【人口知能によるWebサイト自動改善提案サービスの開発/Webエンジニア】(Node.js, MongoDB, Angular)

正社員

株式会社WACUL

Icon javascript Icon python Icon ruby
通過ランク A ランクA以上で面接可能
企業イメージ画像

企業の特徴

■ 事業の概要

株式会社WACUL(読み:ワカル)は、Webサイトの課題を自動発見する人工知能Webサービス「AIアナリスト」( https://wacul-ai.com/ ) を提供する会社です。
ビービット/ボスコン/チームラボ出身のメンバーが立ち上げました。

「AIアナリスト」は、Webサイトの運営者の次のようなニーズを解決するためのサービスです。

* アクセス解析ツールは入れているが、詳しく分析する時間・費用がない
* そもそもどういった切り口でサイトの分析をしていいかわからない
* サイトの状況が知りたくなったときに、気軽に分析したい

「AIアナリスト」の人工知能の優位性の素となっているのは、業界唯一の「成果コミット型」Webサイト改善コンサルティングを提供し、培ってきた成果創出の方法論です。もともとは社内ツールとして、解析をサポートするために運用されていました。
これからは、解析結果の精度向上や、新しい解析の切り口、もっとリアルタイムにサイトの状況を把握できる機能などをを実装していきます。

■ 社風

平均年齢は28歳。小さなチームで、全社員が"いいものをつくりたい"という共通意識でまとまっていますので、役職関係なくどんどんフィードバックをしあう土壌があります。
オフィスは2016年9月に移転したばかり。おしゃれでリフレッシュスペースなどもあり、いろいろな体勢でコーディングしているプログラマの姿が見られます。

closed_job_offer_img
開発環境
言語、環境
フレームワーク
    --
開発環境 --

会社情報

事業内容

◆自社プロダクト 課題発見AIツール「AIアナリスト」
Webサイトの「課題発見」から「改善提案」までを自動で行う「人工知能」です。「成果コミット型」Web改善コンサルティングで培った方法論を元に、アクセス解析ツールと連携して自動分析します。課題がある場合、過去に成果の出たパターンを改善案として提示します。
エンジニアはすべて、自社プロダクトの開発に携わっていただきます。

役員略歴

◆代表取締役 大津裕史
 ・京都大学経済学部 卒
 ・株式会社ビービット入社後、2010年9月に株式会社WACULを設立

◆取締役副社長 大淵亮平
 ・京都大学経済学部 卒
 ・ボストン・コンサルティング・グループ入社後、2011年9月に株式会社WACULに入社、取締役就任

◆取締役技術責任者 包直也
 ・東京工業高等専門学校 情報工学科卒
 ・チームラボ株式会社入社後、フリーランスエンジニアを経て、2011年4月より 株式会社WACULに入社
 ・2013年11月より取締役、CTOに就任

■取締役 設計責任者: 垣内 勇威
・東京大学経済学部 卒業
・株式会社ビービット 入社 コンサルタントとして多数のプロジェクトに参画
・株式会社WACUL、取締役に就任

本社所在地

東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F

代表者氏名 代表取締役社長 大津 裕史 設立年月 2010年09月27日
従業員数

38名(2016/12現在)

平均年齢

29歳(2016/12現在)

資本金

1億6,600万円

株式公開

非公開

外部資金
調達額

3億円 (JAFCOより)

主要株主
事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

企業イメージ画像2

2016年9月に新しいオフィスに引っ越しました。

企業イメージ画像3

自社プロダクト AI アナリスト の開発を行っていただきます。

closed_job_offer_img

求人詳細に戻る

ページの先頭へ戻る