通過ランク:A

AIエンジニア/AI・機械学習を活用して画像診断の質の向上や業務効率化を行っていただきます

正社員
求人メインイメージ
求人メインイメージ背景
この求人の募集は終了しています

◆遠隔画像診断のリーディングカンパニー
株式会社ドクターネットは、医療における診断の質向上の支援をしている会社です。当社は1995年に創業し、2019年12月にはJMDCグループの一員として東証マザーズに上場。2021年現在、グループ時価総額は3000億円になります。主なプロダクトとして、遠隔読影サービス『Tele-RAD』や、医療機関と放射線診断専門医をクラウドでつなぐサービス『Virtual-RAD』など、医療現場を支援するサービスを提供しています。

長年にわたり医療現場にサービスを提供し続けてきたことで、多くのノウハウを蓄積。査読センターが医師のレポートを細かくチェックすることで、クオリティの高い診断を担保していることが当社の強みです。全国約1,000施設の医療機関が当社のサービスを利用中で、日本に5500人存在している放射線診断専門医のうち、800人を超える医師が当社のサービスを活用しています。その結果、サービスは業界トップシェアの約25%を占めており、2位以下を大きく引き離す導入実績を誇っています。

今後は、日本のマーケットにおけるさらなるシェア拡大を目指し、コロナが落ち着きしだい、海外での事業展開もおこないます。すでに、インドにおいてAI技術の開発・活用をした遠隔読影サービスを提供する会社に出資をおこなっており、海外進出の準備を着実に進めています。また、AIなどの最新技術を取り込んだサービス開発も積極的におこなっており、2021年中にはAIを盛り込んだ新しい機能をリリースしていく予定です。

職種名
機械学習エンジニア
給与(想定年収)
600万 〜 1,200万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務地
東京都
開発言語
C++ C# Python2 Python3
フレームワーク
.NET Framework
クラウドプラットフォーム

Amazon Web Service、Microsoft Azure

データベース
MongoDB、Microsoft SQL Server
開発内容タイプ

自社製品/自社サービス、B2B

特徴
フリードリンク オンライン面談可 ベテラン歓迎 一部在宅勤務可 残業30H以内 女性エンジニアが在籍
募集人数
2名
必須要件
以下すべてのご経験をお持ちの方からのご応募をおまちしています!
・研究開発(画像処理,自然言語処理,機械学習,AIなど) 実務3年以上
・Python2, Python3, C++, C# のいずれか 実務3年以上
歓迎要件

・コンピューターサイエンス、統計、数学の知識
・最適化アルゴリズムの開発経験

求める人物像

・実務経験が3年以上が必須となります。

選考フロー

カジュアル面談

1次面接

適性診断、リファレンスチェック(backcheck)

2次面接(最終)

内定

スピーディーに進めたいため、各面談は同日になる可能性があります。

※選考フロー、面接回数は状況に応じて変更になる可能性があります
「医療×AI」の遠隔画像診断サービスの提供を通し、人命と医療現場を救う機械学習エンジニアを募集しています!

・AIによる診断支援用画像解析機能の開発
・AIによる既存業務の自動化
・AIエンジンの精度評価/機能向上
・AIエンジンの既存システムへのつなぎ込み

仕事のやりがい

・成長性が高い「医療マーケット×AI/最先端テック」の新規サービスに参画できます
・他の医療系ベンチャー企業が追従できない長年の実績があります
・ビッグデータと、全国の医師/医療機関とのネットワークを活用できます
・開発リーダー/プロジェクトリーダーとして参画できます
・上場企業でスピード感を持って成長できます
・外資系戦略コンサル出身の代表、放射線専門医である副社長、数々のスタートアップのグロースを手がけた開発部長のもとで働けます
・医療知識は入社後に習得可能なため、医療経験なしでも活躍できます
・社会的意義の高い医療の第一線に携われます

◆世界のAIエンジン会社との共同プロジェクトにも力を入れています
AI先進国である中国をはじめ、韓国、インド、イスラエル等の企業と共同プロジェクトを活発に進めているため、技術スキルをさらに磨くことができる環境が整っています。
あなたのAI技術を、事業の成長に、そして世界の医療現場を救うこと、より多くの命を救うことに生かしませんか。挑戦する人をお待ちしています。

開発部門の特徴・強み

◆新たな課題にAIで立ち向かう
創業以来、遠隔画像診断のパイオニアとして業界を牽引してきましたが、課題はたくさんあります。
たとえば、医療画像を読み取る読影医たちは、日々多忙な中時間を捻出し大量の画像を読み取っています。
非常に高い技術・経験を持つプロフェッショナルですが、万が一の見落としリスクはどうしてもつきまといます。
さらに、膨大な画像データを読み取るには当然時間と労力がかかります。そこで、画像解析AIの技術を活用し遠隔画像診断のクオリティーを格段に上げることができれば、この問題を解決できると考えています。
弊社が持つ膨大な症例データをAI技術で解析することで、人の目だけで行ってきた画像診断の質と量を一気に進化させることを目指します。
たとえばAIが事前に画像を読み取って、発症リスクの高い箇所をあらかじめ特定することが可能になれば、読影医は特に注視すべきポイントを見逃さず、より精密に診断することができるようになります。
その結果、病気の発見率の向上と読影スピードの向上が図れることになり、ひいてはより多くの人命を救い、医療現場の負担を軽減することに貢献できるのです。

支給マシン

相談の上、ご希望のマシンを支給いたします。

開発手法

アジャイル、スクラム

開発支援ツール
Backlog、Git、GitHub
環境
Linux、Windows Server、Windows
その他開発環境

・エンジニアはプロダクトごとにチームを分けています
・1人当たりの担当プロダクトは2〜3個です
・フルスタックエンジニアとして開発をおこないます

【開発環境】
SQL/AWS/Zabbix

組織構成

株式会社ドクターネットの社員数は122人で、うち正社員のエンジニアは8名。
エンジニア組織自体は外部ベンダーも含めて、約20名で構成しています。

配属部署
システム開発部
平均的なチーム構成

エンジニアはプロダクトごとにチームを分けており、各チームは5名から10名で構成。1人当たりの担当プロダクトは2、3個です。
開発の際は、社員とベンダーで上流や下流など工程での担当分けはしていません。
また、開発領域もフロントエンドやサーバサイドで分けておらず、開発に携わるメンバーはみなフルスタックエンジニアとして開発をおこないます。
もちろん、個人の得手不得手はあるため、得意領域を考慮した機能ごとの割り振りはおこなっています。

また、インフラにおいては、クラウド環境とオンプレミス環境の両方を採用しています。
大量の画像データを扱う際、クラウド環境だと動作が遅くなるため、処理速度の早いオンプレミス環境を採用するなど、用途に応じて柔軟に環境を使い分けています。
クラウド環境については、医療機関と専門医を繋ぐ部分で用いられています。

勤務地
東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル8階
最寄り駅

■JR山手線「浜松町駅」より徒歩7分
■都営大江戸線「大門駅」より徒歩2分

給与(想定年収)
600万 〜 1,200万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務時間

9:00〜18:00(休憩60分)
フレックスタイム制

休日休暇

《年間休日120日以上》
・週休2日制(土日祝)
・有給休暇(入社半年経過後10日〜)
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・産前産後休業
・育児休業
・介護休業

諸手当

通勤手当

昇給・昇格

年1回

保険

社会保険完備(健康保険・厚生年金加入・雇用保険・労災保険)

試用期間

3カ月

【福利厚生】
・フリードリンク
・健康保険組合の契約保養施設(関東ITS)

【受動喫煙の対策】
執務室・入居階は全面禁煙、他階に喫煙室あり

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

株式会社ドクターネット

◆遠隔画像診断のリーディングカンパニー 株式会社ドクターネットは、医療における診断の質向上の支援をしている会社です。当社は1995年に創業し、2019年12月にはJMDCグループの一員として東証マザーズに上場。2021年現在、グループ時価総額は3000億円になります。主なプロダクトとして、遠隔読影サービス『Tele-RAD』や、医療機関と放射線診断専門医をクラウドでつなぐサービス『Virtual-RAD』など、医療現場を支援するサービスを提供しています。 長年にわたり医療現場にサービスを提供し続けてきたことで、多くのノウハウを蓄積。査読センターが医師のレポートを細かくチェックすることで、クオリティの高い診断を担保していることが当社の強みです。全国約1,000施設の医療機関が当社のサービスを利用中で、日本に5500人存在している放射線診断専門医のうち、800人を超える医師が当社のサービスを活用しています。その結果、サービスは業界トップシェアの約25%を占めており、2位以下を大きく引き離す導入実績を誇っています。 今後は、日本のマーケットにおけるさらなるシェア拡大を目指し、コロナが落ち着きしだい、海外での事業展開もおこないます。すでに、インドにおいてAI技術の開発・活用をした遠隔読影サービスを提供する会社に出資をおこなっており、海外進出の準備を着実に進めています。また、AIなどの最新技術を取り込んだサービス開発も積極的におこなっており、2021年中にはAIを盛り込んだ新しい機能をリリースしていく予定です。
通過ランク:A
目次