アララ株式会社

企業イメージ画像

企業の特徴

◆BtoBの自社サービスにこだわり
アララ株式会社は、企業や店舗の販売促進やマーケティング支援をメインとした幅広い分野にて、自社サービス・受託の両面で様々なサービスを開発・提供している企業です。
現在は、電子マネー/CRMサービスを手掛ける「カード事業」、メッセージングサービスを展開する「メール配信事業」、個人情報検出ソフトの開発・提供をおこなう「データセキュリティ事業」というストック型の3事業で非常に安定した基盤を作りつつ、AR(拡張現実)やスマートフォンサービス、さらにブロックチェーンやディープラーニングといった最先端のテクノロジーを取り入れたサービスの企画・開発にも力を入れています。

◆活発なコミュニケーションの生まれるオフィス環境
オフィスは、東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩1分の好立地。明るく解放的な2階建ての建物で、部署間の仕切りがないオフィス空間では、チームや職務を問わない活発なコミュニケーションが日々生まれています。また、メンバーに思いっきり働いてもらうためのサポートも充実。栄養バランスを考慮した出来立てのランチが食べられる社内食堂はいつも大人気。個々のスキルアップをサポートする資格取得支援制度、外部講師を招いたりメンバー自らが講師となりナレッジを共有する社内勉強会なども随時開催しています。また、自転車での通勤もOK。部活動支援制度などを利用してスポーツなどを楽しむメンバーも多いです。

アララは、「アイディアとテクノロジーで革新的なサービスを提供し、便利で楽しい、みんながハッピーになる社会を創る」という経営理念のもと、企業や店舗とエンドユーザが良好かつ親密な関係を築くことができるソリューション展開を目指しています。

開発環境
言語、環境
フレームワーク
    --
開発環境 --

会社情報

事業内容

◆カード事業
<電子マネー/CRM>
電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む 統合型販促パッケージ「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供

◆メール事業
<メッセージング>
高速メール配信サービス「repica シリーズ」の開発・提供

◆データセキュリティ事業
<データセキュリティ>
個人情報検出ソフト「P-Pointerシリーズ」の開発・提供

◆AR事業
<AR/VR>
AR技術を採用した「ARAPPLI」「ARAPPLI SIGNAGE」「marcs」、及びそれに関わるSIの企画・開発・提供

◆スマートフォン事業
<ライフデータ・ヘルスケア><QRコード>
スマートフォン向けアプリ「Q」、「everi」の企画・開発・提供

役員略歴

◆代表取締役社長 CEO 岩井 陽介
代表の岩井は、関西学院大学法学部出身。卒業後、リクルートグループの不動産部門・リクルートコスモス(現 コスモスイニシア)を経て、96年インターネットサービスで起業。98年には、学生時代の友人とともにモバイルコンテンツ事業を手がける株式会社サイバードを共同創業し、取締役に就任。サイバードは、時代を先取りしたサービス提供により成長を続け、設立からわずか2年で JASDAQ 上場を果たしました。

岩井は、海外事業を担当する中で思い描いたアイディアを元に、2006年8月に株式会社レピカ(現 アララ株式会社)を創業。カード事業、メール配信事業の2事業を軸に、飲食・アパレル・リラクゼーションなど幅広い分野のチェーン店に自社製品を次々導入。
2010年には、AR(拡張現実)技術にいち早く着目し、ARに特化したアプリケーションを提供するアララ株式会社を子会社として設立し、代表に就任。その後、スマートフォンの普及を受け、スマートフォンアプリ開発事業もスタートしました。
そして2016年4月、子会社を吸収合併。現在は、アララ株式会社の代表としてメンバーを牽引しています。

本社所在地

東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル別館

代表者氏名 代表取締役社長 CEO 岩井 陽介 設立年月 2006年08月
従業員数

96名(2016/04現在)

平均年齢

36歳(2016/02現在)

資本金

3億3,010万円

株式公開

外部資金
調達額

主要株主

拠点・関連会社

◆関連会社
株式会社VARCHAR

企業イメージ画像2

「思いっきり遊べるヤツは、思いっきり仕事ができるヤツだ!」ONもOFFも全力投球のメンバばかり!そんなメンバを応援する社内制度も充実!

企業イメージ画像3

設立から10年目を迎えた、アララ(旧レピカ)。商号変更を経て、今後さらなる挑戦を続けていきます。そのメンバとなってくれる仲間を募集中!

ページの先頭へ戻る