【自社開発/大阪】監視ソフトウェア開発◎事業成長の中心メンバーとして活躍!【フロントエンドエンジニア】

正社員

株式会社椿本チエイン

企業イメージ画像1

企業の特徴

◆創業100年超!世界26か国、社員8000名以上を抱える「つばきグループ」の中核企業です!
株式会社椿本チエインは、1917年創業。100年以上の歴史を誇る老舗メーカーとして、高い技術力と生産力を持ち、チェーンや減速機などの汎用機械部品から自動車部品、自動搬送システムなどさまざまな製品を世界中に送り出しています。また機械分野だけでなく、SCADA(産業用監視制御システム)のパッケージ販売から顧客特定用途向けカスタマイズソフトウェアの販売もしており、SCADAソフトでは20年の実績を誇ります。強みのSCADAを軸に、お客様のさまざまな現場データを収集・分析するツールを進化させ、お客様の生産性向上に貢献していきます。

◆監視制御を自動化して工場のパフォーマンスをUPします!
SCADAとは、工場内のセンサーや制御機器類すべてをネットワークによって接続し、取得したデータを見える化・一括管理することを可能にするシステムです。世の中のIoT化工場(スマートファクトリー化)が叫ばれる今を商機と捉えており、事業の加速度的な拡大を目指しております。

◆リモート/裁量労働など比較的自由な働き方ができます!
裁量労働制のため、自分なりのスケジューリングで仕事を進めることが可能です。一部ではありますがリモート勤務も認めているので、通勤の負担を軽減でき開発に集中できます。毎週金曜日のノー残業デーや20時以降の残業は推奨されていないため、決められた時間で仕事を完遂する力を身につけられる環境です。裁量のある職場で、活躍したいエンジニアをお待ちしております!

企業イメージ画像2

企業情報

事業内容

【チェーン事業】
は、世界シェアNo.1の実績を誇る動力伝動用のドライブチェーンをはじめ、生産ラインを担うコンベヤチェーン、食品業界向けにプラスチックチェーンなど、産業
機械・工作機械、造船、鉄鋼、ITとあらゆる業界に最適なチェーンを提供しています。同事業が擁する京田辺工場は、世界最新鋭の設備と最高水準の生産性を誇る、世界一の
チェーン生産拠点です。

【モーションコントロール事業】
減速機、直線作動機、クラッチなど「Motion & Control」に関わる機械部品と、その複合技術による最適なパワートランスミッション機器を提供しています。当社は、電動シ
リンダ(直線作動機)やカムクラッチにおける国内トップメーカーであり、減速機では、省スペース化に有益な直交軸タイプやウォーム減速機が高い技術評価を得ています。制御
技術向上を推進し、IoT時代に対応する商品力強化にも注力しています。

【自動車部品事業】
国内シェアをほぼ独占する、の自動車エンジン用タイミングチェーン。自動車エンジンの高性能化を支えるタイミングチェーンドライブシステムを世界のカーメー
カーに提供する、世界屈指のシステムサプライヤーです。万全の技術開発体制と品質管理体制で、カーメーカーの高い品質要求に応えるとともに、スピーディな開発体制がエンジン開発期間の短縮にも貢献しています。

【マテハン事業】
物流業界向けのリニアモータ式高速自動仕分システムや、新聞業界向けの無人給紙システム、自動車業界向けの塗装ライン搬送システム、製薬業界向け保管・ピックングシステムなど、モノの動きに即応し、時間とムダを省いた競争力のある生産・流通システムを提供。その他にも工作機械の金属切り屑搬送コンベヤや産業廃棄物や焼却灰などの粉粒体コンベヤでも独自の技術力を発揮。各分野で革新的なソリューション提案をおこなっています。

本社所在地

大阪府大阪市北区中之島3-3-3

代表者氏名
代表取締役社長 大原 靖
設立年月
1941年01月
従業員数
8818名(2019/03現在)
平均年齢
41歳(2021/01現在)
資本金
170億7,600万円
株式公開
外部資金/調達額

なし

主要株主
拠点・関連会社

【工場】京田辺・埼玉・長岡京・兵庫・岡山
【支社】大阪・東京・名古屋
【営業所】札幌・仙台・大宮・豊田・北陸・大阪北・広島・九州

事業概況

強みのSCADAを軸に、お客様のさまざまな現場データを収集・分析するツールを進化させ、お客様の生産性向上コンサルへと進化します。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

売上高

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

営業利益

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

求人詳細に戻る

応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
ページの先頭へ戻る