ポケモンを生んだゲーム会社◎スキルを活かしてゲーム開発【C言語/C++】ゲームプログラマ

正社員

株式会社ゲームフリーク

Icon c Icon cpp
通過ランク A ランクA以上で面接可能
求人イメージ画像1

企業の特徴

◆世界販売数2億100万本◎「ポケットモンスター」を生み育てたクリエイター集団
株式会社ゲームフリークは1989年に設立。ゲームソフトの企画・開発を手掛けるゲームクリエイター集団です。設立以降、家庭用ゲーム機器のゲームソフトを手掛け、世界で一番売れているRPG「ポケットモンスター」シリーズを生み出した会社です。1996年にリリースされた「ポケットモンスター」は2016年2月時点で、世界で累計2億100万本以上が売れています。幅広い層のファンを獲得し、携帯ゲーム機の市場に変革をもたらしました。

◆常に新しい遊びを発信する◎随時複数のプロジェクトチームが始動
弊社では、既存のヒット作の上にあぐらをかくのではなく、常に新しい遊びを発信していく拘りがあります。新たな柱を打ち立てるための施策、「ギアプロジェクト制度」は、社員自らが手を挙げて、自身で企画したゲームを開発したプロジェクト。「ポケモン」を超えるようなゲームの開発を目標としています。これまでのゲームソフト、ジャンルやハードなど、現状にとらわれることなく、誰も予想していなかった新しい『遊び』を創り上げていくことを目指し、社内では複数のプロジェクトが進められています。

◆「面白いかどうか」が最大の価値。スタッフ全員の力でゲームを創る
弊社開発スタイルにおける特徴は、個人の裁量の大きさが挙げられます。仕事の組み立て方や進め方、工夫の仕方などについても、個人に任せています。「面白いかどうか」に最大の価値を置き、全てのスタッフが総力を挙げて開発に取り組むのが弊社の強みです。必ずしも開発の重要な部分を古株が担うわけではなく、意欲や実力次第では誰にでも活躍するチャンスが開かれている。入社2年目の社員の考案したポケットモンスターが、映画の主要ポケモンに起用された事もあります。

応募する(会員登録する)

求人概要
ポジション ゲームプログラマ
提示年収
400万 〜 600万円
開発環境
言語
環境
データベース
プロジェクト管理
支給マシン
開発手法
開発内容タイプ
その他
  • 閲覧には無料登録/ログインしてください。
  • 無料登録
  • ログイン
求人イメージ画像2

どういったキャリアアップをしていきたいのか明確に強い思いを持っている人を、教育制度・評価制度でバックアップ。

求人イメージ画像3

活発に意見を交わし、「この遊びは楽しいのか」「もっと楽しくするにはどうすればいいのか」を突き詰めていく。

この求人の募集要項

ポジション ゲームプログラマ
特徴
職務内容
「ポケットモンスター」を生み出したクリエイター集団にアナタもジョインしませんか!?

ゲームプログラマとして、ゲーム制作におけるプログラミング全般に携わって頂きます。
「ギアプロジェクト制度」という制度を通じて、自身で提案したゲームを制作することも可能です。その場合はハード・言語の制限もありません。

◆募集背景
開発体制強化のための増員

応募要件
必須要件

・C++、C#、Javaで開発実務経験のある方
・オンラインゲームでの、クライアントまたはサーバ開発の業務経験

求める人物像

・自律的に業務に取り組み、自身の技術を向上させることができる方
・新しいことにチャレンジしていきたい方
・自身の意志を正確に周囲に伝えられる方

募集人数 若干名 配属部署人数 --
給与体系・詳細

※能力、経験等を考慮し決定いたします。

想定年収 400万 〜 600万円
勤務時間 11:00~20:00(フレックスあり) 休日休暇

・土日
・祝祭日
・夏期休暇
・冬期休暇
・有給休暇
・慶弔休暇 等

諸手当

・休日出勤手当
・通勤交通費 等

インセンティブ

賞与 年2回 ※業績により別途決算賞与あり

昇給・昇格

あり

保険

各種社会保険完備

試用期間

試用期間3ヶ月

選考フロー

paiza

面接(数回)

内定

勤務地

勤務地
東京都世田谷区太子堂4丁目1番1号 キャロットタワー
最寄り駅

・東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩2分
・東急世田谷線「三軒茶屋」駅より徒歩1分

この求人に応募するには、まず 会員登録(無料)が必要 です。

応募する(会員登録する)

開発環境の詳細情報

開発部門の特徴・強み

組織構成 Appbar.lock

配属部署 開発本部
配属上司経歴 Appbar.lock

平均的なチーム構成 Appbar.lock

開発手法・開発の仕組み

その他開発環境 Appbar.lock

主な開発実績

技術向上、教育体制

エンジニア評価の仕組み Appbar.lock

ページの先頭へ戻る