通過ランク:A

株式会社アダコテック

企業メインイメージ

◆会社について
アダコテックは「モノづくりの進化と革新を支える」をミッションに掲げ、異常検知AIをコア技術とするスタートアップです。
国立研究開発法人・産業技術総合研究所からスピンアウトして創業し、競争優位性の高い画像解析と機械学習技術を保有しています。
特に画像解析技術に注力し、人の目と手で成り立つレガシーな産業の変革を目指しています。

◆事業について
現在は製造業における検査領域に注力しています。
これまで人の目によって実施されていた製造業の検品作業(市場規模7兆円)の自動化にチャレンジしています。

検査領域におけるAI導入企業は、まだ市場においてアーリーアダプター的な段階です。
メインターゲットは予算がありリテラシーの高い大企業やTier1と呼ばれる部品メーカーです。
既に世界的な自動車メーカーなどに導入されており、ビジネスが拡大しているフェーズです。

◆プロダクトについて
プロダクトを通して目指すものは、「各業界のドメインエキスパートが、AIを活用できる世界」です。
製造業で言えば、メーカーの生産技術部や製造部のユーザーがAIを活用した業務を行える状態です。
アダコテックの提供するアプリケーションは主に2つあります。

・クラウドアプリ:機械学習のモデル作成をする「AdaInspector Cloud」
・エッジアプリ:工場の製造ラインで異常検知をする「AdaInspector 」

現在は特に「AdaInspector Cloud」の開発に注力しています。
AIエンジニアではなくとも直感的な操作で判別モデルを作成するためのクラウドアプリケーションです。
画像解析の特許技術「HLAC」のアルゴリズムをクラウド化し、正常学習で200枚程度の画像データをもとに、精度の高いモデルをクラウド上でノーコードで作れる体験を提供します。

事業内容

製造業向けの検査・検品自動化ソフトウェアの開発・提供

役員略歴

【代表取締役 河邑亮太】
一橋大学法学部を卒業後、2011年に三井物産株式会社に入社。南米チリの自動車ローン事業を行う子会社に社長補佐兼CFOとして3年間出向したのち、東京本店では主に新規M&A投資に従事(100億円超の投資を実行)。2018年4月からDMM.comに入社。経営企画室で新規事業立案、及び、投資先のPMI/バリューアップをハンズオンで実施。2019年7月に参画、2020年4月より現職。日英西のトリリンガル。米国公認会計士。

【取締役 伊藤桂一】
大学院で遺伝的アルゴリズムの研究を行うにあたり産業技術総合研究所(AIST)との繋がりを持ち、AISTベンチャーに新卒入社。半導体設計ツールに研究開発に従事した。その後、AISTの非常勤職員などを得て、2012年4月にアダコテック創業メンバーとなる。2015年より現職。技術組織のマネジメントに加え、HLACの研究開発や、データ分析・コンサルティング業務に従事。

本社所在地

東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水302

代表者氏名
代表取締役 河邑 亮太
設立年月
2012年03月12日
従業員数
10名(2021/12現在)
平均年齢
34歳(2021/12現在)
資本金
1億円
株式公開

未公開

外部資金/調達額
主要株主

東京大学エッジキャピタル(UTEC)、DNX Ventures

主要取引先

株式会社相川プレス工業/株式会社アイシン/株式会社ジェイテクト/セントラル警備保障株式会社/株式会社デンソー/トヨタ自動車株式会社/トヨタ紡織株式会社/本田技研工業株式会社/株式会社三井E&Sマシナリー/矢崎総業株式会社/NJコンポーネント株式会社/その他多数(50音順)

事業構成比

この求人の募集は終了しています

求人詳細に戻る

通過ランク:A
目次