基礎から重視のサーバサイドエンジニア

正社員

BAMV合同会社

企業イメージ画像1

企業の特徴

CAOG(Clarity About One’s Goal)

PMOコンサルファーム + アジャイルベンダー。一社体制による『顧客の目的を明確化し、それを関係者全員の共通のゴールとする』開発体制 アジャイル導入期の一番よくある失敗理由である、顧客事業部側とPO間の様々な問題を解消する。

このスタンスの開発体制を、十分な再現性をもってエンド内に実現していく。
これが我々のミッションであり、目指すべきものです。



弊社の最終的な目的は、【現代版の終身雇用体制の構築と継続】となります。

現段階の弊社の最大の特徴は、未経験者から1年前後であるていど新規で書けるプログラマーに、1年半で詳細設計、3年前後で基本設計工程に参画できるWebシステムエンジニアに育てることが、継続性を持った形で実現できている部分になります。


この手法は、『普通のひと』から『ちゃんとした普通のエンジニア』を作る事ができます。しかしとにかく、コスト、時間、労力などはかかりますし、市場価値を得た時点での従業員のライトな離職などもたびたび経験する事になりました。

また、ここまで(スタートから社名変更まで)の6年間で、多くのものを得る事が出来ました。

多くは未経験だった現在の中核メンバーは、高い技術力とプロ意識、市場価値を持ちつつも、【現代版の終身雇用体制の構築と継続】にコミットメントし、今もその仕組みを作ってくれています。彼らがさらに若手を引っ張る側に回ってくれています。
事ここに至り、【自律したチーム】の構築が可能になりつつあります。

また、マネジメント専門部署ができました。異業界でマネジメント・事業推進の経験のある人材がメンバー構成の中心で、こちらも継続的な自社の改善活動を強力に推進する能力を持ちます。



・『自走でき、技術的基礎力のシステムエンジニア集団』
・『マネジメントで実績出した経験がある人材ばかりの集団』


これらふたつの事業部は、ICT分野でシナジーを発揮する事ができます。このシナジーは、容易に模倣する事はできません。(時間と労力とコストがかかる。資本力だけではすぐにはできない。)さらに差別化要因として、当初よりのアジャイルソフトウェア開発志向があります。

これらの要素を兼ね合わせたものが、冒頭の【CAOG】と、我々が呼ぶ開発体制です。

このCAOGをサービスとして成立させていく、これからのフェーズ。
このフェーズで戦っていくために、それを常に念頭に置くために、トラッシュブリーフィング合同会社は、2019.10.15 『BAMV合同会社』へと社名を変更しました。

企業イメージ画像2
Dev2名 もはやPCすら閉じられている。(旧事務所)
企業イメージ画像3
べつに、のんでばっかいるわけではない。

企業情報

事業内容

・アジャイルソフトウェア開発を含む、システム開発
・プロジェクトマネジメント支援
・アジャイルを前提とした、エンドの内製化支援
・その他、ICT又は組織に関わるコンサルティング業務

役員略歴

大手ブラック企業として有名な営業会社でキャリアスタート。その後、ICT・人材の分野へ。なんだかんだの転職回数13回は神だと思う。本当によく生きてるな・・・。リーマンで当時流行の内定取り消し食らったり、派遣で現場入ったり、ロスジェネ世代だし、地方出身だし。

営業としてちゃんとしたサービスを顧客に提案し、技術側も胸張って仕事して、普通に顧客満足を得、普通に戦略もって運営されてる会社に転職しようと思っていたが、そんな会社をみつけて枠に滑り込むとか確率的に無理なので、自前で作った。そしたら営業じゃなくなってたという・・・。

なお、本名のTwitterアカウントあります。

本社所在地

東京都千代田区外神田6丁目3-8 ACN秋葉原ビル5階

代表者氏名
代表社員 寺野 克則
設立年月
2013年08月06日
従業員数
39名(2019/10現在)
平均年齢
30歳(2019/10現在)
資本金
1,000万円
株式公開

非上場

外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

株式会社 ZEN Integration

主要取引先

アドソル日進株式会社
株式会社永和システムマネジメント
キーウェアソリューションズ株式会社
株式会社コア
日鉄ソリューションズ株式会社
株式会社ジェーエムエーシステムズ
コムチュア株式会社

事業概況

SE育成の手法が引き続き機能しており、スキル平均値は高めを維持。いわゆるロースキル層(ヘルプデスク や 監視要員など)を社内に生まない方針。技術側は全員がJavaで基礎を作り、Webシステム・Webサービスを中心に経験を積んでいく。(理由は別途) 直近の重点を置いた育成のポイントは『アジャイルマインド』(アジャイルチームで稼働する際に要求される考え方。社内の造語)

コンサルティング事業部は2年目に入り。2019.10現在で7名。採用上のターゲットがもともと異業界で活躍した層でもある為、採用難度は高いものの、彼らの活躍のペースはかなりのもの。

6期目2018-2019 の営業活動にて、多くの大手企業と取引を開始。同時にリーダー層の不足が見えてきている。後述の理由でロースキル層の採用数を絞っている為、今のウチにマインド面を含めたしっかりとしたリーダー育成を行う事に投資の重点が置かれている。

2020年以降の市場環境悪化シナリオが実現した場合を好機に変える為、2018年度以降の採用に置いては一旦未経験者レベルの採用をストップし、経験者採用に絞る方針。(そのタイミングで採用の未経験者は、不況に耐えるスキルへの構築が間に合わない為)

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

売上高

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

営業利益

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

求人詳細に戻る

応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
ページの先頭へ戻る