通過ランク:B

【Vue.js/残業無し/副業可】住宅ローンを誰もが有利な条件で借り入れできる世界の実現に挑戦しませんか?

正社員

株式会社MFS

企業イメージ画像1

"個人家計の最大支出である住宅ローンを最先端のFinancial Technologyで効率化する"

今、AI などテクノロジーは劇的に進歩しています。その一方で、住宅ローンはユーザーに負担を強いるプロセスが多く、課題が山積みです。
デジタルの時代なのに申し込みは未だに紙・郵送・ファックス。自分がどの銀行の審査に通るかわからないため、審査に通る銀行の中で最も有利な条件のローンを選べない、など。
住宅ローンは35年と返済期間が長く、少しの金利差でも何百万円も支払額に差が出ます。にもかかわらず、不動産会社などに勧められるまま提携ローンを借りる人や借り換えのチャンスに気づかず高い金利を返し続ける人が多いのが現状です。
そうした"アナログ"な住宅ローンを"デジタル"に変革したい、そしてユーザーに正しい住宅ローンの情報を提供し、最適な住宅ローンを選べるようになることを目標に掲げています。

テレビや新聞、雑誌等、様々なメディアにもとりあげられております。
・2020年6月30日 日本経済新聞朝刊、日本経済産業新聞に掲載
・2020年 働きやすい会社ランキング選出
・2019年8月22日 日本経済産業新聞「住宅購入、縁の下のAI」に掲載
・東洋経済(16年7月23日号)で、「すごいベンチャー100」に選出
・日経トレンディ(16年11月号)マネー部門大賞を受賞
・TechCrunch http://jp.techcrunch.com/2016/06/30/mfs-raises-200m

◆働き方に対する当社の考え方
「時間より質」と「裁量」を重視しており、労働時間ではなく、質・アウトプットで評価されるべきだと言う組織風土です。また、その質・アウトプットを保つために必要な権限・裁量・報酬は十分に与えたいと考えています。
より良い社会に貢献したいという方、 成果を実感しながらPDCAを繰り返し、会社の成長の原動力として活躍したいという方のエントリーをお待ちしております。

企業イメージ画像2

日本初のFinTech拠点である東京・大手町の「FINOLAB」に移転(2018年6月)

企業イメージ画像3

fintech協会主催のピッチイベントにてモゲパスが審査員特別賞を受賞しました!(2020年11月)

事業内容

MFSはクレジット分析に強みをもつフィンテック企業です。主に住宅ローンと不動産投資ローンの領域でサービス展開しています。

◆  1. 住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」

住宅ローンはリテール金融のコア商品であり、残高900万件・180兆円にものぼる超巨大マーケットです。しかし、残念ながら半数の450万名が最適な住宅ローンを選べておらず、割高な金利を払っているのが実態です。

それを解決するため、全国の主要な金融機関から最適な住宅ローンを選べる住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」を提供しています。利用者は3万名以上です。また、2021年1月から「銀行に申し込む前に、どの銀行の審査に通るかがわかる」融資承認確率の判定サービスも提供しています。

また、物件探しユーザー向けに、住宅ローン借入可能額証明書「モゲパス」サービスも提供しています。マイホーム購入予算を把握できます。
最終的には、「家を買う前に最も有利な条件の住宅ローンがオファーされ、買う家を決めると同時に審査結果が出て借り入れ手続きが完了する」 、そんな不動産と金融が融合した未来の実現を目指します。

日本経済新聞朝刊(18年1月17日) /日経トレンディ(16年11月号)マネー部門大賞を受賞 /東洋経済(16年7月23日号)すごいベンチャー100に選出

◆  2. 不動産投資サービス「モゲチェック不動産投資」

不動産投資は不動産投資家と不動産会社/金融機関との間の情報格差が大きい市場です。その情報格差を解消し、収益を上げやすい環境を投資家に提供するため、下記サービスを運営しています。
・バウチャー:職業や年収等からリスク許容度を判定し、無理のない借入可能額がわかるサービス
・不動産投資ローン借り換え:利回りアップのため、金利の低いローンへの借り換えをご案内
・売却査定:買取査定と仲介査定の2種類を提供
・ダッシュボード:保有物件の詳細キャッシュフローを分析

ダッシュボード→バウチャー→借り換え→売却査定と、投資サイクルに沿った形でサービス設計しており、会員登録する不動産投資家数が増加中です。現在は1万名を超えています。今後は会員数を10倍以上に伸ばし、不動産投資におけるプラットフォームを目指します。

役員略歴

中山田 明 / CEO
1999年
ベア・スターンズ証券会社にて日本初の住宅ローン証券化を担当
2000年
新生銀行にて総額5,000億超の住宅ローン証券化を主導、グッドローン社(現アルヒ株式会社)より日本初の住宅ローン購入プログラムを組成、楽天とJVで住宅ローン会社(楽天モーゲージ)を設立
2011年
SBIモーゲージ(現アルヒ株式会社)入社
2012年よりCFOを歴任
2014年10月よりMFS代表

東京大学経済学部卒
-----------------
塩澤 崇 / COO
2006年
モルガン・スタンレー証券株式会社にて住宅ローン証券化ビジネスに参画。モーゲージバンクの設立やマーケティング戦略立案、当局対応を担当
2009年
ボストン・コンサルティング・グループ入社。メガバンク・証券・生保の国内営業戦略・アジア進出ロードマップ等の経営コンサルティングに従事
2015年9月よりMFS取締役COO

東京大学大学院情報理工学系研究科修了
-----------------
平山 亮 / CFO
2007年
野村證券株式会社入社。投資銀行部門においてM&Aアドバイザリー業務、資金調達業務、財務部門において管理会計業務に従事
2019年
BHI株式会社にて取締役CFO就任。資金調達、上場準備、業務提携等を推進
2020年
MFSに参画

慶應義塾大学商学部卒
Babson College F.W. Olin Graduate School of BusinessにてMBA取得

本社所在地

東京都東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB

代表者氏名
代表取締役社長 中山田 明
設立年月
2014年10月01日
従業員数
34名(2020/11現在)
平均年齢
--
資本金
1億円
株式公開

未公開

外部資金/調達額

あり

主要株主

- 経営陣
- YJキャピタル株式会社
- ゴールドマン・サックス
- 株式会社オプトベンチャーズ
- 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
- マネックスベンチャーズ株式会社
- 株式会社電通国際情報サービス
- 株式会社電通イノベーションパートナーズ

主要取引先

- GA technologies
- 三菱地所レジデンス
- 住友林業
- じぶん銀行
- イオン銀行
- 新生銀行

事業構成比
閲覧するには 会員登録(無料) または ログイン をしてください。
通過ランク:B
応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
応募には会員登録が必要です。