各言語のバージョン、環境情報

テスト環境

提出されたコードは、下記実行環境にて複数のテストケースでテストを行います。

言語 バージョン Time limit
(seconds)
メモリ制限
(MB)
C clang 3.8 / LLVM 3.8 (C99) 3 512
C++ clang 3.8 / LLVM 3.8 / libc++ (C++14) 3 512
C# mono-4.2.1 (C#5, CLI4.5) 5 512
Java java 1.8.0 5 512
Python2 Python 2.7.12 16 512
Python3 Python 3.5.2 16 512
Ruby ruby 2.3.0 16 512
Perl perl 5.22.1 16 512
PHP php 7.0.8 16 512
JavaScript node v6.3.1 16 512
Objective-C clang 3.8 / LLVM 3.8 / GNUstep 7.7 3 512
Scala Scala 2.11.2 3 512
Swift Swift version 2.2.1 3 512
Go go 1.6 3 512
Haskell GHC 7.10.3 3 512
CoffeeScript CoffeeScript 1.9.3 / nodejs v6.3.1 16 512
Bash GNU bash 4.3.46 3 512
Erlang Erlang R16B03 3 512
R R 3.2.3 3 512
COBOL OpenCOBOL 1.1.0 3 512
VB VB.net 0.0.0.5943 / mono-3.2.8.0 3 512
F# F# 4.0 (Open Source Edition) / mono-3.2.8.0 3 512
Clojure Clojure 1.4.0 3 512
D gdc 4.8.4 3 512
MySQL MySQL 5.7.13 3 512

標準入力と標準出力

各問題では、標準入力から値を読み込み、標準出力で出力された結果を判定します。
各言語でアクセスするための異なる方法がありますが、標準入力と標準出力で最も一般的なメソッドは以下のとおりです。値取得の具体的な例は [値取得・出力のサンプルコード] をご確認ください。

言語 標準入力 標準出力
C scanf(), gets(), getchar() printf(), puts(), putchar()
C++ cin cout
C# Console.ReadLine() Console.WriteLine()
Java Example
Python2 raw_input() print
Python3 input() print()
Ruby gets puts
Perl <STDIN> print
PHP Official Documentation echo
JavaScript stdin console.log

値決め打ちの場合は最初のテストケースしか通過できないため低得点になります。
一度提出すると再度提出する事が出来ないので注意してください。必ずご自分の実行環境でデバッグを行ってから提出してください。
複数のテストケースでテスト致しますので、サンプル入力だけでなく入力値を可変させてデバッグしていただく事をお勧めいたします。

ページの先頭へ戻る