通過ランク:B

株式会社Hakali

企業メインイメージ

株式会社Hakaliは「誰もがウェルネスを感じられる社会をつくる」というビジョンを掲げ、2018年に設立。⼈々のメンタルウェルネスを⽀える「デジタル・メンタル・プラットフォーム」の実現を目指している会社です。その中核であるメンタルヘルスケア事業を支える自社プロダクトとして、「感情と⾏動の記録で、マインドフルな⽇々を増やす」をコンセプトとするスマホアプリ『Awarefy(アウェアファイ)』の開発・提供をおこなっています。ほぼプロモーションなしで、すでに10万ダウンロードを超え、順調に成⻑しているサービスです。2022年にはグローバル展開や医療領域への進出も考えています。

鎌倉でのプロダクト開発合宿
プロダクトのグローバル対応も進行中。世界で使われるAwarefyへ。
このメンバーで世の中のメンタルヘルスケアを変えていきます。 ぜひ、仲間になってください。

『Awarefy』というプロダクトは、ストレス社会において、⼈の思考や感情についての悩みをもつ⼈や、⾃⼰理解・⾃⼰成⻑に関⼼のある⼈に向けたアプリとなっています。『Awarefy』に搭載されている「セルフモニタリング」の機能やマインドフルネス瞑想をはじめとする「⾳声ガイド」は、健康⼼理学・認知⾏動療法の知⾒をベースに、大学との共同研究をおこないながら機能の企画・開発に取り組んでいます。⾃分の感情を定性的・定量的に記録してふり返ることができる「感情メモ」は特徴的な機能のひとつです。『Awarefy』を通じて、⾃分の気持ちやコンディションの揺らぎを確認したり、記録とふり返り活動を通じて知らなかった⾃分を発⾒できます。心の健康領域に興味があり、ユーザーの幸せに貢献したいエンジニアをお待ちしております。

わたしたちは「5つのバリュー」を行動指針として掲げています。
1:アウトプットの先にある、ユーザーのアウトカムにこだわる
2:前例にとらわれず、事実に向き合いながら学び続ける
3:自他の価値観を認め合い、共感を持って他者と関わる
4:いまこの瞬間に集中し、気づきを大切にしながら楽しむ
5:一時の利益より、持続的な価値提供を大切にする

Hakaliのビジョンに共感し、その実現を一緒に目指せるメンバーを募集中です!

事業内容

■デジタルメンタルプラットフォーム『Awarefy』の企画・開発・運営業務
■データ分析および活用に関するコンサルティング業務
■DX領域に関する人材紹介業務

本社所在地

東京都新宿区新宿2-5-12
FORECAST新宿AVENUE 6F

代表者氏名
代表取締役 小川 晋一郎
設立年月
2018年03月02日
従業員数
11名(2022/02現在)
平均年齢
--
資本金
1億500万円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主
事業概況

『Awarefy』は2020年5⽉にローンチし、2021年7⽉時点でAndroid/iOSのストアで約8万⼈のユーザーさまにダウンロードいただいています。
2021年7⽉には、ベンチャーキャピタルより1億円の資⾦調達を実施し、スタートアップとしての成⻑に邁進しているフェーズです。
Hakali/『Awarefy』が取り組んでいる事業領域は、ヘルスケア、メンタルヘルスケアです。
「⼼理療法」というワードから、ネガティブなイメージを想起される場合もありますが、当社では、⼈々が健やか(=ウェルネス)に過ごすために、⾮常に⼤きな可能性がある、ポジティブな領域であると捉えています。
スタートアップとして活動していく以上、収益をあげることは求められます。
同時に、ユーザーさまには、多様なバックグラウンド、多様な課題、多様な⽬的意識が存在します。
Hakaliが取り組んでいる事業領域において、デザインの⼒は特に重要なものになると考えています。

事業構成比
通過ランク:B
目次