通過ランク:S

【ソフトウェアエンジニア】未知のサイバー攻撃から守る!純国産セキュリティ対策ソフト開発/リモートワーク可能

正社員
求人メインイメージ
求人メインイメージ背景
この求人の募集は終了しています

【世界トップレベルのサイバーセキュリティ専門集団が一歩先行く製品とサービスを展開】

「FFRIセキュリティ」は世界最大級の情報セキュリティカンファレンス「Black Hat」で審査員を務めるなど世界的に知られるセキュリティ研究者・鵜飼裕司が2007年に設立。2009年にリリースした当社の主力商品「FFRI yarai」は当時さほど脅威が顕在化して
いなかった「標的型攻撃」に関わる手法や防御技術に関する基礎研究を重ねて開発に成功、
エンドポイント型標的型攻撃対策分野ではトップシェアを誇るようになりました。

技術的なハードルの高さから『対処不能』といわれていた課題を次々と解決していったことで、技術力の高さをアピールすると同時に社内にも技術のノウハウを蓄積しました。
現在、大手企業や官公庁、学校法人などさまざまなクライアントに対して多様化・複雑化するセキュリティ脅威に対抗するための技術力を提供しています。

当社のセキュリティ技術はヒューリスティックな検出技術を用いて「止める」ことができるという点で一般的なものとは一線を画しています。標的型攻撃のトリガとなる未知・既知の脆弱性攻撃や未知のマルウェア攻撃から守ることができ、個人情報や機密情報を取り扱う企業から厚い信頼関係を構築しています。

個人情報保護対策の法規制の強化やクラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、標的型サイバー攻撃の増加によるニーズの高まりでセキュリティ業界全体で市場規模がますます拡大しています。
今後は官公庁や大企業だけでなく、中小企業への導入、また海外への展開も強化していきます。

社長が日本のセキュリティ業界を代表する研究者でありエンジニアであることから、エンジニアが働きやすく、各々の力をフルに発揮できる環境づくりには特別の思い入れがあります。
2018年4月からはエンジニアはリモートワークに完全移行。最新のワークスタイルでさらに価値あるサービスの創造に挑みます。
精鋭ぞろいのエンジニアが集まる環境で、セキュリティ分野のプロフェッショナルを一緒に目指しましょう!

職種名
ソフトウェアエンジニア
給与(想定年収)
432万 〜 1,200万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務地
東京都
主要開発技術
C++
開発言語
C C# PHP Rust
フレームワーク
Smarty .NET Framework Android SDK
クラウドプラットフォーム

Amazon Web Services

データベース
MySQL、PostgreSQL、SQLite、Microsoft SQL Server、DynamoDB
開発内容タイプ

自社製品/自社サービス、B2C、B2B、スマートフォンアプリ、リサーチ、解析、Win/Macアプリケーション、機械学習

特徴
服装自由 イヤホンOK 社長が現役or元エンジニア 裁量労働 残業30H以内 フリードリンク 一部在宅勤務可 オンライン面談可
募集人数
若干名
必須要件
以下すべてのご経験をお持ちの方からのご応募をおまちしています!
・何らかのシステム開発経験 実務3年以上
・C++, C のいずれか 実務3年以上
歓迎要件

■Windowsアプリケーションの開発経験
■x86,x64アセンブリの理解
■マルウェア解析の経験

求める人物像

・技術力で勝負をしたい方
・視野を広く持ち前向きに業務に取り組めるような、ベンチャー企業で働くマインドのある方
・チームで働く意識のある方
・ルーチンワークをこなすのではなく、創意工夫で仕事を進められる方
・勉強をかかさずやっている方

求める英語レベル

ドキュメントが読める

選考フロー

paiza(コーディングテスト)

(ご希望あれば、カジュアル面談の実施)

面接(1~2回)+適性検査(性格検査)

内定

※選考フロー、面接回数は状況に応じて変更になる可能性があります
「日本発」のサイバーセキュリティを自らの力で切り拓いていきたい方歓迎

【概要】
次世代エンドポイントセキュリティ製品である「FFRI yarai」をはじめとした自社ソフトウェアの開発を担当して頂きます。
エンタープライズだけでなく SMB でも利用されている製品のため、幅広い要望に対応しつつ、検知性能やパフォーマンス、メンテナンス性、
ユーザビリティ等の難しいトレードオフを解決しながら、機能的価値のある Made in Japan の製品を作っています。

製品開発は製品開発部とエンジン開発部で担当を分けて行っており、今回の募集の配属先は製品開発部を予定しております。

【製品開発部】
製品としてどうあるべきかを企画担当と議論しながら要求をブレークダウンし、ローレイヤーとハイレイヤーの処理を考慮しながら設計に落とし込み、
実装から単体・結合テストや必要に応じてインフラ構成の検討や調査など、完全分業ではなく様々な工程を通して自社製品の開発に携わることができます。

【エンジン開発部】
「FFRI yarai」をはじめとした自社ソフトウェアの中核部分となるマルウェア検出エンジンの開発を担当して頂きます。
エンジン開発部では、実際に出回っているマルウェアを解析し、その特徴や傾向を分析、ヒューリスティックに検出するエンジンを開発しています。
APIフックを用いた動的検出技術や、バイナリの特徴から静的に検出する技術、機械学習を用いたものなど、様々な技術・手法を駆使し能力向上に取り組んでいます。

開発プロジェクトが終わった際には KPT を実施し、各メンバーが現場の課題を見つめて主体的に改善提案をしながらチームビルディングを行います。
また、開発インフラとしては GitHub Enterprise や Slack, Redmine 等を利用しており、チームを跨いだ円滑なコミュニケーションを行いながらモノ作りに取り組んでいます。

仕事のやりがい

・セキュリティ関連の様々な技術(脆弱性を作り込まないセキュアな設計・コーディング・権限管理等)や低レイヤーの知識(OS・カーネルランド・ドライバー等)、
 システムを守るが故に様々なソフトウェアへの影響の考慮が重要になったりと、セキュリティ対策ソフトの開発ならではの経験が積めます。
・近時拡大している標的型攻撃の対策に特化した、 ヒューリスティック技術を採用した製品の開発ですので、 他社が手掛ける一般的なパターンマッチング型の製品開発では得られない、 最先端のスキルが得られます。
・国際的なセキュリティカンファレンスでの研究発表実績もある世界トップレベルのサイバーセキュリティ専門家集団が、先進的な調査研究により、今後予想される脅威を先読みし、
 一歩先行くコンセプトで製品・サービスを展開しています。
・セキュリティ技術を研究開発している企業は日本ではめずらしく、製品販売先も政府官公庁、大企業といったエンタープライズで、常に先端を行っている企業等が顧客であり、
 セキュリティ分野に関して常に最前線に立つことができます。

開発部門の特徴・強み

◆社名に込めた思い「前人未踏領域への挑戦」
「FFRI」は、「Fourteenforty Research Institute」の略称です。「1440」は、スノーボード・ハーフパイプ競技におけるジャンプの回転数に由来しています。設立当時、4回転ジャンプできる競技者が存在せず、前人未到の領域への挑戦を志し、「1440(360°×4回転)」を社名に採用しました。創業時より世界トップレベルのセキュリティ・リサーチ・チームをつくり、コンピュータ社会の健全な運営に寄与することをミッションに取り組んでいます。

◆セキュリティ業界のトップランナー
サイバーセキュリティに関して基礎研究レベルから技術開発に取り組んでいるのは稀有な存在であり、国内のセキュリティ業界をリードしています。
世界トップレベルの技術力を評価され、国家的なプロジェクトにも関与する機会が今後も豊富にあり、全社一丸の勢いがあります。
新しい未来のサイバーセキュリティを自らの発想と技術力で切り開いていきたい、日本発のセキュリティ技術を世界に!という気概のあるエンジニア集団といった雰囲気です。

主な開発実績

◆『FFRI yarai』(法人向け)
パターンファイルに依存しない、完全ヒューリスティック検知技術による標的型攻撃マルウェア対策製品で、未知・既知のマルウェアおよびセキュリティ脆弱性を狙った攻撃を防御します。

◆FFRI yarai Analyzer(法人向け)
プログラムや文書ファイル、各種データファイルを自動的に解析し、マルウェア混入のリスク判定が可能なレポートを出力することで、自社内でマルウェア初動解析が可能です。

◆FFRI yarai Home and Business Edition (個人向け)
FFRI yaraiをベースに個人向けにチューニングしたセキュリティソフトウェアで、パターンマッチング技術を使用する一般的なウイルス対策ソフトでは対応することが難しい未知の脅威に対しても効果を発揮します。

◆『FFRI安心アプリチェッカー』(個人向け)
Android用スマートフォン・タブレットで利用されるアプリの危険性を簡単に診断できるセキュリティアプリです。

【重要インフラ指定業種での日本トップの導入実績と信頼の蓄積】
当社の法人製品FFRI yarai の契約ランセンス数は2017年9月で約70万ライセンスを達成。その内訳は中央省庁、その他官公庁で約40%を占め、その他は金融、自治体、運輸などの大企業中心となっており、重要インフラ指定業種での当社のプロダクトへの信頼の高さは他の企業の追随を許していません。今後は中小企業への販売を強化するとともに、西日本へも積極的に拡販していきます。

技術向上、教育体制

・社内勉強会
・技術情報共有(Slack)
・コードレビュー
・eラーニング(Schoo)4700講座以上受講可能

支給マシン

業務用のPCは会社が貸与しており、エンジニアには強固なセキュリティ対策が施されたノートPC(例:メモリ32GB、SSD1TB)を貸与しています。
その他、補助用途のデスクトップPCやAndroidアプリ開発に携わる場合にはAndroid端末を用意しています。

開発手法

プロジェクトごとに選択、オブジェクト指向、ウォーターフォール、アジャイル、スクラム、チケット駆動開発、プロトタイピング

開発支援ツール
Redmine、Jira、Git、GitHub、Jenkins
環境
Linux、Windows Server、Windows、Cent OS
その他開発環境

※担当業務によっては、利用しない開発環境もあります。
※バージョン等は開発対象によって異なる場合があるため明記しておりません。
【開発環境】
開発環境: Visual Stduio 2017
言語: VC++, PHP, JavaScript, C#
ミドルウェア: PostgreSQL, Apache
VCS: git(GitHub)
インストーラー: Wix(Windows Installer XML toolset), Inno Setup

エンジニア評価の仕組み

年功序列制度ではなく、成果を評価基準とする成果主義を採用しています。年齢や勤続年数は評価基準としておらず、新卒入社、中途入社かどうかで昇進のペースが変わるようなこともなく、みな平等にチャンスがあります。
評価については、毎年4月に1年間の成果に対する評価をおこないランクを決定します。そのプロセスの中では、一方的に評価が下されるのではなく、上司に対して成果の発表をおこなう面談を設けており、しっかりと認識を摺合せます。加えて、面談では成果や課題に対してフィードバックをおこないますので、目指すべき方向性や改善点についても認識を摺り合せます。

組織構成

エンジニアは約60名です。

配属部署
製品開発部
配属上司経歴

代表取締役社長 鵜飼 裕司
1973年徳島県生まれ。
博士(工学)。Kodak研究開発センターにてデジタルイメージングデバイスの研究開発に従事した後、 2003年に渡米。カリフォルニア州 eEye Digital Security社に入社。 セキュリティ脆弱性分析や脆弱性診断技術、組み込みシステムのセキュリティ脅威分析等に関する研究開発に従事。2007年7月、セキュリティコア技術に関する研究、コンサルティングサービス、 セキュリティ関連プロダクトの開発・販売を主事業とする株式会社FFRIを設立。

また、独立行政法人情報処理推進機構の研究員を兼務(非常勤)し、コンピュータセキュリティをとりまく脅威の分析・対策立案のための活動に取り組む。
文部科学省「情報セキュリティ人材育成に向けた有識者ヒアリング」、内閣官房情報セキュリティセンター「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部 情報セキュリティ政策会議普及啓発・人材育成専門委員会」「政府向けSOCシステムの高度化に関する検討会(仮)」、内閣サイバーセキュリティセンター「サイバーセキュリティ戦略本部 普及啓発・人材育成専門調査会」、経済産業省「セキュリティ人材確保に関する研究会」など、多数の政府関連プロジェクトの委員、オブザーバーを歴任。
米国BlackHat ConferenceのContent Review Board Member。

平均的なチーム構成

◆社長は学者みたいなキャラクター、開発チームは先生を囲む大学の理系研究室のような雰囲気の技術大好き集団
社長はセキュリティ業界を牽引する研究者であり、トップエンジニア。気難しそうな人と思いきや、少年がそのまま大人になったような学者のようなキャラクター。エンジニアとのコミュニケーションを非常に大切にしており、定例ミーティングを実施しています。エンジニアひとりひとりが社長とのミーティングに参加し意見交換できる環境のため、セキュリティの最新技術、国内外の研究内容なども共有、最先端の情報をキャッチアップし開発に反映することができます。
◆エンジニアは勉強好きの集まり。やったことがない技術をやらねばならない環境をワクワクして楽しむ根っからの技術大好き・好奇心旺盛集団です。

勤務地
東京都千代田区丸の内三丁目三番一号 新東京ビル二階

本社もしくはリモート勤務

最寄り駅

JR有楽町駅 国際フォーラム口より徒歩3分
地下鉄有楽町駅 D5出口より徒歩3分
地下鉄千代田線 二重橋前駅 出口1より徒歩2分
JR京葉線 東京駅B1F 地下コンコース出口6より連絡
JR東京駅 丸の内南口より徒歩5分

給与体系・詳細

想定年収:432万円〜1200万円
※上記年収は想定年収です。ご経験・スキル・前職年収を考慮し、当社規定に基づき決定致します。
月給:35万円~100万円
※月給内訳
 基本給 265,482円~746,192円+固定時間外手当92,852円~253,808円
※時間外労働の有無に関わらず、毎月40時間分の固定時間外手当を支給。
 超過した場合は追加で全額支給。
※採用時の職種やランクにより、専門業務型裁量労働制が適用となる場合がございます。
 詳細については面談時に説明致します。
 (専門業務型裁量労働制:1日あたりのみなし労働時間:9時間)

給与(想定年収)
432万 〜 1,200万円
(※ 想定年収 は年収提示額を保証するものではありません)
勤務時間

10:00~18:30 ※休憩1時間
◆リモートワーク制度について
 当社では、会社、自宅に限らず自由な場所で勤務可能です。
 自分の働き方に合わせて働く場所を選択することができます。
 ※研修期間中や業務の都合上やむを得ない場合や、勤務態度不良等により、
  リモートワークが不適格と判断された場合は対象外となる可能性がございます。
 ※横須賀ナショナルセキュリティR&Dセンター勤務の職種は、
  業務の特性上、リモートワーク対象外となります。

休日休暇

<年間休日129日>
・完全週休2日制(土日)
・祝日
・夏季休暇(7~9月で任意に5日設定)
・年末年始休暇(12/29~1/4)
・創立記念日(7/3)
・年次有休(入社時から付与、入社月に応じて最大10日、2年目15日、3年目20日付与 ※半休制度あり)
・特別休暇(慶弔休暇等)
・リフレッシュ休暇

諸手当

通勤交通費:実費精算
リモート勤務手当
※補足コメント
・全社的にリモートワークを推進しているため通勤手当(定期代)の支給はございません
・業務の都合でオフィスへ出社する際の交通費は実費精算となります。

昇給・昇格

給与改定 年1 回(4月)

保険

社会保険完備
(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

試用期間

3ヶ月(待遇変更なし)

◆リモートワーク可能
・勤務時間は10:00ー18:00(PC打刻有り)で勤務場所は自由。新しい働き方でエンジニアのパフォーマンスを最大限に高めることに組織的にチャレンジします。
・コミュニケーションはSLACK /Redmine /github などのツールを活用します。
・開発環境や社内制度など居心地の良い環境が整っており、まさにエンジニアドリブン、エンジニアパラダイスな職場です!

◆ライフワークバランスが充実
・年間休日:2020年度予定129日+有給  
・有給消化率実績 75.1%(2019年年度)    
・有給休暇の付与
 入社月に応じて入社日から付与!(最大10日)、以降2年目15日、3年目20日付与し、最大40日ストック可。  
・社長の方針で、 全社的に残業をせずにスマートに働こうといった文化です。 (残業は、全社平均で月20時間未満です)

◆従業員に対する受動喫煙対策:あり
 対策内容:屋内禁煙

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

株式会社FFRIセキュリティ

【世界トップレベルのサイバーセキュリティ専門集団が一歩先行く製品とサービスを展開】 「FFRIセキュリティ」は世界最大級の情報セキュリティカンファレンス「Black Hat」で審査員を務めるなど世界的に知られるセキュリティ研究者・鵜飼裕司が2007年に設立。2009年にリリースした当社の主力商品「FFRI yarai」は当時さほど脅威が顕在化して いなかった「標的型攻撃」に関わる手法や防御技術に関する基礎研究を重ねて開発に成功、 エンドポイント型標的型攻撃対策分野ではトップシェアを誇るようになりました。 技術的なハードルの高さから『対処不能』といわれていた課題を次々と解決していったことで、技術力の高さをアピールすると同時に社内にも技術のノウハウを蓄積しました。 現在、大手企業や官公庁、学校法人などさまざまなクライアントに対して多様化・複雑化するセキュリティ脅威に対抗するための技術力を提供しています。 当社のセキュリティ技術はヒューリスティックな検出技術を用いて「止める」ことができるという点で一般的なものとは一線を画しています。標的型攻撃のトリガとなる未知・既知の脆弱性攻撃や未知のマルウェア攻撃から守ることができ、個人情報や機密情報を取り扱う企業から厚い信頼関係を構築しています。 個人情報保護対策の法規制の強化やクラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、標的型サイバー攻撃の増加によるニーズの高まりでセキュリティ業界全体で市場規模がますます拡大しています。 今後は官公庁や大企業だけでなく、中小企業への導入、また海外への展開も強化していきます。 社長が日本のセキュリティ業界を代表する研究者でありエンジニアであることから、エンジニアが働きやすく、各々の力をフルに発揮できる環境づくりには特別の思い入れがあります。 2018年4月からはエンジニアはリモートワークに完全移行。最新のワークスタイルでさらに価値あるサービスの創造に挑みます。 精鋭ぞろいのエンジニアが集まる環境で、セキュリティ分野のプロフェッショナルを一緒に目指しましょう!
通過ランク:S

類似したおすすめの求人

シニアエンジニア
株式会社ボスコ・テクノロジーズ
500万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:S
デバイスエンジニア
セーフィー株式会社
500万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:A
ソフトウェアエンジニア
デジタルグリッド株式会社
600万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:A
Unit Head
株式会社じげん
600万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:A

類似したおすすめの求人

シニアエンジニア
株式会社ボスコ・テクノロジーズ
500万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:S
デバイスエンジニア
セーフィー株式会社
500万 〜 1,200万円
東京都
応募可能ランク:A
ソフトウェアエンジニア
デジタルグリッド株式会社
600万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:A
Unit Head
株式会社じげん
600万 〜 1,000万円
東京都
応募可能ランク:A

求人特集:人気のテーマ別に求人をご紹介