EN:TRYとは

EN:TRYは、コードを書いて書類選考なしで面接・カジュアル面談に進める まったく新しい形のコーディング転職サービスです。
開発実務未経験でもチャレンジできる求人を中心に掲載しており、 たとえば「未経験だけどこれからITエンジニアを目指したい!」
「もっと本格的に開発経験を積みたい!」という思いをかなえます。

プログラミングスキルチェックの対応言語は、 Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift、Kotlin に対応しており、問題では実務に近いプログラムを書いていただきます。

プログラミングスキルチェックで書いたコードは面接時に企業にも渡されるため、
どういった点を考えて書いたかなどを話すだけでも自己PRになります。

また、プログラミングスキルチェックを受けるだけでも、現在の自分の実力を知ることができます。

EN:TRYは、実務経験が少ない方向けのIT/Webエンジニア求人を集めた転職サイトです

ここがすごい! プログラミング力を
企業にアピール
「プログラミングスキルがあるけど実務経験がない」という方でも大丈夫。プログラミングスキルチェックを受けて、エンジニアに必要なスキルを持っていることを企業に証明できます。
ここがすごい! スキルがあれば
応募可能な求人が増える
プログラミングスキルチェックで一定の成績をとれば、書類選考なしで企業の1次面接・カジュアル面談に進めます。企業が求めるスキルを証明したうえで面接に進むので、未経験の方でもミスマッチが少なくなります。
ここがすごい! 今の技術+
”経験を積みたい技術”で
仕事を選ぶ
実務経験が浅い言語、分野でもコーディングテスト次第でチャンスが広がります。またエンジニア、プログラマの仕事選びに必要な、開発手法、開発環境、利用ツール、評価方法、上司プロフィールを徹底取材しています。
ここがすごい! ITエンジニア未経験からチャレンジ可能な求人充実!
開発実務経験の少ない方が、ITエンジニアとして経験を積める若手チャレンジ求人を中心に掲載!

EN:TRYでの転職活動の流れ

STEP1 登録→STEP2 プログラミングスキルチェック→STEP3 ランク通知→STEP4 応募→STEP5 面接・内定・入社

STEP1
登録
  • EN:TRY無料登録
  • 基本プロフィール登録(必須ではありません)
STEP2
プログラミングスキルチェック
  • 各問題のプログラムコーディング
  • 作成したコードをオンライン提出
STEP3
ランク通知
  • 提出コードを即時実行、ランク判定

    サンプル問題を見る

  • スキルランクに応じて、書類選考なしで応募可能な求人情報をマイページに表示
STEP4
応募
  • 求人情報を見て興味のある求人へ応募
  • 面接日程をメールで調整
STEP5
面接・内定・入社
  • 面接、書いたコードで自己PR(2~3回)
  • 内定・入社

プログラミングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
すぐにプログラミング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定解答時間20分)

会員登録(無料)

EN:TRYをご利用されている採用ご担当者様の声

EN:TRYからの応募者は
技術への関心が高い
チームラボ株式会社 エンジニア 堀江達矢様
(経験が浅い方の採用では)何より技術を学び続けられることが大切だと考えています。EN:TRYやpaiza新卒経由で来る方はプログラミング問題を解いているだけあり、技術のベースがあって、技術への関心が高い方が多いですよね。ランクが高い方は未経験者でも技術的にエンジニアへの適性がある方だと感じます。チームラボグループとしても、まずは技術に興味がある人を採りたいと思っていますから、その点は採用方針と合っているなという印象です。
エンジニアの多くを
paiza・EN:TRYで採用
ZETA株式会社 代表取締役社長 山崎敬之様
もともとそこまで経験を重視していないんです。もちろん経験があってはいけないとは言いませんが、経験者にこだわらないというか、業務経験の有無が決定的な要因ではありません。業務未経験者であれば、ポテンシャルや地頭のよさ、やる気があるかを見て、エンジニアとして活躍できるかを判断しています。paizaのユーザー層との相性がよく、現在もエンジニア採用のおよそ4分の3はpaiza(EN:TRY)から採用しています。

プログラミングスキルチェックの概要

チャレンジ問題

問題は初級、中級、上級から構成。基本構文をベースにしたデータ入出力処理問題から
探索ロジックやツリー構造などのアルゴリズムを使って計算量を効率化させる問題が揃っています。

プログラミングスキルチェック サンプル問題を見る

初級
ランク C/D/E

データ出力系の基本的な実装ができる。

内容
if,for,while,foreach,変数、配列、連想配列、文字列操作、ソートを使って指示通りのプログラムを書けるか。解答スピード、正確性が問われる。
業務レベル
業務システム、Webアプリケーションの運用保守、一部開発ができる。
中級
ランク B/C/D/E

計算量を意識した効率的なロジックを組み立てられる。

内容
指示通りにロジックを組むだけでなく、自分で効率的なロジックを考えだせるか。またツリー構造、探索等を使いアルゴリズムを組めるか。
業務レベル
業務システム、Webアプリケーションの開発をリードできる。
上級
ランク S/A/B/C/D/E

より良いアルゴリズムを設計、実装できる。

内容
O(n²)⇒O(n)の様な計算量、メモリの削減を意識した高度なアルゴリズムが組めるか。問題によっては数学的(確率計算)問題についても問う。
業務レベル
検索エンジン、データ解析、レコメンデーションエンジン、広告配信、大規模ユーザー管理などパフォーマンスが要求される開発や運用、イノベーティブな開発分野に取り組める。
専門領域
ランク S

専門領域の研究、開発ができる。

内容
確率、統計解析、形態素解析、機械学習、グラフィック、ゲーム木、検索等の専門分野の課題が解けるか。
業務レベル
各専門領域での即戦力。

再チャレンジ可能

各問題は制限時間があり、ランクアップへのチャレンジは各問題1度のみ可能。
同じ問題への再チャレンジが可能となっており(※ランクアップはできません)練習をして新着問題へ挑戦できます。
新着問題は毎週追加されます。

プログラミングスキルチェックの対応言語

プログラミング言語はJava、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift、Kotlinに対応。
※一部の問題では選択できる言語が限られます。

自動スコアリング

各問題につき10個のテストケースを入力。負荷試験を実施し、実行速度を測定。また解答速度の観点からもスコアリング。
テスト結果は6段階で評価。面接時はコードを元に話が弾みます。

プログラミングスキルチェック結果によるランク表

ランクS 上位2% 上級100点
高い実装力とアルゴリズムスキル
計算機科学に精通し、処理量を見積もった上で
最適なアルゴリズムを設計、実装するスキルがあります。
ランクA 上位8% 上級80点
高度な実装スキル
複雑なロジックを限られた時間内で設計、実装できる。
あらゆる実装ができるスキルを持っています。
ランクB 上位30% 中級100点/上級50点
実装スキル
実用的なロジックを時間内に実装するスキルがあります。
ランクC 上位60% 初級100点/中級60点/上級30点
基本的な実装スキル
コードを書く基本スキルがあります。
比較的簡単なロジックであれば時間内に実装できます。
ランクD 初級50点/中級30点/上級10点
基礎知識
プログラミングの基礎知識を学んだ状態です。
実装できるロジックは限定的です。
ランクE 初級0点/中級0点/上級0点
チュートリアル終了
チュートリアル(標準入力での値の取得)終了時に
取得できるランクです。実装スキルは未知数です。

※上記はCランク以上の方の割合の概算数値です。時期等によって割合が変動する場合がございます。

書類選考なしで1次面接、カジュアル面談へ

スキルランクに応じて書類選考なしで応募可能な求人が決まります。応募後、企業にあなたのスキルランクなどの情報が通知されます。

エンジニア目線で取材した求人票

エンジニア、プログラマの仕事選びに必要な、開発手法、開発環境、利用ツール、評価方法、上司プロフィールを徹底取材。

未経験からエンジニアへの転職に成功した方の声

1年間独学して
営業職からエンジニアに
チームラボエンジニアリング株式会社 佐藤魁人さん

旅先のゲストハウスで、偶然出会った外国人のエンジニアに誘われて、アプリの開発に関わりました。みんなでアプリを作ったときに「チームで開発するって面白いな、これを仕事にできたらいいな」と感じました。それがエンジニアを目指すようになったきっかけです。

独学でプログラミングを学び、paizaのスキルチェックを学習度合いの確認のために使い始めました。「そろそろ転職できそうかな」と手ごたえが出てきたころにプロフィールを登録したら、チームラボエンジニアリングからEN:TRYでのスカウトメールをいただいたんです。

最初の面接の段階で、教育体制がしっかり整備されている会社だなと感じました。未経験ということもあって技術面でどうしても不安があったので、着実にスキルアップできる環境だと思えたのはとても大きかったです。

算数の塾講師から
エンジニアへ転職
paiza株式会社 西口将一さん

前職はかなりアナログで、業務をもっと効率化できないかといろいろ調べていくうちに出会ったのがプログラミングでした。プログラミングが習得できれば、教育に関する知見とかけあわせてできることが増え、自分の市場価値も上げられるんじゃないかと考えてその先で転職を考えました。

転職サイトはいくつか利用しましたが、求人票の情報からはどのくらいのスキルが必要とされているのか分かりづらいんですよね。でもEN:TRYは、応募に必要なランクが規定されていて、それを取得してからの応募なので、自信を持って企業選びができました。

あとは、純粋にスキルチェック問題を解くのが楽しいですね。最初は応募のために使っていたのですが、そのうち問題を解くこと自体が楽しくなってきちゃってどんどん解き進めていました。内定をいただいたあとも解いていましたね。

無料でプログラミングスキルチェックを試してみる(登録は10秒!)
すぐにプログラミング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定解答時間20分)

会員登録(無料)

よくあるご質問

paizaを利用すると料金が発生しますか? スキルチェックの受験、求人への応募など全て無料でご利用いただけます。
すぐに転職を考えているわけではないのですが、スキルチェックのために登録することはできますか? できます。スキルチェック問題を解くためだけにお使いの方も多くいらっしゃいます。

よくあるご質問をもっと見る

無料でプログラミングスキルチェックを試してみる(登録は10秒!)
すぐにプログラミング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定解答時間20分)

会員登録(無料)

ページの先頭へ戻る