株式会社カルディオインテリジェンス

企業メインイメージ

現役医師として多くの患者さんと接する中で「クリニックや遠隔地など専門医がいない環境でも一刻も早く病気を発見し、悪くなる前に治療をおこなえる未来をつくりたい」という代表の想いを実現するため、2019年に設立された会社です。医師やAIエンジニア、IoTスペシャリスト、事業開発などの専門家で構成されており、心電図のAI自動解析支援システムの提供を通して、心臓専門医不足の医療現場をサポートしています。今後さらなる成長フェーズを迎える当社で、一緒に会社をつくっていくメンバーを募集中です。

『SmartRobinⓇAIシリーズ』 心房細動を高い精度で自動検出できる長時間心電図解析ソフトウェアを提供しています
エンジニアも少しずつ増え、本格的なサービス展開に向けた準備が着々と進んでいます

医療現場との密にコミュニケーションを取りながら、「心臓病診療を受けられない患者さんを、世界からなくす」という未来に向けて、チーム一丸となって製品開発に取り組んでいます。まさに今、ゼロからプロダクトをつくり上げている過程にありますので、新しい価値を生み出したときの達成感を日々肌で感じることができます。各専門分野に精通した仲間と働きながら業務知識やノウハウを吸収できる点も魅力です。積極的にアイデアを提案できるフラットで少数精鋭な職場環境のもと、ひとりひとりが大きな裁量で活躍しています。

ビジネス経験豊かな社員も多く、刺激が多いオフィスです
新オフィス(2022年3月移転)には会議室のほか、ミーティングスペースやWEB会議専用ブースもあります

当社の強みは、「良質で膨大で心電図データ」と「専門医による注釈」によるAIソリューション構築です。高精度な心房細動検出機能のほか、説明可能AI、非発作時の波形で心房細動の兆候を検出するAIの基礎技術も開発が完了しています。世界初の技術のため特許も出願済みです。この技術が実用化されることで、専門医不在の地方の施設でも、医師の診察支援ができるようになります。また目視では見逃してしまうような微細な兆候も、ディープラーニングで発見可能です。従来の心電図技術とは異なる、新たな価値を提供しています。

直近の2022年4月には自社製品が表彰をいただきました
事業内容

■人工知能を用いた自動診断システムの研究・開発・製造・販売業務
■コンピュータソフトの研究・開発・製造・販売・特許ライセンシング業務および受託開発サービス
■医薬品・医療機器・その他一般機械器具の研究・開発・輸出入・製造・販売・貸与・修理・特許ライセンシング業務および受託サービス
など

役員略歴

■代表取締役 田村 雄一
医師、医学博士
国際医療福祉大学医学部 教授
慶應義塾大学医学部卒業
循環器専門医・内科学会認定医・日本医師会認定産業医

本社所在地

東京都港区東麻布1-25-5 VORT麻布イースト 2階

代表者氏名
代表取締役 田村 雄一
設立年月
2019年10月25日
従業員数
13名(2022/04現在)
平均年齢
--
資本金
9,560万円
株式公開
外部資金/調達額

2020年8月:3千5百万円のシードラウンド資金調達を実施/2021年3月:1億4千万円のプレシリーズA資金調達を実施

主要株主
事業構成比
目次