通過ランク:C

リンナイ株式会社

企業メインイメージ

リンナイ株式会社は1950年に設立。ガス機器業界を牽引する先進企業です。国内向けには家庭向けガス機器の全分野(給湯・厨房・空調など)を開発、海外向けには給湯分野を主軸に開発しています。ガス/電気の自由化により、総合熱エネルギー機器メーカーとしても事業を拡大中です。電化機器にも力を注ぎ、多岐にわたる製品を開発することで他社との差別化を実現しています。

その結果、ガス機器分野の売上は国内トップクラス・営業利益率はメーカートップクラスを誇る10.1%を達成。世界80か国に展開、世界16カ国にグループ会社とグローバルに活躍しており、毎年上昇する海外比率は46.7%まで増加しました。今後ますます需要が増加するガス機器の「IoT×ソフトウェア開発」領域で思う存分能力を発揮してくださるエンジニアをお待ちしております!

創業以来、「すべては品質のために」という想いをモノづくりの中核に置きながら自社製品の開発・製造を手がけてきました。ガス機器を取り扱っているため、たった1つのミスや不良が重大な事故につながってしまうからです。そのため、自社内でのコア技術の開発や、技術センターにおける厳しい環境試験、プレス加工から組み立てまで同一工場内でおこなうなど、徹底した品質管理システムを確立しています。責任感の強い社員たちとともに、正確で高品質な製品開発を一緒に取り組める環境です。

東証プライムに上場しているため、福利厚生が充実している職場です。合計5.74カ月分の実績がある「年2回の賞与」や、養配偶者に月1.2万円を支給する「家族手当」をはじめ、手厚い保険や独身寮/転勤社宅、ライフイベントの変化にも柔軟に対応できる社内制度、お財布にも健康にもうれしい社員食堂など、快適に働けるよう手厚く支援しています。また、クラブ活動や選択型福利厚生があり、社員同士で交流を楽しんだり、家族とのレジャーや自分のリフレッシュにも使えるなど、プライベート充実も満喫できます。

事業内容

熱エネルギー機器の開発・製造・販売・アフターサービス

【主要取扱商品】
・給湯機器(給湯器、ふろ給湯器、給湯暖房機、ハイブリッド給湯・暖房システムなど)
・厨房機器(テーブルコンロ、ビルトインコンロ、オーブン、食器洗い乾燥機、レンジフード、炊飯器など)
・空調機器(ファンヒーター、FF暖房機、赤外線ストーブなど)
・業用機器(焼物器、レンジ、炊飯器、給湯器など)

【競合優位性】
ソフトウェアアップデートやインバータ制御などの先行技術は、家電業界と比べると遅れをとっている状況です。
今後キャリア採用により、先行開発を強化することで競合優位性を向上していきます。

本社所在地

愛知県名古屋市中川区福住町2-26

代表者氏名
代表取締役社長 内藤 弘康
設立年月
1950年09月02日
従業員数
3605名(2022/05現在)
平均年齢
--
資本金
64億8,441万円
株式公開

東証プライム、名証プレミア

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

【拠点】
全国に100拠点以上

【グループ会社】
■国内
株式会社柳澤製作所/リンナイテクニカ株式会社/株式会社ガスター/アール・ビー・コントロールズ株式会社/リンナイ精機株式会社/アール・ティ・エンジニアリング株式会社/能登テック株式会社/テクノパーツ株式会社/リンナイネット株式会社/リンナイ企業株式会社/他2社

■海外
リンナイホールディングス(パシフィック)(株)/林内香港有限公司/広州林内燃具電器有限公司/リンナイイタリア(有)/リンナイカナダホールディングス(株)/上海林内熱能工程有限公司/リンナイUK(株)/リンナイマレーシア(株)/リンナイプラス(株)/リンナイトレーディング(株)/セントラルヒーティングニュージーランド(株)/海南林内民生燃具厨衛販売有限公司/リンナイアメリカ(株)/リンナイオーストラリア(株)/上海林内有限公司/リンナイコリア(株)/リンナイインドネシア(株)/リンナイニュージーランド(株)/台湾林内工業股份有限公司/リンナイタイ(株)/リンナイブラジルヒーティングテクノロジー(有)/リンナイベトナム(有)/他14社

事業構成比
売上高

2022年3月期 3,661億円

営業利益

2022年3月期 358億円

通過ランク:C
目次