通過ランク:A

株式会社アドウェイズ

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

◆インターネットのすべてを越えていく!スマートフォン広告のリーディングカンパニー
アドウェイズは東京に本社を持ち、アメリカ、中国、韓国などアジアを中心に展開するグローバルなインターネット広告企業です。創業以来、モバイルアフィリエイト(成果報酬型)広告をメインに、様々なインターネット広告事業を展開し、大きな成長を遂げてきました。現在もインターネット広告の新たな可能性に挑み続け、スマートフォン関連事業や新たな拠点拡大など、さらなる飛躍を目指しています。

「アドウェイズと出会えて良かった!」と感じていただけるように、「人儲け」の経営理念で社員にもお客様にも満足いただける会社を目指します。
和をモチーフにしたオフィスはデザイン性も高く、働くのが楽しくなりそう。ミーティングルームやリフレッシュルームも充実しています!
和をモチーフにしたオフィスはデザイン性も高く、働くのが楽しくなりそう。

アドウェイズの社員は、ただ単に事業を行い、目先の利益だけを追い求めることに魅力を感じません。私たちがビジネスを行う中で大切にしているもの、それは世の中の人から「なにこれ、こんなの初めて!」と言われるようなものを提供し続けていくこと。そのためのサービスや仕組みを作り続けるために、既成概念に取らわれず、どんどん新しいことにチャレンジしていきます。

自分で考え、とにかく行動をする人を全力で応援する文化・社風がここにはあります。アドウェイズは、夢や行動力を持っている人に成長できる環境を与えるのは、とても大事なことだと考えています。スピード感も早く、経験が少なくとも実績を上げれば、積極的に裁量が与えられます。若いメンバーが多く、風通しのよくフラットな環境も自慢です。エンジニアは弊社にとってなくてはならない人材です。優秀な先輩社員と共に技術をしっかり学べます。成長したい、新しいことをやりたい、そんな人を歓迎します!

事業内容

〇主な事業内容
・インターネット広告事業(システム自社開発)
・インターネット(PC)アフィリエイト広告事業
・モバイルアフィリエイト広告事業
・メディア開発・運営事業
・データ解析事業

役員略歴

◆取締役 国内事業担当 西岡 明彦
2003年4月にアドウェイズに新卒入社後、モバイルアフィリエイトサービス「Smart-C」を立ち上げ、国内取扱高No.1モバイルアフィリエイトサービスに育成する。2006年に管理本部長に就任後、2008年アドウェイズの執行役員に就任。
また、アドウェイズ・プラネットとアドウェイズ・ベンチャーズの代表取締役を兼務。
2010年6月に取締役に就任。国内事業を担当。

◆取締役 グローバル事業担当 野田 順義
2001年に富士フイルム株式会社に入社。写真関連製品の海外マーケティングに従事。
その後、2006年にアドウェイズに入社し、モバイル広告事業を担当。
株式会社電通レイザーフィッシュを経て、同社に復帰し、モバイル広告事業の責任者となる。
2011年に執行役員に就任後、2013年6月に取締役に就任。海外事業を担当。
2015年7月よりグローバル事業を担当。

本社所在地

東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階

代表者氏名
代表取締役社長CEO 山田 翔
設立年月
2001年02月28日
従業員数
913名(2021/03現在)
平均年齢
31歳(2022/02現在)
資本金
16億2,200万円
株式公開

東証プライム

外部資金/調達額
主要株主

大株主名(上位10名)
・岡村陽久
・伊藤忠商事株式会社
・松井証券株式会社
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
・BARCLAYS BANK PLC A/C CLIENT SEGREGATED A/C PB CAYMAN CLIENTS
・大和証券株式会社
・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
・野村證券株式会社
・(個人)
・(個人)

拠点・関連会社

【支社】
◆大阪支社
◆名古屋支社
◆福岡支社
◆仙台支社

【子会社】
◆株式会社アドウェイズ・ベンチャーズ
◆Bulbit株式会社
◆株式会社楽一番
ほか

主要取引先

(株)サイバーエージェント、(株)オプト、(株)セプテーニ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)、(株)サイバー・コミュニケーションズ、NTTコミュニケーションズ(株)、グリー(株)、ニフティ(株)、NECビッグローブ(株)、(株)ドワンゴ、(株)スクウェア・エニックス、(株)東京スター銀行、三菱UFJニコス(株)、(株)リクルート、(株)ウェブマネー、(株)NTTドコモ、KDDI(株)、ソフトバンクモバイル(株)など

事業概況

アジアを中心に国際的に事業展開、10,000社以上の広告主と90万以上のウェブサイト/アプリと提携し、独自のネットワークを保有しています。
広告だけではなく、メディアなどの新規事業にも積極的に立ち上げています。

事業構成比

連結売上41,857百万円(第19期)

◆広告事業
36,977,628千円
◆アプリメディア事業
582,451千円
◆海外事業
4,084,146千円
◆その他
21,3259千円

売上高

・令和03年3月期 49,020百万円
・平成31年3月期 41,857百万円
・平成30年3月期 41,501百万円
・平成29年3月期 42,329百万円
・平成28年3月期 39,613百万円
・平成27年3月期 35,890百万円
・平成26年3月期 31,521百万円
・平成25年3月期 22,639百万円
(単位:百万円・端数切捨て)

営業利益

・令和03年3月期 1,626百万円
・平成31年3月期 722百万円
・平成30年3月期 299百万円
・平成29年3月期 315百万円
・平成28年3月期 687百万円
・平成27年3月期 1,057百万円
・平成26年3月期 847百万円
・平成25年3月期 413百万円
(単位:百万円・端数切捨て)

通過ランク:A
目次