リアルイベント問題セットのアイコン
雪だるま作り (paizaランク A 相当)

問題にチャレンジして、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開してみよう!

問題

Img 04 03 下記の問題をプログラミングしてみよう!

雪が降る季節になりました。パイザくんは雪だるまを作ろうとしています。

パイザくんは N 個の雪玉を作りました。i 番目 (1 ≦ i ≦ N) の雪玉の直径は a_i です。

パイザくんは、2 つの雪玉を組み合わせることで雪だるまを作ろうと考えています。また、パイザくんは、雪だるまの**高さ**が K 以上となるようにしたいと考えています。ここで、雪だるまの高さは、その雪だるまを作るのに使う 2 つの雪玉の直径の和として定義されます。ここで、雪だるまを作る際に組み合わせる 2 つの雪玉は同じ大きさでも構いません。

パイザくんは、できるだけ多くの雪だるまを作りたいと考えています。パイザくんが言う条件を満たすように雪だるまを作っていくとき、最大で何個の雪だるまが作れるかを求めてください。

例)

入力例 1 の状況を考えます。このとき、下図のように雪玉を組み合わせると、高さが 8 以上の雪だるまが 2 つ作れます。どのように雪玉を組み合わせても、高さが 8 以上の雪だるまは 3 つは作れないので、この入力例の答えは 2 となります。

入力される値

入力は以下のフォーマットで与えられます。

N K
a_1 a_2 ... a_N

1 行目に、パイザくんが作った雪玉の個数を表す整数 N と、雪だるまの高さの条件を表す整数 K が与えられます。
2 行目に、i 番目 (1 ≦ i ≦ N) の雪玉の直径を表す N 個の整数 a_i が半角スペース区切りで与えられます。
入力は合計で 2 行となり、末尾に改行が 1 つ入ります。


入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。 標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください
期待する出力

条件を満たすように作れる雪だるまの個数の最大値を整数で出力してください。

条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。

・1 ≦ N ≦ 100,000
・1 ≦ K ≦ 1,000,000,000
・1 ≦ a_i ≦ 1,000,000,000 (1 ≦ i ≦ N)

入力例1

6 8
4 6 5 1 5 3

出力例1

2

入力例2

10 59
22 29 11 41 42 33 9 27 17 13

出力例2

3

問題一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る