株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)

企業イメージ画像1

企業の特徴

◆決済サービスのさらに向こうへ
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は1988年に設立されました。キャッシュレス決済に関わるさまざまなサービスを開発している組織です。自社サービス『CAFIS』は、接続社数・取引量ともに日本最大級のキャッシュレス決済プラットフォームであり、サービス開始以来、日本の決済インフラとして数多くの決済サービスを提供しています。

◆ワークライフバランスが充実
当社は多様な働き方を尊重しています。自宅や提携するリモートオフィスからテレワークできるので、比較的自由な働き方が可能です。副業についても、社内の事業をエンパワーするものであれば、社内の審査により兼業可能となっています。

キャッシュレス社会における牽引役として活躍したいエンジニアをお待ちしています!

企業情報

事業内容

システムインテグレーション事業

本社所在地

東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル25F

代表者氏名
代表取締役社長 本間 洋
設立年月
1988年05月23日
従業員数
11515名(2020/11現在)
平均年齢
28歳(2021/01現在)
資本金
1億4,252万円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

【関連会社】
株式会社コンストラクション・イーシー・ドットコム
株式会社ベストコムソリューションズ

事業概況

2025年頃にIT業界のGlobal Top 5になることを「Global 3rd Stage」として位置付け、2018年5月に、新たなグループビジョン「Trusted Global Innovator」を発表しました。これは当社がグローバルで「信頼」される会社になる、という宣言です。当社の強みは「信頼」です。お客様の業務を誰よりも熟知し、徹底した顧客志向でお客様や社会にグローバルに貢献していきます。

そして、2019年5月に、2025年のGlobal 3rd Stage達成に向けて、きわめて重要な3か年(2019~2021年度)を対象とした新たな中期経営計画を発表しておりますが、成長ドライバーは「デジタル&グローバル」です。当社は、デジタル技術を活用したお客様ビジネスへの貢献を、グローバルに取り組んでいます。
上記全社方針を背景として持ちつつ、デジタルペイメント開発室では以下の2点を目指しています。

◆キャッシュレス社会における牽引役
現在、CAFISは日本の決済インフラとしての地位がありますがその地位に甘んじることなく進化をすることによって日本の決済シーンを大きく変えるポテンシャルを持っていると思います。現在、キャッシュレスの流れの中でさまざまな決済サービスが立ち上がっていますが、セキュリティや信頼性などの課題感も浮き彫りになってきています。
35年培ってきた実績とデジタル時代のテクノロジーの活用により、高度な決済インフラとしての進化を遂げ、より安心・安全な決済サービスを社会に提供したいです。

◆エンジニアが楽しくよいサービスを生み出し続けられる組織づくり
最終的に何をやるにも変わるのは自分を含めた人の意識だと思っています。決済システムという一見するとお堅い感じもありますが、チャレンジする精神を忘れずに自由で、厳しくも楽しく成長できる環境を提供し続けたいと思っています。われわれの挑戦がNTTデータ全体、さらには業界の構造変化に影響を与え、エンジニアが楽しくよいサービスを生み出し続けられるような世界になってくれるとうれしいと思っています。

事業構成比
売上高
閲覧するには 会員登録(無料) または ログイン をしてください。
営業利益
閲覧するには 会員登録(無料) または ログイン をしてください。
目次