通過ランク:C

dSPACE Japan株式会社

企業メインイメージ

dSPACE Japan株式会社は2005年に設立。ドイツのパーダーボルン大学から独立したパイオニア企業です。グローバルで約2,000人・日本で約170人の社員が在籍しており、自動車産業を主軸に、航空宇宙やメディカルなど、多岐にわたる分野のお客様の開発を支援しています。幅広い製品群をもとに、自動運転、ADAS(先進運転支援システム)の開発に欠かせないシミュレーションや、AI技術を活用したサービスなどを提供。当社の標準化された開発システムは、世界中の自動車/部品メーカーで利用されております。最高水準の品質を維持するため、最先端の開発/テスト用ツールを駆使し、次世代のエレクトロニクス開発を牽引しています。上流工程のコンサルティングから導入後の活用支援まで、幅広く対応することで、お客様の成功に貢献し続けています。

【適用分野】
自動車産業、航空宇宙産業、メディカルエンジニアリング、研究・教育機関など

【主な取引先】
自動車産業(自動車メーカー/自動車部品メーカー)航空宇宙産業、ロボット産業、モーター関連メーカー(農機、建機メーカー)、各種大学、研究機関など

日本では、自動車ECUやメカトロ制御ユニット開発ツールなどの自社製品を日本市場で展開するための技術支援をおこなう「セールスエンジニア」や、セールスエンジニアが顧客に提案したモデルベース開発環境を、実際に構築する「アプリケーションエンジニア」などが活躍しています。主な顧客は、自動車/自動車部品メーカーのR&D(研究開発)部隊の先行開発に携わるエンジニアです。顧客とともに最先端の自動車開発を成功へ導く仕事なので大きなやりがいを感じていただけます。また、実物ではなくPC上で再現したモデルを活用し、自動車の部品試作やテスト工程を削減する開発スタイルの「モデルベース開発」ですが、今後もますます重要度が高まっていくため、エンジニアとして高い市場価値を手に入れることができます。

量産段階ではなく先行開発に携わるため、残業は平均月15時間とワークライフバランスの整った働き方を実現できます。フレックスタイム制を導入しており、自分のライフスタイルや予定に合わせて、勤務の開始・終了時間を柔軟に選択可能です。また、当社は、Vサイクル全体(開発工程とテスト工程で各作業をつなげて、検証作業を効率よくおこなう開発手法)を自社製品のみでカバーできる世界唯一の企業なので、顧客からの引き合いも急増しており、安定経営のもと腰を据えて業務に取り組むことができます。さらに、手作業の実装なしで新たな制御方式の開発・最適化・テストを実際の環境で実行可能にする「ラピッドコントロールプロトタイピング」や、電子制御システム(ECU)を動作確認する「HIL(Hardware-in-the-Loop)」シミュレーションなどでも高い評価・注目を集めており、将来性も抜群です。

事業内容

• 自動車、メカトロ向け電子制御ユニット(ECU)開発のためのモデルベース開発ツールおよびサービス
• エンジニアリングおよびカスタマイゼーション

本社所在地

東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー10F

代表者氏名
代表取締役 宮野隆
設立年月
2005年09月
従業員数
168名(2022/05現在)
平均年齢
41歳(2021/12現在)
資本金
2,500万円
株式公開

非公開

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

【拠点】
・北関東営業所:〒321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷3-1-7 メットライフ宇都宮ビル2F
・西日本営業所:〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4-1-9 新大阪フロントビル9F
・中部支店:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル9F

【株主・グループ企業】
・dSPACE GmbH (ドイツ本社・パーダーボルン)
・dSPACE Inc.(米国・デトロイト)
・dSPACE SARL (フランス・パリ)
・dSPACE Ltd.(イギリス・ケンブリッジ)
・dSPACE Mechatronic Control Technology (Shanghai) Co., Ltd.(中国・上海)
・dSPACE Engineering d.o.o.(クロアチア)
・dSPACE Korea Co. Ltd.(韓国・ソウル)

主要取引先

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、マツダ、スズキ、三菱、スバル、デンソー、日立Astemo、他(順不同)

事業構成比
売上高

非公開

営業利益

通過ランク:C
目次