバルソリューションズ(株))を経て、2005年から2010年まで(株)魔法のiらんど(現(株)KADOKAWA)に在籍し執行役員財務経理部長を歴任。KADOKAWAでは連結決算等を担当した後、2016年12月当社入社。

◆大石 正己
1979年、パイオニア株式会社入社。30年以上にわたり光ディスク再生、録画装置の研究開発に携わる。デバイス組込み型ソフトウェアの黎明期より開発部門を牽引し、同社のデジタルプラットフォーム戦略の中核となる技術を実現した。その後、新規事業開発部成長事業開発室にて同社の新事業開発を担当。 2015年ナーブ株式会社を設立。現、監査役。

◆小寺 圭
1946年生まれ。ソニー株式会社において中近東、アジア、ヨーロッパに駐在しマーケティングに関する要職を歴任後、ソニーマーケティング株式会社社長、ソニー・チャイナ会長を経て、2006年より2008年まで日本トイザらス社長兼会長を歴任。2010年12月よりamadana (リアルフリート)会長。

本社所在地

東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング7F

代表者氏名 代表取締役 多田 英起 設立年月 2015年10月15日
従業員数

50名(2019/06現在)

平均年齢

30歳(2019/06現在)

資本金

1億円

株式公開

未公開

外部資金
調達額
主要株主
事業概況

ナーブは開発不要のVRクラウドサービス”ナーブクラウド”を各業界に向け提供いたします。
これにより管理画面やアプリから簡単に登録するだけでVRが実現されます。
モデル・モーション・360°カム・写真・動画・ライブ配信など業界に特化したサービスが実現可能です。

また、2017年9月29日をもって、シリーズBで総額約4.6億円の第三者割当増資が完了しました。
今回の第三者割当増資により、2015年10月の創業以来、資金調達金額の総額は7億円を超えました。
累計での資金調達額は、VR企業として国内最大規模の調達となります。

「ライフスタイルVR を通じた”コト”の共有による新しい購買体験の実現」を基本理念に、事業拡大を続けてまいりました。
今回調達した資金は、VR領域における技術力追求のための人材の確保と営業・マーケティング体制の強化に充当いたします。
今後もさらなる革新的なサービスの開発に努めるとともに、事業パートナーとの関係強化を図り、事業展開を加速させてまいります。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

企業イメージ画像2

「どこでもストア」はVRと遠隔通話による体験で、不動産や観光、車などの商材の販売を促進する、新時代のVR無人店舗サービスです。

企業イメージ画像3

社内カフェスペース ASU CAFEにて。 弊社エンジニアは9割がpaizaランクS出身で構成されています。

ページの先頭へ戻る