集まれ農耕型民族!キャリアパス重視★スマホアプリ・Webシステムに強い会社で希望のPJにチームでジョイン!

正社員

株式会社三恵クリエス

通過ランク B ランクB以上で面接可能
企業イメージ画像

企業の特徴

【◎農耕型民族タイプが実力を発揮する環境◎】

★「Webシステム開発/SES(大規模PJ)/自社サービス」希望のキャリアに合わせてスライド可能な3つの事業ドメイン★
★創業29年目!コツコツ固めた基盤があるから挑戦できる!長いスパンで成長できる企業!
★「ウーマンエンパワー アワード2017」において「奨励賞」を受賞!働きやすさの推進を重要な指標として進めています!

株式会社三恵クリエスは、業務用システム、スマートフォンアプリ、自社サービスなどの開発を手がけている企業です。

チーム単位で大規模プロジェクトに参画するSES、スマートフォンアプリの受託開発、そして自社サービスの3事業で構成されており、
現状は受託開発の比率が高いですが、会社の基盤を整えつつ、今後は自社サービスの比率を徐々に上げていく予定です。

スマートフォンアプリ開発では、推定500万超のユーザーを抱える某キャリアの公式アプリを開発しています。
少数精鋭チームで一大プロジェクトを遂行できているのも、長年のノウハウで積み上げてきた高い技術力があってこそ。
これまでも、さまざまな大規模プロジェクトに携わった実績があります。

弊社では、社員の成長を願い、社員のためになる組織作りにまい進しています。

【制度の一例をご紹介◎】
★教育研修休暇制度:有休を使わずに平日の技術イベントやセミナーに参加できます◎
★時間単位有休制度:1時間ごとに有休取得が可能!フレックスとうまく組み合わせて有休の効率的な取得を推薦しております。
★オリジナル試験制度:社員による社員のためのオリジナル試験を運用。JavaやSQL等、レベルごとに自分自身のスキルチェックが可能です!
★ナレッジマネジメントPJ:社員同士のノウハウを蓄積すべく、社内ナレッジ共有ツールを運用中!!

「こんな制度があったらいいな~」はまず発信してみる⇒すぐに社長へ届き検討対象へ。
少数精鋭チームだからこそ、「一緒に会社を創る」面白さがあります。

28期では過去最高粗利益を達成し、着実に大きくなっている三恵クリエス。
「ないのであれば作ればいい」
「時代が変わったのなら、時代に合わせて変わればいいだけ」
「他責ではなく、まずは自責」
「目先のことではなく、3年、5年、10年後を考える」

そう考える人が多い会社です!!

応募する(会員登録する)

会社情報

事業内容

★希望のキャリアに合わせてスライド可能な3つ開発グループ★
三恵クリエスでは会社の掲げるVisionである「『出会えてよかった』と言われるNo.1の企業になる」を3つの事業を通して目指します。

①大規模開発グループ
→チーム体制での常駐で主に業務基幹システム(Webシステム)開発に携わっていただきます。
 ◎社会的価値の高さ!→日本全国で使われているような社会的インフラを支えるシステムの開発です。
 ◎すでに長年の信頼関係ができた現場で、チーム体制によるイニシアチブをとった開発が可能。
 ◎官公庁向けのシステムや、某人材派遣会社の基幹システムなどに上流~下流あらゆるフェーズで関われます。
 ◎「高い商流」「チーム」「長期で築く信頼関係」をベースにしておりますので、いわゆる「SES」のイメージとは異なると思います。
 
②請負・新技術グループ
→スマホアプリ開発(iOS/Android)を主軸として、元請としてシステム開発全般を担います。
 ◎ユーザー数500万人以上の有名通信キャリア公式アプリをはじめ、多種多様なお客様のニーズに合わせたスマホアプリ開発に携わっていただきます
 ◎iOS/Android共に10年以上の開発実績を持つテックリーダーが在籍。スクラム開発をベースに「高速にカイゼン」を文化とします
 ◎スマホプリ開発の「次」となる柱の技術選定も担うグループで、勉強会や研修も積極支援!

③自社サービスグループ
→弊社の掲げるVISION(自由な働き方etc)の要となるグループであり、今後もっとも注力を予定していくグループです
 ◎現在リリース中の自社サービス「PCM」(先制施工型マネジメントシステム)に継ぐ、自社サービス2本目の開発に携わっていただきます。
 ◎本格始動は2019年夏以降~、会社としての投資グループです(現在は投資金額を①②の領域で募っており、企画からスタートします)
 ◎将来的にはマーケティング、UI/UXデザイナー、アーキテクチャーなど専任職種を拡げ、
  メンバーの志向性に合わせたキャリアパス実現の要とする構想です。

今、不確実性の高い世の中で、私たちは社会における会社の価値、個人における会社の価値、どちらも高みを目指していこうと考えています。
少数精鋭で3つのグループを回している理由は主に2つ。

1.会社の利益を安定させ、社員の給与面、生活面、心理的な幸福面を支援する
2.複数の職種キャリアパスを用意し、社員の節目における「自分が活かせる場所」「やりたい仕事」を叶える

三つの柱に会社の資産をバランス良く配置し、時代や社会情勢の変化に応じて、 柔軟に方向転換できることが当社の経営の強みです。
今後は更に三つの柱を強化し、専門領域を深めて、相乗効果を図りながら事業拡大を目指していきます。

本社所在地

東京都目黒区東山3-15-1 出光池尻ビル4F

代表者氏名 代表取締役 木幡 勝弘 設立年月 1991年07月24日
従業員数

48名(2019/07現在)

平均年齢

29歳(2019/07現在)

資本金

1,000万円

株式公開

未公開

外部資金
調達額
主要株主
事業概況

【超有名キャリアの公式メインアプリやBtoB業務用Webシステムを開発しています】

スマートフォンアプリ開発においては2009年のスマホアプリ黎明期から着手を始め、
ここ10年間で売り上げを40倍以上に延ばしてまいりました。
現在、だれでもご存知の某通信キャリアの公式アプリをいくつか受注し、社内受託開発のメインとなっております。

また、最近はWebシステムとスマホアプリをセットでご発注いただく機会が多く、売り上げは順調に伸びているものの、
期待の多さに対し、人手が足りなくなってきている現状です。

弊社のメイン事業は受託でのシステム開発ですが、将来的に自社サービス開発を拡大していきたい狙いがございますので、
企画、マーケティングなど、これまで培ってきたノウハウで様々なチャンスに挑戦できる環境がございます。
また、人財の育成や会社の幸福度を継続的にはかるHRG(ヒューマンリソースグループ)も立ち上がったため
エンジニアの育成を担当していただく「専任教育者」的なポジションでの採用も行っております。

★これまでの経緯
リーマンショックまではSES形式を中心に回していましたが、仕事の取り方がSES形式だけでは会社にノウハウが残らないことや、
今後様々な社会情勢の変化に対応できないことを実感し、二本目の柱として、社内受託開発を始めました。
受託開発をスタートするにあたっては、強みをつくるため
まだアプリ開発会社が少なかった頃にアプリの事業部を立ち上げ、営業の流れをつくったところ
非常に多くのお客様より引き合いをいただき、お蔭様で、今では弊社の主力事業です。

ただし、10年後、スマホアプリはあるのだろうか。
答えは結構怪しいと思います。
10年前にスマホアプリに着眼し、一歩先の実績をつくってきた私たちは、すでに10年先を見越して
「次なる強み」をつくっていきます。

また、3本目の柱として自社サービス「PCM」を2013年にリリース。
今後は二本目、三本目の開発に着手する準備を進めており、2019年7月以降から専任者をたて、本格始動しております。

◎【OKR/CFR】
あっという間に駆け抜けてきた29年間、ふと気づくと社員数も50名近く増え、
一人ひとりのベクトルと、会社のベクトルが揃っているかどうかが曖昧になってきました。

「会社に必要なのは「今、会社は何をすべきか」の『フォーカス』と、「全員が同じ想い、同じ方向を共有しているか」の『アラインメント』だ。」

CTOの言葉を受け、三恵クリエスは2019年4月から大きく体制を変え、
その体制を強くするためのフレームワーク、『OKR』と『CFR』を取り入れました。

OKRは、野心的な「目的(Object)」と、達成のための「主要な結果(Key Result)」を【会社/部門/現場/個人】ごとに設定し、
個人の成果が現場の成果となり、現場の成果は部門(グループ)の成果になり、部門の成果は会社の成果となる・・・
そんな会社になるために欠かせないものです。

透明性があり、自分の毎日の頑張りを頻繁にフィードバックしてもらえる。
自分から上司や役員にだって提案、フィードバックができる。
互いに賞賛し、ピアトゥピアの文化が根付いている。
自分の成長がそのまま会社の成長を押し上げている。

三恵クリエスはそんな文化を継続的に醸成してまいります。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

売上高

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

営業利益

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

企業イメージ画像2

500万人超ものユーザーが使う某キャリアの公式アプリを手がける弊社。スマートフォン・タブレットに強い企業100にも選ばれている。

企業イメージ画像3

会社は「賞賛文化」を大事にしています。開発中に感謝することがあれば見える化して、MVPを決めたり、ワイワイ楽しみながら仕事をしています!

ページの先頭へ戻る