通過ランク:B

ラクスル株式会社

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

株式会社ラクスルは印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」、コーポレートITのプラットフォーム「ジョーシス」の4つの事業を展開している企業です。

創業当時から「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンを掲げ、デジタル化が進んでいない伝統的な産業にインターネットを持ち込み、産業構造を変え、世の中に大きなインパクトを与えていきたいと考えています。その一環として、日本で培ったノウハウを海外に展開するべく、インドネシアの印刷スタートアップへの投資もおこないました。

日本にはまだデジタル化されていない産業がたくさんあります。今後、現在展開している4つの事業のほか、新たな伝統産業にも事業を展開していく予定です。

ラクスルは、人々の生活のベースとなる産業をアップデートしていくことで、世界を変えていきたいと考えています。

ラクスルでは、1人で悩まない/思考停止しないような環境づくりを意識した開発体制を整えています。

・4~8名程度の多種多彩なメンバーで構成された「スクラムでの開発」・ドメイン知識の共有や属人性排除を目的とした「ペアプログラミング」・PdMやデザイナーも参加し、開発を進める「モブプログラミング」

さらに、「学びを楽しく思うこと」を大切にするための成長の機会として、

・普段の開発を1週間止めて、エンジニアが自由にプロダクトを開発する「Raksul Hack Week」・印刷工場などパートナーやユーザーの現場に赴き、現場から学ぶ「現場観察 / ユーザー調査」・新しい技術の導入の相談、開発上での相談、成果物の共有等、さまざまな技術ディスカッションをおこなう週次の「エンジニア向け勉強会」などの仕組みを整えています。

「Raksul Hack Week」からは、成果物からプロジェクトとして実際に世にでたシステムも存在しています。

1日の大半を過ごすオフィスは居心地のよいものでなければいい仕事はできません。ラクスルには天井高12mの『空中庭園』があります。『空中庭園』というテーマの根底にあるのが「オフィスの快適さがクリエイティブな発想を生む!」という想いです。ラクスルが大切にする「クリエイティビティ」とは、たとえば人との対話や、時間や季節の移ろいを感じるなど、五感の刺激によって生み出されるものだと考えています。

さらに、仕事も大切ですが、家庭や自分のための時間も大切にしてほしい。そんな思いから、仕事とプライベートの調和を図れる各種制度を用意しています。出社とリモートワークをかけ合わせた「ハイブリットワーク」の導入/フレックスタイム制/兼業許可制度/サンクスホリデー制度(勤続年数にあわせた特別休暇)/出産&育児休暇制度などがあり、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を選択することが可能です。

事業内容

印刷事業の「ラクスル」はもちろん、物流分野のDXを目指す「ハコベル」、TVCMの効果測定を実現し業界のパンドラの箱を開けた「ノバセル」、入社から退社までのPC調達やSaaSのアカウント管理を一気通貫におこなえる「ジョーシス」と全部で4つの事業が現在立ち上げっており、他の伝統産業にも事業を展開をしていく準備も進めています。

・ラクスル事業:印刷・広告のシェアリングプラットフォーム
・ハコベル事業:物流のシェアリングプラットフォーム
・ノバセル事業:広告のプラットフォーム
・ジョーシス事業:コーポレートITのプラットフォーム

役員略歴

■代表取締役社長CEO
松本 恭攝
・慶應義塾大学商学部卒
・A.T.カーニーを経て2009年9月に当社設立
・印刷業界の遊休資産を活用する「シェアリング・エコノミー」というビジネスモデルを確立

■取締役CFO
永見 世央
・慶應義塾大学総合政策学部卒
・米国ペンシルバニア大学ウォートン校MBA修了
・みずほ証券、カーライル、ディー・エヌ・エーを経て、2014年4月に当社入社
・金融・投資会社を通じて幅広い知見を有しており、財務戦略全般に精通

■取締役CMO / ノバセル事業本部長
田部 正樹
・中央大学文学部卒業後、丸井グループ、テイクアンドギヴ・ニーズを経て2014年8月に当社入社
・テレビCMを中心とした新規顧客獲得とデータドリブンなCRMによるリピート率の安定化を得意領域とし、プロモーションだけでなく、4P戦略全般を管掌

■取締役CTO
泉 雄介
・ニューイングランド音楽院作曲科卒業後、モルガン・スタンレー証券(現モルガン・スタンレーMUFG証券)で主に債権関連商品の取引システム開発に従事した後、ディー・エヌ・エーを経て2015年10月に当社入社
・主に技術部門全般を管掌

■取締役COO / ラクスル事業本部長
福島 広造
・慶應義塾大学理工学部卒業後、フューチャーアーキテクト、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)を経て、2015年7月に当社入社
・経営計画、生産管理や事業部支援などに携わっている

■取締役CPO
水島 壮太
・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科卒業後、日本IBM、ディー・エヌ・エーを経て2017年10月より入社
・CPO兼印刷事業のプロダクトオーナーとして従事し、ラクスルベトナム、デザイン推進室の立ち上げを行い、プロダクト開発を牽引
・2021年より⼀般社団法⼈ ⽇本CPO協会理事、デジタル庁CPOに就任

本社所在地

東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F

代表者氏名
代表取締役社長 松本 恭攝
設立年月
2009年09月01日
従業員数
399名(2021/07現在)
平均年齢
34歳(2022/04現在)
資本金
24億5,284万円
株式公開

東京証券取引所プライム市場

外部資金/調達額

7,880百万円

主要株主
拠点・関連会社

【拠点】
・京都オフィス
京都府京都市下京区四条通堺町東入立売中之町100-1 四条KMビル4F
・ベトナムオフィス
Floor 4th to Floor 6th, IMC Media Tower, 62 Tran Quang Khai Street, Tan Dinh Ward, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
・インドオフィス
1st & 2nd Floor, IBIS Hotel, Hosur Road, Bommanahalli, Bengaluru – 560068

事業構成比
売上高

2021年7月期 30,261百万円
2020年7月期 21,494百万円
2019年7月期 17,168百万円
2018年7月期 11,174百万円

営業利益

2021年7月期 220百万円
2020年7月期  △244百万円
2019年7月期 143百万円
2018年7月期 93百万円

この求人の募集は終了しています

求人詳細に戻る

通過ランク:B
目次