通過ランク:C

bravesoft株式会社

企業メインイメージ

bravesoftは20〜60代の日本、中国、ベトナム、韓国、台湾、インドetc...など、世代も国籍もバラバラな社員がビジョンに共感し集まっておりますが、
デジタルを扱う会社だからこそ「コミュニケーション」を重視しています。
オフィスは全席フリーアドレスで席も自由ですし、ランチタイムなども自由なので毎回いろいろなメンバーで交流が生まれております。
みんなで参加できる社内イベントも多く開催され、業種や組織の垣根を越えて、オープンなコミュニケーションでの交流が可能です。

学生時代からエンジニアとして活躍していた代表が、エンジニアにとって理想の会社をつくるために設立された当社。働きやすい制度が整っています。
的確な人材配置と、教え合い、助け合う企業文化。会社とともに個人も大きく成長できる環境です。

コロナ前よりリモートワークが推奨されており、集中したい際には自宅やカフェなどでの業務が可能です。
更には一定の基準を満たした社員に対しては裁量労働制度が認められており、勤務時間ではなく成果で評価が行われますので、
家事や育児の合間に自分のペースで就労することが可能です。
(ワーケーションを行う社員や、子育てと仕事を両立する社員が多いのがbravesoftの特徴です)

オープンなスペースでちょっとした質問や雑談がしやすい環境づくりをしています。
2021年夏にオフィスを大リニューアル!リラックス空間でストレスなく働けます。
国籍や性別、年齢に関わらずいろんなメンバーが活躍しています!!

せっかくの縁で同じ会社で働く仲間なので、組織やプロジェクト外のメンバーと業務外に活動をする部活動もbravesoftは推奨しております。
スポーツでは「ゴルフ部」「フットサル部」「筋トレ部」、インドア系では「麻雀部」
「ゲーム部」「映画部」、その他には「カラオケ部」「ダーツ部」「英会話部」などのslackルームがいつも趣味の話で賑わっております。

今年は写真部でお花見に行きました^^
釣り部の皆さん!鯛がたくさん釣れました:)
社内でマリオカートをしているゲーム部の様子です^^
事業内容

bravesoftは「イベンテック」No.1企業を目指し、下記の事業を展開しております。

★☆★ 自社プロダクト ★☆★
イベント・体験をテクノロジーの力で盛り上げる自社プロダクトを多数展開しております。

・eventos(イベントス)
└ イベントに必要な機能が全て搭載されたプラットフォームとなり、
  イベント主催者の成功を実現させることを目標に、サービス提供を行っております。
  [実績] 東京ゲームショウ / 東京モーターショウ / 東京ガールズコレクション etc...

・Live!アンケート
└ イベントを爆発的に盛り上げるためのWEBアンケートシステムとなり、
  あらゆるシーンのイベントにワクワクや付加価値を提供します。
 [実績] ヤフー / 講談社 / 清水エスパルス / 日本テレビ / NHK / J;COM etc...

・コンシューマ向けアプリ
└ アプリ開発の経験を駆使し、自社開発アプリの企画・運用も行なっております
 [実績] bokete(ボケて) / HONNE(ホンネ) / COM / お笑いTV


★☆★ パートナープロダクト開発
 ★☆★
クライアントと「パートナー」となり、クライアントの事業成長を共に喜び合えるパートナーとしてサービスの企画・リサーチ・開発、更にはダウンロード獲得施策やユーザーレビューを受けての改善提案など、包括的にアプリ運用のサポートを行います。

[実績] TVer(ティーバー)/ 31アイスクリーム公式アプリ / 農mers / 首相官邸アプリ etc...

役員略歴

◆代表取締役社長 菅澤 英司
1981年生まれ 日本出身
無試験推薦により法政第二高校、法政大学情報科学部へ進学。大学在学中はコンピュータサイエンスを学びながらアルバイト的にプログラマの仕事をはじめ、卒業と同時に友人と起業する。1年後、エンジニアの理想を追求するべく、単独でブレイブソフトを創立。経営・企画・営業・プログラミングなど幅広く精通し、成長をリードする。
趣味は、プログラミング、ベンチャー関連、一人旅、読書、グルメ、ランニング。

2004年 大学卒業と同時に友人とベンチャー企業を設立。役員に就任。
2005年 有限会社ブレイブソフトを創業。代表取締役社長に就任。
2007年 中国成都に勇敢軟件(成都)有限公司を設立。役員に就任。
2013年 ベトナムホーチミンにBraveSoft Vietnamを設立。役員に就任。
2014年 北京に北京勇軟博盛科技有限公司を設立。役員に就任。
2018年 1億円の資金調達
2020年 4億円の資金調達
2021年 7億円の資金調達に成功。eventechを宣言し、リアル×アプリでイベントの新しい可能性を拡大している。

≪プログラミングとの出会い≫
中学校の授業で触れたことが最初の出会いです。
この時は「プログラミングというものはおもしろい」と感じただけであり、本格的にプログラミングというものを意識したのは高校2年生からでした。
進学を考えるようになった頃、一貫校である法政大学に情報科学部が新しく新設されることを知り、 “この学部への進学”へ打ち込むことを決めました。
それまでおもしろいと感じることと言えば、自分の知らない世界を知ることであり、宇宙エレベーターができることに興味を覚えていました。

中学校でのプログラミング経験と、これから先の時代でITが必要不可欠になってくるだろうという先見の明を持って情報科学部へ進学しITを学ぶことに決めました。

≪起業のきっかけ≫
大学の授業で学べるプログラミングの時間には限られていたため、もっとプログラミングに打ち込もうと、大学2年時にインターンを開始しました。
自身が開発したシステムが初月1000万円の売上を上げたことと、仕事として開発をしていく事に面白さを感じました。

当時のエンジニアはシステム室の管理人か銀行のシステムを開発する裏方としての働き方が当たり前でした。しかし私はホンダやソニーのように日本を変える偉業を成し遂げられるエンジニアになりたい、その思いが諦めきれなかったので卒業同時に起業しました。

本社所在地

東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル6F

代表者氏名
代表取締役社長 菅澤 英司
設立年月
2005年04月04日
従業員数
100名(2022/05現在)
平均年齢
31歳(2022/05現在)
資本金
5億5,000万円
株式公開

未公開

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

勇敢軟件(成都)有限公司
北京勇軟博盛科技有限公司
株式会社 BraveSoft Vietnam

【子会社】
bravesoft Vietnam(ベトナム)
bravesoft Beijing(中国)
brave studio(島根)
bravesoft Technology (Dalian) Co.LTD(中国)

事業概況

bravesoftはアプリやWebシステムを1,000本以上提供してまいりました。
もともとは受託開発・クライアントワークをメインとしておりましたが、スマホが日本に普及したタイミングでいち早くアプリ開発に参入し、アプリ開発で得た知見をもとに自社プロダクト・サービスの提供もおこないつつ、今日まで成長して参りました。

これまでbravesoftは自社プロダクト、パートナープロダクト共に「イベントを開催して終了」「アプリを納品して終了」という考え方でありましたが、イベントやアプリが多様化した現在、それだけでは次のステージに進めないという思いより、よりクライアントの成果にコミットする形の事業展開へのシフトチェンジを行なっております。

自社プロダクトでは、
「eventosやLive!アンケートを導入していただき、"イベントの成功"は実現できたか?」

パートナープロダクトでは、
「アプリを開発してリリースした後、クライアントの事業成長に寄与できたか?」

イベント開催、アプリリリースしてからが「スタート」と考え、共に寄り添ってイベントの成功やアプリの事業成長を実現させる、そのようなことをミッションとして事業に取り組んでおります。

事業構成比

通過ランク:C
目次