株式会社ゼネテック

企業メインイメージ

◆日本の組込システム開発のパイオニア企業◆

株式会社ゼネテックは1985年に設立しました。
携帯電話・PHSからスマートフォンなどの各種情報端末、
カーナビ・カーオーディオ・高解像度テレビなどのデジタル家電、プリンタ、
産業インフラなどの組込システムの設計開発を主軸に事業を展開している会社です。
その他、ハードウェア開発・ネットワーク・アプリ・クラウド・ビッグデータ・IoTなどの
幅広い開発分野に応えられる技術力に加え、FAやDX関連など日本の製造業のモノづくりを
支えるエンジニアリング・ソリューションを手がけています。

ソフトウェア開発とハードウェア開発をおこなっているため、上流から下流工程までを
一貫して携わりながらスキルアップを目指すことができます。
また、スキルの高い方であれば、
若手でもプロジェクトマネジャーとして活躍できる実力主義な社風です。
自分次第でキャリアを築いていけるので、新しいことにチャレンジする意欲がある方に
ぴったりの環境といえます。

わたしたちは世界トップレベルにある「ものづくり技術」を守っていきたいと考えており、
今後日本の製造業に「どのようなソリューションを提供すべきか」という課題に
一緒に取り組んでいただける方をお待ちしております!

ソフトとハード両面の技術を持っており、上流~下流工程を一貫した開発が可能であることが、当社の特徴でもあります。
2021年12月に新オフィスへ移転!内装が一新され、働きやすい環境を提供しています。
カラフルな会議室で、円滑なコミュニケーションによって互いの信頼関係を築いていくことを大切にしています。
事業内容

■デジタルソリューション事業
 ●ソフトウェア開発
 ・オートモーティブ関連分野
 ・デジタル情報家電分野
 ・ネットワーク通信分野
 
 ●ハードウェア開発
 ・半導体製造装置分野
 ・IoTプラットフォーム『Surve-i』を使ったシステム提供
 ・監視カメラシステム、デジタルサイネージシステムなど

■エンジニアリングソリューション事業
 ●各種ソフトウェア販売/サポート
 ・世界インストール実績No.1を誇る3次元CAD/CAMシステム『Mastercam』
 ・産業用ロボットのオフラインティーチングシステム 『Robotmaster』
 ・3次元工場/物流シミュレーションソフトウェア『FlexSim』

■自社開発事業
 ●自社製品の開発/販売
 ・災害時位置情報通知アプリ『ココダヨ』

■デジタルトランスフォーメーション事業
 ●販売・保守・サポート
 ・当社が展開する3Dシミュレーションソフト「Flex Sim」とAIを連携させたデジタルツイン向けプラットフォーム「iPerfecta」
 ・3Dシミュレーションソフト

本社所在地

東京都新宿区西新宿6ー5ー1 新宿アイランドタワー25F

代表者氏名
代表取締役社長 上野 憲二
設立年月
1985年07月01日
従業員数
266名(2021/12現在)
平均年齢
40歳(2021/09現在)
資本金
3億5,865万円
株式公開

東証JASDAQ

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

■本社:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー25F
■新宿開発センター:東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル22F
■新横浜開発センター:横浜市港北区新横浜2-3-19 プライム新横浜ビル3F
■大阪開発センター:大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル8F
■福岡開発センター:福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-28 ユナイト博多ビル8F
■名古屋開発センター:名古屋市中区栄2-13-1 名古屋パークプレイス5F
■広島開発センター: 広島市東区東蟹屋町5-5 朝日生命広島東ビル5F
■福岡開発センター:福岡市博多区博多駅東2-6-28 ユナイト博多ビル8F

主要取引先

パナソニック、SONY、アルプスアルパイン、日立製作所、NECなど、名だたる大手エレクトロニクス企業と直接取引を行っています。

事業概況

わたしたちは、これからも未来に向けて、世の中の人々が安心でき、かつ安全で人と人とをつなぐ高品質、高付加価値なものの開発に取り組んでいきます。
特に、注力していく事業分野として、
 ■オートモーティブ関連
 ■通信、ネットワークを用いたIoT関連
 ■ビジュアル(映像・画像)関連
 ■ハイパフォーマンスハードウェア開発連携
 ■高速デジタル信号処理関連
 ■デジタルツイン、AIを軸としたDX関連
 ■安心・安全を提供するアプリ関連

などがありますが、これらはほんの一例にすぎません。 向かっていく技術やサービスの領域は、広範囲かつ多岐にわたります。

事業構成比
売上高

40億7900万円(2021年3月期)

営業利益

2022年3月期通期計画  285百万円
2021年3月期通期    335百万円
※2021年3月上場以降の業績となります

目次