通過ランク:C

SBテクノロジー株式会社

企業メインイメージ

東証プライム企業でありながらベンチャースピリットを併せ持ち、今なお成長のまっただ中にあるSBテクノロジー。「大きく成長する」をスローガンに、17年度から5年にわたって業績を伸ばし続け、2021年度には営業利益が2倍超を記録するまでになりました。2022年現在、およそグループ連結1400人の社員が在籍する企業集団へ成長しました。

この快進撃の源泉である社員一人ひとりの成長を支えているのが、SBテクノロジーのユニークな人事制度。ミッショングレード制度の導入、徹底した成果主義によって決定される給与体系、スキルアップを支援する学びのサポート、そしてワークライフバランスの徹底。SBテクノロジーでは、社員の働く環境が第一に考えられています。

SBテクノロジーがもっとも重視しているものは、一人ひとりの自主性や主体性です。大きく成長し挑める環境の中で、多様で幅広いキャリアを選択できるミッショングレード制度を導入しています。

一般的な「管理職」としての「マネジメント領域」だけでなく、テックリードとしてのキャリアを形成できる「プロフェッショナル領域」というキャリアパスもあることが当社の特徴。「多様な働き方と挑める環境」を目指し、どちらのキャリアを選んだとしても給与体系に差が生まれない評価制度としています。

さらに特徴的なのが、社内の7割を占めるエンジニアに対する評価の仕組み。管理職を偏重する慣例に染まった日本企業では、テック系企業といえどもマネジメント領域に進まなければ昇進できない評価制度を持つ企業も少なくありません。しかし、SBテクノロジーでは「プロフェッショナル領域」を制定。エンジニアがマネジメント領域に転身しなくても、スペシャリストとして現場で活躍することができる仕組みを整えました。

SBテクノロジーは、ミッショングレード制度を中心とした独自の評価制度で、社員の望む方向性や能力を成長速度に合わせ、的確に評価に反映しています。その姿勢が社員たちの自主性や主体性を後押しし、毎年行われる従業員満足度調査でも、年々その満足度が向上しています。

SBテクノロジーは、ソフトバンクグループのICTリーダーとして群戦略の一翼を担い、SIのみならず、クラウド・セキュリティ・IoTなどの自社サービス開発も行う企業です。当社には、ベンチャースピリットと東証プライム上場企業の安定性を併せ持ち、常にあなたらしくチャレンジできる環境があります。

■選択できるキャリアパス
基礎知識・能力の向上が求められる「デベロップメント領域」から始まり、「リーダー/プロフェショナル領域」を経て、管理職層において「マネジメント領域」と「プロフェッショナル領域」に分かれます。
会社が期待する役割と本人の意向を合わせながら、キャリアを選択することが可能。年間通して、キャリアを振り返れるようにし、次の挑戦に向けた支援を行っています。

先進技術と創造性で、社会に新しい価値を提供し続けるために、多様なスキルや背景を持つ仲間と切磋琢磨しながら「あなたの最高速度での成長」を実現しませんか?

事業内容

情報通信業

本社所在地

東京都新宿区新宿六丁目27番30号
新宿イーストサイドスクエア17階

代表者氏名
代表取締役社長 CEO 阿多 親市
設立年月
1990年10月16日
従業員数
1328名(2022/01現在)
平均年齢
37歳(2022/01現在)
資本金
12億3,500万円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主
事業構成比
通過ランク:C
目次