ヘルステックカンパニー◎会員数400万を誇る自社アプリ開発【スキルチェンジ】Androidアプリエンジニア

正社員

株式会社asken

通過ランク A ランクA以上で面接可能
企業イメージ画像1

企業の特徴

弊社が開発・運営している食生活改善アプリ『あすけん』は、食事を記録するだけでAI栄養士のノウハウが詰まったアドバイスが自動表示される機能がコアとなっており、国内400万人を超える会員数を誇る日本トップクラスのヘルスケアサービスに成長しました。特徴的なのは、バナナやカレー、ヒレカツといった一般的な食材・料理だけでなく、「セブンイレブンのサラダチキン」、「吉野家の牛丼」など10万種以上のメニューの栄養素データを保有していることで、これらのデータを組み合わせ、自動表示されるアドバイスのパターン数は20万以上になります。2016年にはソニー株式会社様と提携し、料理の写真を撮影するだけでメニューを判別する「料理写真判別機能」をいち早く採用するなど、先進技術を積極的に導入しサービスの改善に意欲的に取り組んでいます。また新たな事業展開として医療分野への参入も開始し、益々の成長が期待できるフェーズとなっております。

株式会社askenは、グリーンハウスグループ100%出資子会社として2007年に設立。テクノロジーと栄養士の力で世界中の人々の食生活を改善し、社会全体を健やかにするビジョンを持った急成長中のヘルステックカンパニーです。健康に関わる事業を営む企業として信頼される会社であることを重視しており、少人数組織で急成長事業に取り組むベンチャー企業的な部分がある一方、経営基盤の安定したグリーンハウスグループ子会社である安心もあり、多くの方にとってバランスのとれた働きやすい環境が整っています。社員の平均年齢は30代半ば、男女比は6:4、中途入社が80%を占め、エンジニアは8名と少数精鋭で日々の開発および運用業務にあたっています。社風としては、いわゆる“エッジが立った”雰囲気というよりは、色々な意味でバランスの取れた、多くの人にとって働きやすいと言えます。例えば「絶対に定時に帰らせる」あるいは「毎日、残業して働くのが当たり前」というような、極端なポリシーは持っておらず、月間の残業時間は人にもよりますが概ね10時間程度とワークライフバランスも取りやすいと考えております。

企業情報

事業内容

インターネットを通じた食と健康に関するサービス提供

役員略歴

■ 道江 美貴子
管理栄養士。女子栄養大学栄養学部卒業後、グリーンハウス(100%出資親会社)に入社。これまで100社以上の企業で健康アドバイザーを務める。2007年、「あすけん」の立ち上げに参画し、企画・コンテンツ制作・開発管理などに携わる。現在、あすけん事業統括責任者。 著書「なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?」(クロスメディア・パブリッシング)など。

■ 天辰 次郎
ITベンチャー・外資メーカー・コンサルティング会社での経験を経て、2007年に株式会社asken(旧社名:ウィット)を設立。企画・要件定義・マーケティング・事業計画策定などを幅広く担当し、現在は主に経営戦略立案・アライアンス・海外展開・データサイエンスなどの分野を担当。ヘルスケアIT関連のセミナー・カンファレンス等での講演多数。

本社所在地

東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー8F

代表者氏名
代表取締役 中島 洋
設立年月
2007年10月01日
従業員数
30名(2020/05現在)
平均年齢
33歳(2020/05現在)
資本金
1,000万円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主

株式会社グリーンハウス(100%出資)

拠点・関連会社

Asken Inc. (米国)

事業概況

あすけんは、2020年4月24日に会員数が400万人となりました。健康意識の高まりや巣ごもりによるダイエット需要により、利用者が急増しています。特に、新型コロナウイルス感染症の影響が出始めた2020年2月~4月末のアプリのダウンロード数は54万件となりました。「30日間毎日ログインをするユーザー」の数は、2019年の同時期と比較し2.6倍に増加し、アプリで「毎日」食事管理をする人が増えています。人々の意識が高まっている今こそ、「栄養のチカラ」を広く伝える活動を広げていきたいと考えております。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

応募する
(会員登録する)
目次
ページの先頭へ戻る