通過ランク:B

株式会社Arch

企業メインイメージ

2021年に設立したばかりの新しい会社です。「建設現場をアップデートしたい」という思いから、建機レンタル品管理のすべてをデジタル化するWebサービス『Arch』の開発・販売事業を立ち上げました。デジタル化が進んでいない管理業務をテクノロジーで革新していきます。創業初期のため、自分が開発したプロダクトが社会を変えていく姿を実感できるフェーズです。

創業メンバーは建設業と建機レンタル業の出身。 業界構造とその課題を身をもって体験してきました。
執務室を飛び出してオープンスペースで打ち合わせ!自由な働き方を実践しています。
本社大阪オフィスのオープンスペース風景です。

建設現場で使用される機械(重機や仮設足場に至るまで)のほとんどがレンタル品にも関わらず、現在も紙や電話での発注・貸出管理など、昭和の時代から変わらない方法で管理されており、手間とコストがかかっています。そのため、人手不足や長時間労働などの課題を多く抱えている状況です。課題解決につながるのであれば、得意分野を軸にした新しい技術の習得やチャレンジは大歓迎!積極的にプロダクトへ反映しながら、よりよいサービスを追求できる魅力があります!

写真に写る機械や資材のほとんどがレンタル品ですが、その管理方法は非常にアナログです。
Aechはレンタル品に関わる業務を全てデジタル化します。
我々のサービスは「現場」と「レンタル会社」をつなぐサービスで、全ステークホルダーに価値を提供します。

『Arch』は3つのサービスで構成されており、建設業向けに建設現場で使用される建設機械のレンタル品の「一括見積もり(プラットフォーム)」「オンライン発注(EC)」「現場内の在庫管理(Saas)」を実現しています。現在はPoC(概念実証)段階です。このPoCには、大手ゼネコンと建機レンタル大手5社に参画いただき、日々施工現場から寄せられる要望に対し、試行錯誤しながらプロダクトのPMFを目指しています。このような状態の中、事業の成否や進捗に大きくかかわるエンジニアを募集しています!

開発ミーティングはエンジニアの意見や作業負荷をヒアリングしながら進めます。 仕様変更を極力避けるために、発注前に検討を重ねます。
代表松枝のデスクを撮影。 自分の好きなデバイスで作業できます。
大阪京橋にもサテライトオフィスを設置。 ライフスタイルに合わせてこちらへの出勤も可能です。
事業内容

ソフトウェア開発

役員略歴

■代表取締役CEO:松枝 直
1991年生まれ。2013年に大学卒業後、竹中工務店に入社。建設現場の施工管理に6年間従事。その後3年間、建設現場で使うシステムの企画・開発および新規事業の立ち上げを経験。

本社所在地

大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビル8F

代表者氏名
代表取締役 松枝 直
設立年月
2021年09月28日
従業員数
5名(2022/06現在)
平均年齢
33歳(2022/06現在)
資本金
2,797万円
株式公開

未公開

外部資金/調達額

49,950,000円

主要株主
事業構成比
通過ランク:B
目次