通過ランク:B

株式会社asken

株式会社askenは、栄養学の知見とAIをかけあわせ「ひとびとの明日を、今日より健康にする」ことをミッションに、下記の事業を展開するヘルステック企業です。

・国内個人向けサービス:国内最大級AI食事管理アプリ『あすけん』の開発・運営
・医療機関向けサービス:病院での栄養指導の一助として、あすけんの食事記録と管理者向けシステムの提供
・法人向けサービス:企業の従業員の食生活改善、市民の健康増進などを目的とした、あすけんの団体向け利用
・海外個人向けサービス:北米でのスマホアプリ『Asken Diet』の開発・運営。

株式会社グリーンハウスが100%を出資するグリーンハウスグループ子会社として2007年に設立しました。グリーンハウスは創業70周年を超える大手コントラクトフードサービス企業で、受託運営している社員食堂・店舗数は全国2500を超え、管理栄養士/栄養士は1500人以上が在籍。食堂クライアントへの健康支援を中心に、栄養指導の分野では30年以上の実績を持っています。弊社はこのノウハウをITサービスに拡張し、社会の健康課題を解決するという理念から設立されました。

そして現在、『あすけん』は、iPhone/Android双方のアプリストアにおけるヘルスケアカテゴリー部門で、長期にわたり売上上位を継続しているアプリで、2016年11月にはカナダをはじめとした北米への展開もスタートさせています。また、2022年4月現在、国内700万人を超える会員数と収益を誇る日本トップクラスのヘルステックカンパニーに成長し、今後も事業及び組織拡大を目指し邁進しています。

事業内容

株式会社askenは、栄養学の知見とAIをかけあわせ「ひとびとの明日を、今日より健康にする」ことをミッションに、下記の事業を展開するヘルステック企業です。

・国内個人向けサービス:国内最大級AI食事管理アプリ『あすけん』の開発・運営
・医療機関向けサービス:病院での栄養指導の一助として、あすけんの食事記録と管理者向けシステムの提供
・法人向けサービス:企業の従業員の食生活改善、市民の健康増進などを目的とした、あすけんの団体向け利用
・海外個人向けサービス:北米でのスマホアプリ『Asken Diet』の開発・運営。

株式会社グリーンハウスが100%を出資するグリーンハウスグループ子会社として2007年に設立しました。グリーンハウスは創業70周年を超える大手コントラクトフードサービス企業で、受託運営している社員食堂・店舗数は全国2500を超え、管理栄養士/栄養士は1500人以上が在籍。食堂クライアントへの健康支援を中心に、栄養指導の分野では30年以上の実績を持っています。弊社はこのノウハウをITサービスに拡張し、社会の健康課題を解決するという理念から設立されました。

そして現在、『あすけん』は、iPhone/Android双方のアプリストアにおけるヘルスケアカテゴリー部門で、長期にわたり売上上位を継続しているアプリで、2016年11月にはカナダをはじめとした北米への展開もスタートさせています。また、2022年4月現在、国内700万人を超える会員数と収益を誇る日本トップクラスのヘルステックカンパニーに成長し、今後も事業及び組織拡大を目指し邁進しています。

役員略歴

■ 道江 美貴子
管理栄養士。女子栄養大学栄養学部卒業後、グリーンハウス(100%出資親会社)に入社。これまで100社以上の企業で健康アドバイザーを務める。2007年、「あすけん」の立ち上げに参画し、企画・コンテンツ制作・開発管理などに携わる。現在、あすけん事業統括責任者。 著書「なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?」(クロスメディア・パブリッシング)など。

■ 天辰 次郎
ITベンチャー・外資メーカー・コンサルティング会社での経験を経て、2007年に株式会社asken(旧社名:ウィット)を設立。企画・要件定義・マーケティング・事業計画策定などを幅広く担当し、現在は主に経営戦略立案・アライアンス・海外展開・データサイエンスなどの分野を担当。ヘルスケアIT関連のセミナー・カンファレンス等での講演多数。

本社所在地

東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー42F

代表者氏名
代表取締役 中島 洋
設立年月
2007年10月01日
従業員数
41名(2022/04現在)
平均年齢
36歳(2022/04現在)
資本金
1,000万円
株式公開

未公開

外部資金/調達額
主要株主

株式会社グリーンハウス(100%出資)

拠点・関連会社

Asken Inc. (米国)

事業概況

【事業について】
現在、AI食事管理アプリ『あすけん』は、ダイエットを目的に利用を始めるユーザーが大半を占めます。が、『あすけん』が目指すのは、ユーザーのライフステージの変化に寄り添い、健康で豊かな人生の実現をサポートすること。食事記録の習慣化を後押しし、長く継続して使い続けていただけるよう、機能追加や改善に向けた開発スピードを加速していきたいと考えています。

現在の利用ユーザーはダイエットを目的とする20代〜40代の女性がボリューム層となりますが、最近では筋トレと合わせて利用を始める30代〜40代の男性ユーザーも増加傾向にあります。現在も700万人という多くのユーザーに利用していただいていますが、将来的には老若男女あらゆる年代のユーザーに、ダイエットや筋トレのほか健康管理など、さまざな目的で活用してもらうことを目指しています。
よって、対象となるユーザーは健康を願う全ての人。健常者はもちろん病気治療中の方へのサービス提供や、海外展開も視野に、現在事業を推進しています。

今年、創業15周年を迎えるaskenは、創業当時から栄養士の知見をDX化することをテーマにサービス開発を進めてきました。『あすけん』はヘルスケア領域の老舗アプリとして、膨大なデータと栄養学のナレッジを保有していることが最大の強みです。
ユーザーへよりパーソナライズされたアドバイスを提供できる、最も信頼のおける唯一無二のヘルスケアアプリとして進化成長を目指しています。

【あすけんについて】
■写真を撮るだけ!かんたん食生活改善アプリ
あすけんはダイエットしたい・健康になりたいという方のための食生活記録・改善アプリです。食事画像判別AIなどにより食事の写真を撮るだけでも食生活を記録・栄養計算ができます。

■管理栄養士のノウハウが詰まったAI
食事を記録すると、すぐに栄養計算・アドバイスが表示されます。食生活改善のプロフェッショナル管理栄養士のノウハウとAI技術を組み合わせたアドバイスがユーザーの行動変容を促します。

■楽しいから続けられる!継続を促す仕組み
ユーザー同士が励ましあうダイアリー、管理栄養士からの励ましが届くチア(応援)メールなど、食生活の改善を続けてもらう、習慣化を促す仕組みが盛りだくさんです。

【大切にしていること】
■お客さまの健康のために真剣であり続ける
私たちの周りには「健康」にまつわる情報が溢れています。
情報が多すぎて、何をすれば良いのかわからない、というお客様の声もあります。
健康づくりに大切なことは、まずは規則正しい生活とバランスの良い食事をするというシンプルなこと。
目新しさで注目を集めるためではなく「本当にお客様の健康のためになるか」という視点をスタッフ全員が持ち、科学的な根拠を踏まえて判断基準にしています。

■自らが健康であるように努める
食生活・運動習慣・睡眠は仕事のパフォーマンスに影響します。
成果を出すためにも生活を整える意識をし、健康サービスを運営するメンバーとしてスタッフ自身がまず健康であるように努めています。

■自発的に能力や意識を高め続ける
askenが創業した2007年から、世の中は大きく変化しました。
これからも事業環境の変化をいち早く察知し、適応し、進化し続けなければなりません。オープンに話し合う風通しの良い文化を育て、課題に気づき解決する能力を持った組織になるために、働く一人ひとりが自分自身の能力や意識を高め成長する組織を目指しています。

事業構成比

通過ランク:B
目次