通過ランク:C

株式会社GAUSS

企業メインイメージ

株式会社GAUSS(ガウス)は、2017年5月に創業したスタートアップ企業です。AIを活用して社会に新しい価値を提供していくため、また、新しい価値を創生するため、AIの汎化を目指し新しいプラットフォームを作っております。これまでにさまざまな業界へ新規サービスを提供した実績があり、大手企業からの資金調達なども実施いたしました。日本を代表するAI企業となり、新しい価値を創り続けることが私たちの使命となります。

弊社では、自社エンジンの「Galileo」「Gogh」「Goethe」、ファッションECサイト向け動画編集サービス「Zooom」、競馬予測AI「SIVA」など、さまざまなAIサービスの研究開発・提供に加え、AI・機械学習の開発・導入・運用プロセスを一元で管理するプラットフォーム「GFP(GAUSS Foundation Platform)」を開発しています。「GAUSS Foundation Platform」は誰でも簡単にAI開発がおこなえるAI開発プラットフォームであり、クラウドでオールインパッケージに加え、大手クラウドベンダーに左右されないオンプレミス環境(自社)で提供できることが特徴です。2018年にリリース以降、多くのソリューション基盤で活用されています。

社内の雰囲気は非常にフラット。メンバー同士で積極的に意見交換や知識の共有をおこなっています。
GAUSSで働くエンジニアは、ハイスピードで以下のようなスキルを身につけることができます。
・Web開発(Angular, React, Vue)
・Backend(API)開発 (NodeJS, Typescript, Python)
・アプリ開発(React Native, Flutter)
・インフラ開発(Kubernetes, Docker, Ubuntu, Linux)
・クラウド(AWS, Azure, Oracle cloud, etc)
・機械学習 (scikit-learn, tensorflow, Keras, PyCharm, PyCaret)

そのほか、やる気と実力しだいでさまざまなことに挑戦ができるため、年齢に関係なくキャリアアップしているメンバーも存在します。
AIに興味がある、熱意のあるエンジニアであれば、必ず成長できる環境があります。


事業内容

■ AIカメラサービス
■AI/IoTプラットフォーム
■ 公営競技予想AI

本社所在地

東京都東京都新宿区西新宿1-1-6 12SHINJUKU 1201

代表者氏名
代表取締役 宇都宮 綱紀
設立年月
2017年05月02日
従業員数
20名(2022/11現在)
平均年齢
35歳(2022/11現在)
資本金
1億円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主
事業概況

AI開発プラットフォーム「GFP」や大手企業からの共同開発案件等も多く、2021年からはGFPを活用したAIカメラ「GAUDiEYE」をリリースし、多くの問い合わせや導入を行っている状況です。今後も自社プロダクトに注力し、さまざまなソリューションを社会に提供していきます。

事業構成比
通過ランク:C
目次