Cランクレベルアップメニューのアイコン
辞書データの順序 (paizaランク C 相当)

問題にチャレンジして、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開してみよう!

問題

下記の問題をプログラミングしてみよう!

n 人の人の名前 s_1, ..., s_n が与えられたのち、 m 回の「攻撃」に関する情報が与えられます。各行は “p_i a_i” というフォーマットで与えられ、 p_i はダメージを受けた人の名前 (s_1, ..., s_n のいずれか) 、 a_i は p_i が受けたダメージ数を表す数です。なお、一度もダメージを受けていない人の合計ダメージは 0 とします。

それぞれの人が受けた合計ダメージを、人の名前のアルファベットの辞書順に出力してください。

入力される値

入力は以下のフォーマットで与えられます。

n
s_1
...
s_n
m
p_1 a_1
...
p_m a_m

1 行目には正整数 n が与えられ、 2 行目から (n + 1) 行目には人の名前 s_1, ..., s_n が改行区切りで与えられます。 (n + 2) 行目には正整数 m が与えられ、 (n + 3) 行目から (n + m + 2) 行目には人の名前 p_i (s_1, ..., s_n のいずれか) とその人が受けたダメージ a_i が "p_i a_i" という半角スペース区切りのフォーマットで m 行与えられます。


入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。 標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください
期待する出力

それぞれの人が受けたダメージを、人の名前のアルファベットの辞書順に n 行出力してください(出力するのはダメージだけです)。
末尾に改行を入れ、余計な文字、空行を含んではいけません。

条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。

・1 ≤ n , a_i ≤ 50 (1 ≤ i ≤ n)
・各 s_i (1 ≤ i ≤ n) はアルファベット大文字からなる長さ 1 以上 50 以下の文字列で、互いに全て異なる

入力例1

2
MIDORIKAWA
KIRISHIMA
2
KIRISHIMA 1
KIRISHIMA 2

出力例1

3
0

入力例2

3
PAIIZA
PAIZA
PAIIIZA
2
PAIIZA 2
PAIIIZA 3

出力例2

3
2
0

問題一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る