通過ランク:B

【週3日リモート勤務◎】『BONX』の世界観に共感して成長を支えてくださるAndroidエンジニア募集!

正社員
求人メインイメージ
求人メインイメージ背景

「これはもう導入するしかないなって、必然的に。」

画期的なグループトークテクノロジー「BONX Grip」(ボンクス)をリリースしている、株式会社BONX。スノーボードやスキー、自転車、など、グループで楽しむアウトドアスポーツ/レジャーというシーンや、病院・ラグジュアリーブランド・小売店などビジネスシーンで活躍する、同時相互通話を可能とした新しいウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるベンチャーである。

「BONX Grip」は、スピーカーとマイクロフォンを内蔵した耳かけ式のウェアラブルデバイスと、スマートフォンのアプリで構成される。独自開発の音声データ通信システムと音声認識技術(VAD)の発話機能により、ハンズフリーでデバイスからの通信を開始して会話を始めることができる。デバイス間の通話はVoIPを用い、携帯電話のデータ通信を使ってやり取りする形式。したがって互いの距離関係なく、地球の裏側との同時通話も可能だ。

2016年11月に発売してから、スノーボードのみでなく、ファンライドやサバイバルゲームといったスポーツ/趣味のシーンで大反響を得た。
また、2018年4月にリリースした「BONX for BUSINESS」によりビジネス展開を開始。ビジネスシーンにおける30人までのグループコミュニケーションを簡単に実現し、着々と導入企業を増やしている。

ある病院からは
「一刻を争う脳卒中診療において、治療時間の短縮につながっています」

ある住宅販売会社からは
「今まで繰り返しやっていたことが一回でみんなに伝わるので、本当に効率が上がりました。
これはもう導入するしかないなって、必然的に。」

航空会社では、
「サービス品質の向上と働きやすい環境を整え、お客様へのよりいっそうの快適な空の旅をご提供すること」を期待されている。

こうしてあらゆるシーンで日々変化していく、コミュニケーションスタイル。
その先頭をわれわれ「Team BONX」は走っていきたい。

職種名
Androidエンジニア
給与(想定年収)
500万 〜 900万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務地
東京都
開発言語
C++ Java Kotlin
クラウドプラットフォーム

Firebase

開発内容タイプ

自社製品/自社サービス、B2C、B2B

特徴
オンライン面談可 残業30H以内 一部在宅勤務可 厳選VC投資先スタートアップ
募集人数
1名
求人イメージ画像2
求人イメージ画像3
必須要件
以下すべてのご経験をお持ちの方からのご応募をおまちしています!
・スマートフォンアプリ開発(ソーシャルゲーム含む) 実務3年以上
・Java, Kotlin のいずれか 実務1年以上
歓迎要件

・音声信号処理の開発経験
・C++を使ったネイティブレイヤーの開発経験
・Bluetoothなど外部デバイスと連携したアプリの開発経験
・双方向通信の開発経験
・機械学習を用いた開発経験
・RoR、Goなどを用いた開発経験
・アプリのUI/UXデザインに関わった経験
・DDDを用いたアプリ設計の経験

【すぐに活躍できる方】
・Kotlin、Javaを用いたAndroidネイティブアプリの開発経験(本番運用での3年以上の経験あるいは同等の能力)あるいは同等の能力

求める人物像

・BONXのMission、Vision、Valueに共感できる方
・プロダクト、ガジェット、IoTに興味があり開発に関わりたい方
・無線通信技術(BLEなど)に知見が深い、または強い興味がある方
・ネットワーク技術に知見が深い、または強い興味がある方
・音声認識技術に知見が深い、または強い興味がある方
・UI/UX改善に知見が深い、または強い興味がある方
・自分の関わったプロダクトでグローバルに戦っていきたい方

選考フロー

カジュアル面談担当:現場エンジニア

1次面接;現場エンジニア

2次面接担当:技術顧問

オファー面談あり

内定

オンライン面談可否:すべてオンライン面談となります
面接対応可能時間:10:00〜20:00

※選考フロー、面接回数は状況に応じて変更になる可能性があります
【コミュニケーション体験を提供する◎】 躍進続ける『BONX』サービスにおいて新規領域の拡大・アプリ改良を手がけるエンジニアを募集中!

ヘッドセットであるBONX Grip、BONX miniとBLE接続しグループトークを実現するアプリの設計・開発をお任せします。

【具体的には】
・Androidアプリの設計/開発/品質管理/UX改善など(上流から下流まで)
・既存機能、UI/UXの改善業務
・新機能の企画/開発/品質管理
・ハードウェア側との通信部分の仕様設計

【募集背景】
躍進続ける『BONX』ですが新規領域の拡大、現行のアプリにより磨きをかけるというところで、Androidエンジニアのリソースが不足している状況です。
事業拡大につき、エンジニアのメンバーを募集します。

【入社後のフォロー】
研修はありませんが、OJTでフォローします。

仕事のやりがい

・自社プロダクトとして、ソフトウェアおよびハードウェア双方を開発、販売しています
・ソフトウェアだけでなく、ソフトウェアを踏まえた開発に携わることができます
・ユニバーサルでグローバルなプロダクトなので、さまざまな業種や海外で利用いただけるサービス開発に携われます
・スタートアップなので、コアメンバーとしてプロジェクトの成長を楽しめます
・今まで揮発していた現場系の音声データを利用して、ビジネスを展開することができます
・今後急拡大が予想されるノンデスクワーカーの音声系で事業展開するスタートアップ企業で、音声DXにも注力していきます

開発部門の特徴・強み

◆真剣な遊びの会社
遊び仲間が集まって、最高の遊び道具を真剣につくるという雰囲気で仕事しています。みんなで海行ったり山行ったり、横に乗ったり縦に乗ったりするのが大好きです。一方で、ユーザー体験のために妥協を許さないプロフェッショナルな風土もあります。

◆音声コミュニケーションにフォーカスした少数精鋭のエキスパート集団
開発チームは、ハードウェアからソフトウェアまで音声コミュニケーションシステムの構築に必要な要素をほぼすべて内製できる、日本では類を見ない集団となっています。国からも多額の技術開発支援を受け、プロダクトのポップな見た目とは裏腹にディープなテクノロジーを開発しています。

主な開発実績

画期的なアウトドアスポーツ・グループトークテクノロジー『BONX』
https://bonx.co/ja/

支給マシン

相談の上、ご希望のマシンを支給いたします。

開発支援ツール
Git、GitHub、Circle CI、Github Actions
その他開発環境

温厚で優しいメンバーが多いですが、仕事のクオリティは一切妥協しないという厳しい面もあります。
お互いの仕事には厳しく突っ込みますが、ネガティブな雰囲気にはなりません。
「最高のユーザー体験をつくり上げる」という同じ目標に進んでいる仲間として、お互いを尊重しているからだと思います。

自社プロダクトである『BONX』を利用して、日々密にコミニケーションを取りながら進めており、他の企業より、コミュニケーションの質・量ともに優れています。
また、日々定例もおこない、気軽に相談できる環境にしています。

【開発環境】
・言語: Kotlin、Java、C++
・ツール: Git、Github、CircleCI、GithubActions、Slack、Zube、Bugsnag、Firebase

エンジニア評価の仕組み

半期ごとの目標設定、振り返りによる評価をおこなっています。

組織構成

エンジニア6名で構成されています。
内訳:Android3名、Ruby1名、PM1名、HW2名

平均的なチーム構成

各職種とも平均3名で開発をおこなっております。
家族のような絆とスピード感を大切に、価値観を共有する少数精鋭の組織を構築中です。

勤務地
東京都渋谷区渋谷2-24-12  WeWork渋谷スクランブルスクエア38F

転勤はありません。週3日はリモート勤務となります。

最寄り駅

渋谷駅直結・直上

給与体系・詳細

《年収約370万円の事例》
■賃金形態:月給制(みなし残業代を含む)
■賃金の決定方法:当社規定により決定
■月給:約31万〜40万円
■基本給:約22万~28万円
■固定残業代:30時間分、約9万~12万円(超過分は別途支給)
■その他定額手当:子ども手当

給与(想定年収)
500万 〜 900万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務時間

フレックスタイム制(コアタイム13:00〜16:00)
フレキシブルタイム(始業8:00~13:00/終業16:00~20:00)
※始業および終業の時刻は労働者の決定に委ねます

休日休暇

・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・GW休暇
・夏季休暇
・年末年始休暇
・年次有給休暇
・慶弔休暇

諸手当

・通勤交通費
・育児手当
・出張手当

インセンティブ

業績に応じてSO付与

昇給・昇格

昇給査定:年2回

保険

社会保険完備(健康保険・厚生年金加入・雇用保険・労災保険)
全国健康保険協会

試用期間

6カ月

・月残業時間は20h以内で、プライベートも充実してます
・週3日のリモートワーク勤務となります
・フレックス労働制で自分なりのスケジューリングが可能です

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

株式会社BONX

「これはもう導入するしかないなって、必然的に。」 画期的なグループトークテクノロジー「BONX Grip」(ボンクス)をリリースしている、株式会社BONX。スノーボードやスキー、自転車、など、グループで楽しむアウトドアスポーツ/レジャーというシーンや、病院・ラグジュアリーブランド・小売店などビジネスシーンで活躍する、同時相互通話を可能とした新しいウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるベンチャーである。 「BONX Grip」は、スピーカーとマイクロフォンを内蔵した耳かけ式のウェアラブルデバイスと、スマートフォンのアプリで構成される。独自開発の音声データ通信システムと音声認識技術(VAD)の発話機能により、ハンズフリーでデバイスからの通信を開始して会話を始めることができる。デバイス間の通話はVoIPを用い、携帯電話のデータ通信を使ってやり取りする形式。したがって互いの距離関係なく、地球の裏側との同時通話も可能だ。 2016年11月に発売してから、スノーボードのみでなく、ファンライドやサバイバルゲームといったスポーツ/趣味のシーンで大反響を得た。 また、2018年4月にリリースした「BONX for BUSINESS」によりビジネス展開を開始。ビジネスシーンにおける30人までのグループコミュニケーションを簡単に実現し、着々と導入企業を増やしている。 ある病院からは 「一刻を争う脳卒中診療において、治療時間の短縮につながっています」 ある住宅販売会社からは 「今まで繰り返しやっていたことが一回でみんなに伝わるので、本当に効率が上がりました。 これはもう導入するしかないなって、必然的に。」 航空会社では、 「サービス品質の向上と働きやすい環境を整え、お客様へのよりいっそうの快適な空の旅をご提供すること」を期待されている。 こうしてあらゆるシーンで日々変化していく、コミュニケーションスタイル。 その先頭をわれわれ「Team BONX」は走っていきたい。
通過ランク:B
応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
応募には会員登録が必要です。