1. paiza転職トップ
  2. IT/Webエンジニア求人情報
  3. 【CTO直下|SaaS立ち上げフェーズ】未来のくらしをつくるソリューションアーキテクト
通過ランク:A

【CTO直下|SaaS立ち上げフェーズ】未来のくらしをつくるソリューションアーキテクト

正社員
求人メインイメージ

▍⼈と⾃然とテクノロジーが穏やかに調和した⼼ゆたかなくらしと社会を創造する|京都発のCalm Techスタートアップ
・mui Labは、Calm Technologyの設計思想と、日本的な余白や佇まいなどの美観をまとった要素を融合させることで、従来の情報テクノロジーの設計において見過ごされてきた、本来的なウェルビーイング、人と自然とテクノロジーが調和した世界観を技術とデザイン力を通じて社会実装していくCalm Techスタートアップです。
・伝統的慣習や美観から得られる自然と共生するあり方をインスピレーションに、ソフトウェアとハードウェアの技術開発を行っています。
・同時に、muiの目指す調和のとれた暮らしを体現するため、「佇まいのデザイン」として、様々なビジネスタイプに応じたソリューションを提供するコンサルティングサービスを行っています。

▍IPO予定あり|2030年にスマートホーム市場におけるデファクトスタンダード、シェアNo.1を実現する
・⼈々の暮らしにmuiボードという道具を届けるところから事業を始め、次第にそれは暮らしに役⽴つ技術や新しい暮らしに沿った体験を提供するというスマートホームのビジネスへ変化し、さまざまな課題解決を⾏うことで、技術が単なる道具でなく、しっかりと世の中に実装される必需品となるように活動を続けてきました。
・現在は、muiボード、muiセンサーなどのIoT/ハードウェアから、スマートホームのDXを推進するようなwebアプリケーション開発(mui Smart Living)、muiクラウド、Calm UIなどのソフトウェアを一気通貫で提供しています。
・mui Labのプロダクトが未来のくらしにとけこみなじむデファクトスタンダードとなることを目指しています。

▍スマートホームのシェアNo.1によるカーボンニュートラルの実現|2050年の社会課題にも挑戦
・スマートホームと密接に関連してくるのが、カーボンニュートラルです。気候変動の原因となっている温室効果ガス、CO2の排出が問題視されており、社会全体での取り組みは勿論、個人レベルでの取り組みも今後重要性が増えていきます。
・⾃然と⼈が調和する暮らしを技術の⼒を借りて適切に、分断ではなく調和をおこなっていくことが必要と考えており、IoTの⼀種であるエネルギーマネジメントの技術を⽤いて適切なエネルギーと⼈の関係 、⼈と⾃然との関係を調和させていくことがmui Labの技術、デザインの能⼒、またビジネスでの解決⼒を⽤いて取り組むべき領域だと考えています 。
・サステイナブルな暮らしを超えて、その先で⽬指すものは、⾃然と調和した暮らしに感じる繊細な⼈の⼼の喜びや、些細なでもそれぞれの家族にとって重要なその時の⼀瞬の笑顔であり、こうした⼼豊かな時間や瞬間の連続を積み重ねたものが「暮らし」と呼ばれる⼈の営みであると考えています 。ホームオートメーションのみにとどまらず、生活者の暮らしのウェルビーイングの実現、そして、エネルギーマネジメント技術を活用した脱炭素社会の実現を目指しています。

職種名
ソリューションアーキテクト
ポジション
ITアーキテクト
ロール
その他
給与(想定年収)
840万 〜 1,020万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務地
京都府
開発言語
JavaScript TypeScript
フレームワーク
Node.js
クラウドプラットフォーム

Amazon Web Services、Firebase

データベース
PostgreSQL、DynamoDB
開発内容タイプ

自社製品/自社サービス、B2C、B2B、業務システム/パッケージ、フィーチャーフォンアプリ、スマートフォンサイト、GUIデザイン開発

特徴
オンライン面談可
募集人数
1
求人イメージ画像2
求人イメージ画像3
必須要件
以下すべてのご経験をお持ちの方からのご応募をおまちしています!
・Web開発(サーバサイドエンジニア) 実務3年以上
・システム設計 実務1年以上
・プロジェクトマネジメント 実務1年以上
選考フロー

カジュアル面談/通常面接(1~2回)

内定

※選考フロー、面接回数は状況に応じて変更になる可能性があります
2027年のIPOに向けてスマートホーム×SaaSの立ち上げをCTO直下で推進

▍採用背景
2017年に創業以来、muiボードを中心にユニークなカームテクノロジーのハードウェアを中⼼とした研究開発によりユニークな競争優位性を築いてきました。
IoTデバイスの浸透は勿論、スマートホーム領域におけるソフトウェアの重要性の増加により、現在ではハードウェア、IoTのみならず、ソフトウェア開発にも注力しています。
自然素材を使用したこれまでにないデバイスの開発だけでなく、業界大手との取り組みを通じて国内でも独自の地位を築いている時期にあります。

2027年のIPOに向けて、スマートホーム向けのSaaSの立ち上げに注力していくフェーズで、CTO直下で、自社SaaSのコアになるシステム設計を任せたく、本ポジションを募集する運びにしました。

今後、数千万世帯に利用される可能性のあるスマートホームのスタンダードを作っていくフェーズです。

▍業務内容
24年はSaaSのマイクロサービス化を進めていく予定です。
- CTOと連携しながらmui Platformの開発戦略に基づいたシステム設計(バックエンド)
- 各開発プロジェクトのシステム設計及び推進
- プロジェクトおよびメンバー管理
- 開発面の顧客折衝

▍開発の進め方
開発チームは案件ごとに構成が異なりますが、事業開発、バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、モバイルアプリエンジニアにデザイナーを加えた構成で4~5人で動くことが多いです。自社プロダクトのハードウェアが絡む場合には、組み込みエンジニアも入り、ソフトウェアのみならず、ハードウェアのインターフェースまで考えます。他のサービスにはない、カームテクノロジーをベースとしたデザインを支えるためのプラットフォーム開発となります。

業務内容の変更範囲
<雇入時>

システム設計及び推進/システム開発関連業務

<変更範囲>

会社の定める業務

開発部門の特徴・強み

▍開発メンバーの裁量
・企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加しています。
・タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行います。
・全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行います。

▍コード品質向上のための取り組み
・本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施しています。
・提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されています。

▍テストの実施度
・ほとんどの機能に受け入れテストを記述、実施しています。

▍アジャイル実践状況
・デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っています。

▍労働環境の自由度
・仕事中、イヤホンの装着が許容されています。
・フレックスタイム制または裁量労働制を採用しています。
・リモート勤務を行うことができます。

主な開発実績

▍初期開発/共同開発(DX)
・スマートホーム特化のクラウド、アプリ開発
・HOMETACT(三菱地所):https://hometact.biz/

▍リカーリング(SaaS)
・⾃社プロダクト化したクラウドサービス、アプリのSaaSプロダクト開発
「muiク ラ ウ ド 」 「kurashiアプリ 」 を中⼼に、エネルギーマネジメントやスマートホーム技術を核とした、顧客接点のDX推進ツールを提供
・mui Smart Living:https://muilab.com/en/products_and_services/muismartliving/
- 顧客への提供価値:mui Kurashi アプリ+muiボード
- 事業者の提供価値:mui Kurashiダッシュボード
・節電DR:https://muilab.com/ja/products_and_services/muidrsystem/

▍IoT/ハードデバイス
・スマートホーム向けデバイスの販売
- muiボード(世界初の木製スマートホームハブ):https://muilab.com/ja/products_and_services/muiboard/
- muiセンサー

技術向上、教育体制

▍ワークフローの整備
・全てのコードをバージョン管理ツールで管理しています。
・各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行っています。
・自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されています。

▍オープンな情報共有
・開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できます。
・チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがあります。
・専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っています。

支給マシン

M2 MacBook Air相当のPCをご用意
メモリ: 16GB, SSD: 500GB
24-27インチのディスプレイをご用意

開発手法

プロジェクトごとに選択

開発支援ツール
Jira、Git、GitHub、Jenkins、GitHub Actions、GitLab
インフラ管理

Docker、AWS CloudFormation、Marathon、Zabbix、Amazon CloudWatch

AI・データ分析

Amazon Athena

環境
Linux
エンジニア評価の仕組み

・昇給年1回

組織構成

▍システム開発部
・ソフトウェアチーム
・ハードウェアチーム

▍事業開発部
・営業チーム
・PMチーム
・事業開発チーム

▍デザイン部
・クリエイティブチーム
・UI/UXチーム

▍R&D研究開発部

▍経営管理部

▍⼈事部
・労務総務経理チーム
・人事チーム

▍経営企画部
・広報室
・新規事業室

配属部署人数
7名
平均的なチーム構成

▍開発の進め方
開発チームは案件ごとに構成が異なりますが、事業開発、バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、モバイルアプリエンジニアにデザイナーを加えた構成で4~5人で動くことが多いです。自社プロダクトのハードウェアが絡む場合には、組み込みエンジニアも入り、ソフトウェアのみならず、ハードウェアのインターフェースまで考えます。
他のサービスにはない、カームテクノロジーをベースとしたデザインを支えるためのプラットフォーム開発となります。

▍技術カルチャー
・CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在します。
・取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加しています。

勤務地
京都府京都市中京区夷川通柳馬場東入俵屋町295番地1
就業場所の変更範囲
<雇入時>

京都本社、および自宅

<変更範囲>

会社の定める場所(テレワークを行う場所を含む)

受動喫煙防止措置に関する事項

屋内禁煙

給与体系・詳細

▍月給:70万円~85万円

給与(想定年収)
840万 〜 1,020万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務時間

フルフレックス

休憩時間:休憩60分 ※昼食時間は業務の都合により各々の自主性に任せています

平均残業時間:20時間

休日休暇

・土日祝日、年末年始休暇、有給休暇、夏季休暇、忌引休暇、産前産後休暇
・有給:入社半年後に10日付与
・年間休日:123日

諸手当

交通費支給

昇給・昇格

年1回

保険

各種保険完備(健康保険・労災保険・雇用保険・厚生年金保険)

雇用関係

無期雇用

企業メインイメージ

mui Lab株式会社

▍⼈と⾃然とテクノロジーが穏やかに調和した⼼ゆたかなくらしと社会を創造する|京都発のCalm Techスタートアップ ・mui Labは、Calm Technologyの設計思想と、日本的な余白や佇まいなどの美観をまとった要素を融合させることで、従来の情報テクノロジーの設計において見過ごされてきた、本来的なウェルビーイング、人と自然とテクノロジーが調和した世界観を技術とデザイン力を通じて社会実装していくCalm Techスタートアップです。 ・伝統的慣習や美観から得られる自然と共生するあり方をインスピレーションに、ソフトウェアとハードウェアの技術開発を行っています。 ・同時に、muiの目指す調和のとれた暮らしを体現するため、「佇まいのデザイン」として、様々なビジネスタイプに応じたソリューションを提供するコンサルティングサービスを行っています。 ▍IPO予定あり|2030年にスマートホーム市場におけるデファクトスタンダード、シェアNo.1を実現する ・⼈々の暮らしにmuiボードという道具を届けるところから事業を始め、次第にそれは暮らしに役⽴つ技術や新しい暮らしに沿った体験を提供するというスマートホームのビジネスへ変化し、さまざまな課題解決を⾏うことで、技術が単なる道具でなく、しっかりと世の中に実装される必需品となるように活動を続けてきました。 ・現在は、muiボード、muiセンサーなどのIoT/ハードウェアから、スマートホームのDXを推進するようなwebアプリケーション開発(mui Smart Living)、muiクラウド、Calm UIなどのソフトウェアを一気通貫で提供しています。 ・mui Labのプロダクトが未来のくらしにとけこみなじむデファクトスタンダードとなることを目指しています。 ▍スマートホームのシェアNo.1によるカーボンニュートラルの実現|2050年の社会課題にも挑戦 ・スマートホームと密接に関連してくるのが、カーボンニュートラルです。気候変動の原因となっている温室効果ガス、CO2の排出が問題視されており、社会全体での取り組みは勿論、個人レベルでの取り組みも今後重要性が増えていきます。 ・⾃然と⼈が調和する暮らしを技術の⼒を借りて適切に、分断ではなく調和をおこなっていくことが必要と考えており、IoTの⼀種であるエネルギーマネジメントの技術を⽤いて適切なエネルギーと⼈の関係 、⼈と⾃然との関係を調和させていくことがmui Labの技術、デザインの能⼒、またビジネスでの解決⼒を⽤いて取り組むべき領域だと考えています 。 ・サステイナブルな暮らしを超えて、その先で⽬指すものは、⾃然と調和した暮らしに感じる繊細な⼈の⼼の喜びや、些細なでもそれぞれの家族にとって重要なその時の⼀瞬の笑顔であり、こうした⼼豊かな時間や瞬間の連続を積み重ねたものが「暮らし」と呼ばれる⼈の営みであると考えています 。ホームオートメーションのみにとどまらず、生活者の暮らしのウェルビーイングの実現、そして、エネルギーマネジメント技術を活用した脱炭素社会の実現を目指しています。
通過ランク:A

類似したおすすめの求人

リードエンジニア
エースチャイルド株式会社
600万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:B
リードフロントエンドエンジニア
株式会社Arent
800万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:B
テックリード(バックエンド)_Xard
株式会社インフキュリオン
650万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:A
開発エンジニア/基幹システムテックリード(神奈川県横浜市)
株式会社アップガレージグループ
810万 〜 1,100万円
神奈川県
応募可能ランク:C

類似したおすすめの求人

リードエンジニア
エースチャイルド株式会社
600万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:B
リードフロントエンドエンジニア
株式会社Arent
800万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:B
テックリード(バックエンド)_Xard
株式会社インフキュリオン
650万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:A
開発エンジニア/基幹システムテックリード(神奈川県横浜市)
株式会社アップガレージグループ
810万 〜 1,100万円
神奈川県
応募可能ランク:C
応募には会員登録が必要です。

求人特集:人気のテーマ別に求人をご紹介