標準出力メニューのアイコン
【行によって長さが違う二次元配列の表示】すべての行の長さと値が不定な 2 次元配列の出力 (paizaランク B 相当)

問題にチャレンジして、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開してみよう!

問題

下記の問題をプログラミングしてみよう!

自然数 N, M と N 個の自然数からなる数列 A と M 個の自然数からなる数列 B が与えられます。1 行目には数列 A の最初の B_1 個の値を出力し、 2 行目にはその次から B_2 個の値を出力します。このように、i 行目には数列 A の 1 + B_1 + B_2 + ... + B_{i - 1} 番目の値から B_i 個の値を出力してください。言い換えると、数列 A の値を B_1 個、B_2個、... B_M 個で分割し、それぞれの数列を改行区切りで出力してください。

入力される値

N M
A_1 A_2 A_3 ... A_N
B_1 B_2 B_3 ... B_M


入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。 標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください
期待する出力

答えの数値を出力してください。

A_1 ... A_{B_1}
A_{B_1+1} ... A_{B_1+B_2-1}
A_{B_1+B_2} ... A_{B_1+B_2+B_3-1}
...
A_{B_1+...+B_{M-1}} ... A_{B_1+B_2+...+B_M}


末尾に改行を入れ、余計な文字、空行を含んではいけません。

条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。

* N, Mは 1 以上 100 以下
* M ≦ N
* A, Bの各要素の値は 1 以上 100 以下
* B_1 + B_2 + B_3 + ... + B_M = N

入力例1

10 4
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2 6 1 1

出力例1

1 2
3 4 5 6 7 8
9
10

入力例2

1 1
1
1

出力例2

1

問題一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る